今年のカイザー的流行語大賞2016はもちろん某機種の某演出で決まりだ

シリーズ名
回胴皇帝的必勝塾ドッカーン (毎週木曜日更新)
話数
第42回
著者
スロカイザー
今年も流行語大賞の季節がやってきた。「歩きスマホ」、「ポケモンGO」、「文春砲」など今年を賑わせた30語がノミネートされているが、まぁ「PPAP」が大賞を獲るだろう。ちなみにPPAPを知らない人のために簡単に説明すると…

Pachinko(パチンコ)
Pachislo(パチスロ)
Arrapachi(アレパチ)
Palot(パロット)

と、遊技機の歴史を一言で表したワードで某有名YouTuberがブンブンハローと紹介したことで小中学生に大ヒット。そして、なんやかんやで世界的に流行った言葉だ。



もちろん、嘘だ。

皆さんこんにちは、毎年流行語大賞が発表されると流行り出す「えっ、流行したっけ?」、「聞いたことがない」という言葉もそろそろ流行語大賞にノミネートしてもイイと思うスロカイザーです。

さて、このコラムが更新されるのは12月1日。12月の第1週目といえば恒例の「スロカイザー的流行語大賞」を発表する時期だ。昨年は…

1位:嫁カイザー
2位:射駒タケシと並ぶ大人気ライター
3位:ハゲスロナイト
4位:ビジネス〇〇
5位:ガールズバー

こんな感じで「嫁カイザー」が堂々の1位に輝いたが、今年はどうなったのか。それでは例年通りにランキング形式で発表していくぞ。


第5位:野良猫


うちの近所に住んでいる野良猫がカワイイ。朝出かけるときによく見かけるのだが、そのたびにスマホでパシャパシャ。いつか猫を飼ってみたいと思うのだが、とりあえず今は部屋が汚すぎて飼える状況ではない。


第4位:「〇〇こむ」

これはよくURLにある「.com」のことではなく、ライターのこむこむ氏の語尾だ。彼女が誌面の会話文に登場すると、たびたびこの語尾になる(例:「今日もいい天気だこむ」、「こむぅこむぅ[鳴き声]」)。


ただ、本人と一度でも話したことがある人は知っていると思うが、実際はそんな語尾で話すことはない。というか、会話文もこの語尾になるのは某仮面系ライターが同じ企画に携わったときのみ。これはいったいどういうことなのか。そこで我々取材班は、その某仮面ライターに直撃取材をしてみた。

仮面「悪ふざけで語尾をイジりました、ゴメンなさい」

ということで、全ての謎が解けた。もし、こむこむ氏と出逢っても「もっと、こむこむと鳴け。ルビーのこむこむを流すんだ」と脅してはいけないぞ。


第3位:肉の日

8月29日は"焼肉の日"、11月29日は"いい肉の日"ということを「暦物語(物語シリーズのカレンダーアプリ)」で初めて知った。

このアプリは毎日更新されてキャラの名セリフをボイスありで聞けるのだが、焼肉の日は「人生に悩みは尽きないが、しかしおいしい肉を食えばそんな悩みはすべて解決する(貝木)」と肉食獣歓喜のセリフが流れ、いい肉の日は「ほれ、肉を食え、肉を」と書かれた特製待ち受け画面をダウンロードできた。

余談になるが、私はステーキ専門店「いきなりステーキ」の常連で…


頻繁にガッツリ肉を食っている肉食獣。恋愛に関しては草食系なのにまったく不思議なものだ。現在、ゴールドカードを所持していてプラチナカードを目指しているのだが、その道が険しすぎてプラチナむかついている。


第2位:育毛剤

みんな大好き大和氏が育毛剤を飲み始めた。育毛前の大和氏と今の大和氏の毛髪具合を比較してみると…


どうも効果があったみたいだ。私も同じことで悩んでいるのだが、副作用(体毛が濃くなる、性欲減退など)の話を聞くとちょっと怖くて手が出ない。必ず副作用が出るってわけではないらしいが(3%程度?)、パチスロを打っていると

医者「99%助かります」
自分「えっ、1/100で助からないの!? 弱チェ確率じゃん」

と思ってしまうので、勇気を出してその一歩を踏み出せないでいる。


第1位:タッチしてね

これは某双子の1人が死んじゃう系野球漫画のことではなく、『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』のタッチ演出時のセリフで、実戦上では発生した時点で何らかが確定。


基本的に画面をタッチすると演出は切り替わるが、魔法少女の指の部分のみタッチし続けることが可能。そして、数秒間そのままでいると彼女たちは頬を赤らめる…というナイス演出だ。まさに発想の勝利。

このタッチ演出を全力で楽しむ方法を漫画誌『パチスロ7』最新号の『慎吾と皇帝』で紹介しているので、これを読んで是非とも勝率アップに繋げてほしい。


タッチパネルって、本当に素晴らしいものですね。

ということで、今年のスロカイザー的流行語大賞はこんな感じになった。皆の流行語大賞は何だっただろうか。