バジリスク3初打ち、1発目のBCで瞳術図柄が3回も揃った上に朧画面でARTスタート!

シリーズ名
CoNe〜パチンコ錬金術!?〜 (毎週水曜日更新)
話数
第45回
著者
しおねえ
前回のコラムでボロボロにやられてしまった私。あれからプラベート実戦ではほとんどパチンコを打っていません。

まぁ、タイガーマスク3に惨敗して1人でパチンコを打つのが怖くなったというのもあるけど、パチスロの北斗の拳 修羅の国の予習をしてたんですよね。

パチスロはあまり詳しくないので、詳しい編集さんや友人と一緒に何回かノリ打ち。そして全敗。

そこで一つ思ったのは、パチスロでのノリ打ちは勝つのが難しそうだな、ということ。片方が当たっても、もう片方が当たってなければ投資スピードに対して払い出し枚数が追いつかないんですよね、最近の機種は特に。もちろん実際の勝率は設定次第なんだろうけど、気持ち的には、ね。

だけど隣で質問しながら打たないと一緒に打ってもらう意味がないので、片方が別機種をお茶を濁すこともできず…。どちらも全く出なかったという日はなかったけど、トータルでは毎日負けてました。


やっぱりノリ打ちはパチンコだな! と再確認したものの、その後実戦した機種はまたまたパチスロ。バジリスクIIIを導入日に打ってきましたよ。

もっと修羅の国を打ち込みたかったんですが、バジリスクIIIも導入2日目に収録で扱うことになりまして。しかも解説役…。

ちなみに修羅の国の収録でも、どちらかというと解説役なんですよね。こんな素人が解説って、どうかしてるぜ…って自分でも思うのですが、決まった仕事は一生懸命やらないとね。

てなわけで予習ですよ。今回もパチスロに詳しい友人と一緒に打ちに行きました。パチンコ実戦じゃなくてすみません!


人気シリーズの最新台ということで、台の確保は大変でした。並びを甘く見ていたせいで1店舗目で台を確保することができず、その後2店舗回るも開店後に行って取れるはずもなし。結果、ダメ元で昼開放のホールの抽選に参加することに。

抽選の結果は9番と10番。バジリスクIIIの導入台数は10台なのでギリギリセーフ! しかも最後の2台が奇跡的に並びで空いてました。朝イチからは打てなかったけど、望み通りのポジションで実戦開始。


打ち始めると、すぐに友人が強チェリーからバジリスクチャンス(BC)に当選。メダルを共有し始めると、直後に私もBCに当選。

初代や絆と比べるとBC確率が低く、さらに今回はCZクリアがART当選のメインみたいでBCからのART突入にはそこまで期待できないようですが…1G目に発生したカットインであっさり瞳術絵柄が揃いました。


ちなみに…。

導入日の時点では公開されている情報も少なく、詳しいことはわかりませんが、打ち始めるとほとんどの人がボーナスもしくはARTに当選していました。

なので朝イチは何かしらARTが当たりやすくなるような恩恵がある機種なのかな? とか思ったりしたけど、いかんせん素人考えなのであまりアテにしないでください。後で解析が出て、全く違ってたら申し訳ないですから(笑)。


さて、その後は同じボーナス中にもう2回も瞳術絵柄が揃ってARTに突入。


ART開始画面は朧。こちらはバトル勝率=継続率に影響するARTレベル示唆になっているらしく、朧なら上位レベルのチャンス、天膳なら上位ARTレベル濃厚みたい。ART開始画面のキャラは過去のシリーズでも継続率を示唆していたので、バジリスクシリーズを打っている人ならピンとくるところですね。

このARTはBC中に瞳術絵柄を3回揃えているのでストックが2個ある状態だったけど…650枚ほどで終了。とはいえ友人もARTに突入して500枚ほど獲得。早々に投資がストップし、幸先のいいスタートだったのですが…



その後、友人は天井コース。私は途中で再びBCからARTに当選して700枚ほど出たけど、その後中ハマリを繰り返してあっという間にメダルがなくなり2人揃って追加投資。


しかしここから友人が盛り返す!

一度天井に到達してからはこれまでの展開が嘘のように当たりが軽くなり、気づけばシマで1番回数がついているではありませんか。そんな友人の隣で私は悪戦苦闘。

最大ハマリが400G台と大きくハマることはないけど、肝心のARTが当たらない。たまに当たってもすぐに終わるもどかしい展開。

そんな感じで、友人のメダルを少しずつ減らすお荷物要員と化していた私ですが、その後突入したARTでようやくBCが絡み始め、


本日最高枚数を獲得。それでも1000枚の壁は突破できず。


ARTは追想の刻と争忍の刻の二部構成。後半の争忍の刻で敵を全て倒すとART継続ですが、今回はベルがART継続の鍵を握っています。

超簡単に言うと、とにかくベル(ベルリプレイもOK)を引きまくれ! というベル引けゲーです(笑)。とにかくベルを引きまくれば勝利が近づく。なおかつ連続するほど敵を倒しやすくなる…といったゲーム性。


でも私はこの争忍の刻が下手すぎて、何度かARTに当選するも大した枚数を獲得できず最終的に全ノマレ。

しかし、友人は私とは違って争忍の刻がお上手なんですよ。ガツガツとベルを引きまくってました。それだけじゃなくて、今回からの新システム「無双ポイント」も凄かった。

無双ポイントは争忍の刻中に貯まるポイントで、勝利時にセット継続に加えてポイント数を参照してセット数上乗せや瞳術チャンスなど報酬抽選が行なわれる…というもの。

友人はこの追加報酬をもらうのも上手で、途中で大量上乗せに期待できる特化ゾーン「真瞳術チャンス」のチャンスゾーン的な鬼哭啾々も貰ってました。

残念ながらそれまでバンバン引いていたベルも全く引けないリプレイ祭りだったので真瞳術チャンスを獲得することはできませんでしたが、一撃で約3000枚獲得!

私がメダルをもらっていたこともあり、流した枚数は2600枚ほどになってしまいましたが、投資もそこまでかさんでいなかったので1人4000円勝ち。相変わらず他力本願な私でした(笑)。


個人的な感想としては、何と言ってもART継続がベル&ベルリプレイのヒキ次第になったことが最大のポイントかなと。ベルさえ揃えることができればどうにかなる感はありますね。まぁ、できなかったんですけど、私は。

とにかくARTは争忍でベルを揃えてナンボ。争忍でベルが揃ってくれるなら、前半パートの追想の刻は全部リプレイでもいいと思っちゃうほど。


それにしても、予習期間が1日しかないということで普段適当に打っているパチスロと違い事前に機種情報を調べて打ったんですが、ちゃんと内部仕様を把握して打つと楽しいですね。何がどうなったらアツいのか、何を目指せばいいのか、そのためにどこを頑張ればいいのかとかが分かった状態で打つだけでもだいぶ違うんだなと感じました。

これからは昔みたいにパチスロも積極的に打とうかなー。でも次回はパチンコにします。

久しぶりにパチスロばかり打って腕がもげそうなので、とりあえず肘置き付きのホールでまったりパチンコを打ちたいです。


ではまた次回、CoNeでした☆