クラセレでリーチ目出現後の最適な打ち方は右リール赤7狙い!?

シリーズ名
F山科の自堕落な日々 (毎週金曜日更新)
話数
第41回
著者
F山科
クランキーコレクションから始まったアクロスのA PROJECT、とうとう7作目までリリースされ登場しています。およそ1ヶ月前に導入されたクランキーセレブレーション(クラセレ)は、予告音も消灯もなければ、ハナビやバーサスのようにBIG後のRTもありません。

さらにBIG獲得枚数を最大250枚に減らすことで、ボーナス合算確率をギリギリまで高めたのがクラセレの特徴です。設定6なんて合算1/110ぐらいになってますからね。

しかも、ボーナスが当たるとユニバ伝統のリーチ目が出るわけですよ。初代コンドルから始まり、レッツやコンテストなどユニバ機種ばかりを打ってきた自分にとって、こんなに嬉しいことはない。というか懐かしい。まさにセレブレーションの意味である「祝賀会」に相応しい台じゃないでしょうか。


10月24日から導入されたこの台、自分は導入初日に打っておりました。

というのも、その前日にベルサール秋葉原で行なわれた「戦国乙女ファン大感謝祭」にステージ出演したので、代休をとっておいたのです。それで昼過ぎにホールへ行ったら、ちょうどいいタイミングで空き台がありまして。座ったら3G目で…


こんな目が止まりました。

実戦する前にツイッターを見ていたんですが、機種担当ライターである飄くんが同じような出目をツイートしていたんですよね。

「左リール上段青7から右リール下段にボーナス絵柄orスイカって全部リーチ目じゃね?」と。

それと同じ出目が出ている。飄くんのツイートには射駒タケシさんも「だね!」とリプライしていた。すでに2人もこの出目がリーチ目だと認識しているようだ。

あまりにもあっさり止まったので疑心暗鬼だったが、やっぱりリーチ目でした。事前に情報を知っていたのが活きましたね。

昔の初代コンドルやコンテストの時代は、ツイッターどころかインターネットなどもそこまで普及してない時代。今ではリーチ目の画像などをツイッターに上げることで、情報の共有ができる…いい時代になったんもんですな。


もう一つこんな出目がありまして。


これ、ハサミ打ちで出ました。右リール枠上コンドルなら2リール確定なんですが、それ以外は中リールに条件がつきます。そして、その情報は飄くんと編集の野間瑠璃男によって知ることができました。

「ズレのハサミ目だった場合、中リール中段はリプレイ以外ならリーチ目ですよ」と。

たぶんこの情報を知らなかったら、見逃していたかもしれませんね。同じ所を狙っていて、いつもと違う出目が出たらリーチ目を疑う…というのがセオリーですが、これも事前の情報ですぐに察知できたということです。


ちなみにボーナスフラグ判別手順ですが、この時は左リール下段にコンドルビタ押しで対応してました。

1枚がけの時は3ライン(中段・斜め×2)です。だから、左リール下段にコンドルがビタ止まりしたらまずはREGを狙って、ハズれたら次ゲームに全リールコンドル狙い。左リール上段赤7停止で赤7BIG、左リールボーナス絵柄ナシなら青7BIGを狙う…と。

ですが、冷静に考えたら逆押しで(右リール)中・下段に赤7狙いが一番良いですね。なぜなら、その方法だとビタ押しじゃなく2コマで良いので。

前述した範囲で赤7を狙って、そのまま赤7が停止したら中リール中段にコンドルをビタ押し。コンドルならREG、赤7がスベってくれば赤7BIGをそのまま揃えられます。

で、コンドルがスベってきたらコンドルBIG確定。で、何もそろわなければ青7BIG確定となります。現在はこの手順が一番ベストだと思いますが、最初の頃は左リール下段コンドルの形を見たくて左から狙ってたという(笑)。


クラセレの技術介入はボーナス察知によるコインロスを防ぐこと、ボーナス中の14枚奪取、そして通常時の小役取りこぼしを防ぐこと…です。

ボーナス中は何回でもビタ押しに挑戦できるので、コレクションのような難易度ではなく、気軽に挑戦できます。それよりもチェリーとスイカの取りこぼしがないようにする方が重要です。特に後者は15枚なので取りこぼすと相当なダメージに。

リーチ目もBIG確定の出目などがわかれば、1枚がけで狙う時にREGを無視していいワケですし。そういった情報も共有できるので、昔の4号機初期にあった技術介入機の頃とはなんか雰囲気が違いますわな。


クラセレはボーナス合算確率が高いこともあって、編集者やライターからの評価が非常に高いです。同僚の大百科K太はあきらかに設定が悪そうなデータ表示器の台でも、打ちたくて座っちゃうぐらいですから。

まあ、自分も次の日の会社帰りなんぞにデータをガン無視で打って、投資が13000円になったりしたんですが…


ボーナスが当たりまくって三千枚。ノーマルタイプなのに。100G以内にガツガツ当たってくれたので、その度にリーチ目を拝むことができるわけです。まさに極楽でした。途中BIG終了後の枚数カウントが800枚超えてるし(汗)。

この時、BIG→BIGの1G連も達成できまして。それがコンドル揃いだったんですが、揃った瞬間のファンファーレですぐにわかりましたよ。ユニバの名機である「アレックス」の音源に変化したのが。
※ちなみにアレックスは鳥鳥7揃いの方です。

この感動を伝えるにはツイッターで録画したモノを上げるしかない。そして真っ先に反応したのがタケシさんだったという。コイン投入音やスタート音まで、全て変化しますからね…これは知っている人にはたまらないご褒美なのです。

そして…クラセレとは関係ないですが、いつかバーサスの赤7BIGをRT終了後の1G目に引いて「ワードオブライツ」の楽曲を堪能したいんですが…できるのだろうか。