よく回る台で粘り倒しても当たらんのに、回りの悪いときにあっさりと当たるパチンコ

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第46回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

前回のコラムで腰を痛めたことを書きましたが、心配してくださった読者さんから応援とお見舞いのメッセージをたくさん頂戴しました。本当に嬉しかったです、ありがとうございました。

その後の経過ですが、どうも今回はほんまに重症のようで、少しずつ回復には向かっているものの1週間経った今でも腰がズキズキと疼く状態が続いております。が、だからといって稼働を休むことはできないですからね。ほぼ毎日、稼働前に整骨院に寄ることが日課となっております。

そんなボロボロな状態ですが、今回も張り切ってまいりましょう!


2016年11月28日(月)

いつもなら開店とほぼ同時に巡回1店舗目に入店するのですが、今日は整骨院に行ってからだったので11時過ぎに巡回開始。しかし…

『年末の回収調整みたいやないか…。今の俺には無理っ!』

今年も残り1ヶ月ということもあってか、どのホールも散々な結果でした。頑張ればなんとかなりそうな台もあったのですが、そんなことより先程の整骨院の先生から言われたことが、実はずーっと胸に引っ掛かってまして。その言葉が、俺にとってはなんだか最近の自身のパチ稼働のことを指しているような気がしてならないのです。

「山本さん、ここは? えっ、ここも痛い? じゃ、ここはどうでしょう?」

先生が指圧する背中や肩、その全てが痛いので正直に痛いと答えたら最終的にこうおっしゃいました。

「満身創痍ですな。こりゃ相当な時間が掛かりますよ。なんでこんなになってしまうまで放置してたんですか」

この「満身創痍」という言葉。俺はこの言葉の意味を「やることなすこと全て上手くいかないこと」と捉えているのですが、今の自分のパチンコの状態がまさしくそれ。ここのところ回転率の高い台に座れても大当たりに恵まれないとか、打てば打つほど回転率が低下するというような、自分自身で何をやっても上手くいかない展開に悩まされているんです。なので、先生の言葉が強く印象に残りました。

ただ、本来の意味とニュアンスが違っているかもしれないので念のため意味を調べてみると、「全身傷だらけであること。転じて、徹底的にいためつけられること」と書いてあったので、どうやら俺の捉え方もあながち間違ってはいなかったようです。俺の場合は後者の方で、とにかくパチンコに肉体的にも精神的にも痛めつけられているわけですね。

…いや、待てよ。これまでの疲労が積み重なって肉体的にこうなったわけやから、精神的にまでやられたら大変なことになるな。今日は是が非でも快勝して精神的な部分だけでも癒さなければ。そう思い、ランチ後は真っ直ぐにいつものホールに飛び込みました。


『なにこれ…。どう贔屓目に見ても回収調整やろ…』

そう思わざるを得ないほど酷い調整が目立ちます。それなら沖海4のお手打ち台をと思うも先客さんに座られている状況で、過去のお手打ち台だった羽根デジをチェックしても全てマイナス調整。こうなるともう新規で開拓するしかないとあっちこっちをウロウロしますが、試してみようと思わせてくれる釘が見当たりません。

そこで、途方に暮れた俺は過去にお世話になった沖海3の羽根デジに座ることにしました。

『これも回らんやろな…。どこまで回転レベルが落ちたかだけ見たろか』

よしんばステージがいい仕事をしてくれるかもしれないと期待を込めて打ってみましたが、最初の500円でたったの6回転。それでも、もう500円と思い貸玉ボタンを押したところで魚群レーダーの逆回転が発生しました(SP魚群タイム中)。

『あれ? リーチにならずにチャンス目か。これ、次のがアツい?』

そう思っていたら7-8クロスリーチがかかり、見事にスペシャル魚群が発生し大当たり。俺が座った時には既に210回転の試行をしていたので、僅か11回転で初当たりをゲットです。

そこから時短で引き戻しSTで3回当てて、連チャンは終了。


少額投資で早い食い付きをした場合は持玉がある限り続行がいつもの俺なのですが、この連チャン中、ヘソチャッカーに玉が嫌われている挙動があったので「打つ価値なし」と判断。時短消化後にこの台はブン投げました。

というより、今日はパチンコ台に向かうこと自体が辛かったのかもしれません。

『あかん。疼く…。台に集中できん…』

次第に腰がズキズキと疼き始めました。これを辛抱してしまうと、次に立ち上がるのにかなり苦労するんですよ。なのでそうなる前にと、とにかく急いで席を立ちました。

とはいえ、移動先も決まってないのでしばらく店内を徘徊。すると、これまでお世話になっていた沖海3桜ライトに空き台が出たので着席することに。その台は先客さんがST後に即ブン投げをしたようで、試行回数は38回を示していました。


こいつは先程の羽根デジよりかは回りそうに見えます。これなら粘る価値がありそうやな、と思いながらタバコに火を点けて臨戦態勢を整えようとしていたら…。

『うっそやろ! 泡予告で当たりよった! しかも7回転!!』

タバコを咥えてライターに視線を向けた時、図柄が真ん中に来たであろうタイミングでちょうどサウンドが止まったのでまさかと思い液晶に視線を戻すと、ほんまに大当たりしていました。しかも初っ端から16Rゲットで、これはツイてるわと思ったのですが…


連チャンは3連で終了。

とはいえ、持ち玉も出来たことだし時間もたっぷりあるので、その後も続行。しかし、どうやらこの台も1000円20回がやっとという感じのようです。いやいや、そんなことよりもまた腰が激しい痛みを訴えてきます。

『日当には足らんけど帰ろうかな…。しかし、いつもブンブン回る台を打ってる時はなかなか当たらんくせに、回りが悪い時に簡単に当たってしまうって…』

本来は、よく回る台でとにかく粘り倒して期待値に近い結果が出れば満足するのが正当なパチンコ勝利のスタイルです。腰が痛いわと逃げ腰で、単なるツキに恵まれただけの勝利は素直に喜べません。

ただ今まで正当な勝ちにこだわった結果、身体がボロボロになり精神的にも痛めつけられたことも数知れず。満身創痍な勝利もいいやん、勝てればいいのさと自分に言い聞かせながら、またひょこひょこと足取り重く帰路についたのでした。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CRAスーパー海物語IN沖縄3 ASA】
大当たり…5回
【CRスーパー海物語IN沖縄3 桜ライト】
大当たり…3回

稼働時間…14:00〜16:00
投資…1000円
回収…18000円(3.3円交換)
収支…+17000円