パチスロ ウィッチマスターの天井狙いは、設定変更時が狙い目!?

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第37回
著者
クボンヌ/二星しょうた/畑ヒロフミ
今年もあと1ヶ月ちょっとで終わりですね。年の瀬が近付くにつれて、気になるのは今年のパチスロNO.1機種を決める企画『パチスロオブザイヤー』の様相。

毎年、この時期になると今年登場したパチスロのラインナップを眺めて自分のなかのベスト機種候補を絞っていくんですが、今回は一足先に現状で候補に考えている機種を3つほど紹介しちゃいます。まあ、紹介しちゃいますってほど大袈裟なことじゃないですが。


SLOT魔法少女まどか☆マギカ2

前作が人気機種だけに打ち手からの大きな期待感を背負って登場した後継機。旧基準と新基準という壁はあるものの、それでも期待を裏切らない完成度の高さはさすがの一言です。醍醐味はなんと言っても、上乗せゾーンの"マギカ☆クエスト"でしょうか。引けそうで引けない絶妙な上乗せのバランス、使い魔マスでベルを引けたときの嬉しさはクセになります。


戦国乙女2-深淵に輝く気高き将星-

正直なところ、導入当初はあまり好きではありませんでした。連チャン中の一連の流れが単調で、すぐに飽きそうだなコレ…とか思っていたんですが、ところがどっこい。打ち込んでみると鬼神討伐中の演出に一喜一憂。演出が多彩でめちゃくちゃ面白いじゃん、みたいな。

戦国乙女シリーズは取っ掛かりですぐに好きになるというより、ジワジワ惹き込まれていくスルメ台的な傾向が強く、今作もまさにソレでした。


パチスロ ひぐらしのなく頃に絆

ひぐらし絆の面白さは"ARTレベル4"を体験した人にしかわからないかもしれません。ぶっちゃけると、通常時は退屈です。メーターのレベルアップ抽選もレア役を引くタイミングが悪いとイライラしますし。

でも、それを補って余りあるほどART中がクソ面白い。特にARTレベル4は上乗せの頻度が激高で、あの毎ゲームリリベが揃いまくる状況は病みつきになります。ART中のシステムもシンプルなようで実は奥深くて、継続率持ち越しの仕組みとか、左第1リプレイの上乗せは+30%以上確定とか、鉈ゾーンのアツさとか。ここでこうなればARTが伸びるっていうビジョンが予想できるようになるとART中が格段に面白くなるんですよね。


この3機種だとSLOT魔法少女まどか☆マギカ2が世間的なランキングにも食い込んでくる感じでしょうか。あとは来週導入予定のバジリスクIIIがどう評価されるか、ここが焦点になりそう。バーサスとかクランキーセレブレーションもありますし、今年はユニバ勢が上位を占める可能性大ですね。

個人的にはひぐらし絆がNO.1ですが。ここは譲れません(笑)。

あと、携帯サイト内で「パチスロ オブザイヤー」の投票ができるようです。投票結果はパチスロ必勝本DX2月号に反映されるとのことなので、みなさん是非投票してみて下さい。


さて、それでは今回の実戦結果に移りましょうか。


実戦結果
※すべて50枚貸し出し→50枚交換のホールにて実戦

【ガールズ&パンツァー】
打ち始め…699G
ヤメ…3G
投資金額…6000円
流した枚数…132枚
収支… -3500円

【SLOT魔法少女まどか☆マギカ2】
打ち始め…朝イチ台302G
ヤメ…15G
投資金額…10000円
流した枚数…120枚
収支… -8000円
※特定日につき、設定変更濃厚の状況で実戦

【ロードオブヴァーミリオン】
打ち始め…995G
ヤメ…30G
投資金額…1000円
流した枚数…1934枚
収支… +37500円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…984G
ヤメ…30G
投資金額…12000円
流した枚数…873枚
収支… +5000円

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…367G
ヤメ…1G
投資金額…2000円
流した枚数…109枚
収支…0円
※BC間天井狙いで実戦

【ガールズ&パンツァー】
打ち始め…712G
ヤメ…16G
投資金額…8000円
流した枚数…158枚
収支… -5000円

【パチスロ メタルギア ソリッド スネークイーター】
打ち始め…663G
ヤメ…50G
投資金額…6000円
流した枚数…809枚
収支… +10000円

【ガールズ&パンツァー】
打ち始め…404G
ヤメ…10G
投資金額…7000円
流した枚数…906枚
収支… +11000円
※天国滞在濃厚台(事前に66G→あんこう祭突入を確認)にて実戦

【パチスロ ウィッチマスター】
打ち始め…朝イチ522G
ヤメ…40G
投資金額…1000円
流した枚数…193枚
収支… -2500円
※新台初日(=設定変更濃厚)に実戦

▼TOTAL収支
狙った台数…9台
総投資金額…53000円
総換金額…102500円
収支… +49500円


考察

今回はウィッチマスターの天井について考察していきます。

天井は最大1536Gで、到達時はART確定。天井ゲーム数は固定ではなく、平均すると999Gで到達します。天井ゲーム数に最大と平均がある点からもわかるように、天井の仕組みは少々複雑。なので、順を追って説明していこうと思います。


まず、通常時は周期の概念があります。周期は6周期まで存在し、6周期に到達すれば天井到達となります。1周期は最大256G消化で到達するので、256G(1周期)×6周期=1536G。これが最大天井となります。

そして、周期はゲーム数ではなくポイントで管理されていて、1Gあたり1pt以上減算。この減算ポイントの累計が256ptになると1周期到達となります。ハズレは1pt、ベル・SIN以外の小役が成立すれば2pt以上確定。レア役なら最大32ptまで減算される可能性もあります。

1536G消化で天井到達となるのは、毎ゲームハズレが成立した場合のみ。ですが、ハズレだけを引き続けるのはあり得ないので、平均すると1周期は166.5Gで到達します。166.5G(1周期)×6周期=999G、これが天井までの平均到達ゲーム数となるわけです。


次はモードについて。

通常時は毎ゲーム成立役を参照してポイントが減算されていきますが、減算の振り分けは一定ではなく『モード』を参照して決定されます。モードは4種類あって、移行タイミングは設定変更・ART終了の2パターン。最上位のモードに移行すれば1Gあたりの減算ポイントが高いため、およそ半分のゲーム数で6周期到達=天井に到達します。

ちなみに、現状はモードの種類を外見から判断する術がないので、実戦の際は特に気にする必要はありません。あと、現在の周期とポイント数も液晶には一切表示されません。


以上が天井に関する抽選の大まかな仕組みです。それらを踏まえた上でハマリ台の狙い目ゲーム数を考えてみましょう。

現状はモード移行率が判明していないので、基本的には平均999Gで天井に到達する…と考えてハマリ台を狙うことになります。ただし、設定変更時は天井が浅くなるので、朝イチ台は狙い目が変わってきます(設定変更時は最上位モード移行確定)。

あくまでも平均到達ゲーム数のため平均を超えることも多々あると思いますし、リスクを考慮するなら打ち始めは平均ゲーム数の直前くらいは欲しいですね。個人的に設定変更時以外は800G、設定変更時は天井が浅くなるので200Gくらいから狙えそうだ…と考えています。

あと、ボーナスを引くと天井はリセットされますが、モード移行は行なわれません。つまり、設定変更後なら、ボーナス後も天井の浅い状態が継続することになります。設定変更が確定している台でARTよりも先にボーナスに当選した場合は、ボーナス後もART当選まで打ち続けるのもアリです。

その場合は0Gから打ち始めることになるのでリスクは伴いますが、確実に設定変更であれば0Gから打ち始めても期待値的に大損するレベルではないハズです。まあ、そもそも設定変更確定の状況が少ないと思うので、基本はボーナス当選でヤメたほうが無難ですけどね。


天井ゲーム数が正確に見えないタイプなのでハマリ台狙いには不向きなのかもしれませんが、そういった仕様だからこそ思わぬ台が空く可能性もあると思います。実際にハマリ台を見つけたときに困らないよう、最低限の知識は身に付けておきましょう。


PICK UP

【ロードオブヴァーミリオン】
打ち始め…995G
ヤメ…30G
投資金額…1000円
流した枚数…1934枚
収支… +37500円


某神台に酷似したゲーム性で馴染み深く、映像がキレイ&演出もカッコイイ「パチスロ ロードオブヴァーミリオン」。個人的に最近の台の中ではかなりお気に入りだったりします。

天井が深いのでハマリ台を見つけるのが難しい機種ですが、この実戦はまだ導入から1週間くらいということもあってか、995Gハマリという台を発見。


初当たりは1/8192の皇帝揃い。某神台のアレに相当する確定役です。この手の台だと、こういう「引いてやったぜ!」的な写真はお決まりですが、この日のコイツはただの確定役じゃない。

いや、確定役は確定役に変わりないんですが、実はコレお座り3回転目で引いた確定役なんですよ。3回転ですよ、3回転。一瞬何が起きたのかよくわかりませんでした。

成立時の演出は唐突すぎて良く覚えていません。某神台でいうところの槍が降って来た的な演出だった気がします。もちろん自分が1番ビックリしましたが、隣のサラリーマンのお兄さんも同じくらいガン見していましたね(笑)。


投資わずか千円(厳密に言うと3回転=60円)で皇帝揃いというミラクルな展開で始まったART。ただ、本当の勝負はここからです。

ARTのゲーム性は割愛しますが、簡単に言うと皇帝揃い=ART100Gスタート&上乗せゾーン3個獲得となります。この上乗せゾーンで何が出て来るか…そこが運命の分かれ道です。

まずは1個目。


ソエルは某神台でいう"犬"に相当する上乗せゾーン。要するに基本の上乗せゾーンです。上乗せはそこそこ頑張れて90Gでしたが、皇帝揃いを引いてもこればっかりが選択されると大量出玉獲得は難しい。


次は2個目。


待望のバハムート降臨! これは某神台の"旦那"に相当する上乗せゾーンで、平均300G上乗せと破壊力は抜群。平均には及ばなかったものの、それに近いくらいの上乗せに成功しました。

あと、バハムート中は演出がとにかくカッコイイ。マナ狙い時のカットインとか超ド派手です。パチスロ史上最も派手な上乗せゾーンじゃないかなと思いますよ、割と本気で。


そして最後の3個目。


これまた上乗せ期待度の高いオーディン降臨! 某神台の"嫁"に相当する上乗せゾーンです。平均は150G上乗せなので、それと比べると2倍の上乗せに成功しました。リール停止時にフリーズが発生すれば上乗せ確定で、フリーズ発生時の効果音が脳に突き刺さります(イイ意味で)。


なんやかんやで2000枚弱の出玉を獲得。純増が約1.9枚だから確定役を引いても伸びなそうな雰囲気はありましたが、別段そんなことはないのかなと。上乗せのポテンシャルは相当高いし、伸びるときはとんでもなく伸びそうな印象です。

あと、ART中の流れを一通り体験した結果、"この台って完成度、かなり高くない?"というのが、真っ先に思い浮かんだ感想です。

導入台数が少ないのであまり話題に挙がっていない気がしますが、新基準機にしては珍しく出玉にメリハリがあるし、何よりも演出の作り込みが尋常じゃない。映像がキレイすぎですから(笑)。

ただ、低設定だと初当たりが重すぎてどうにも間が持たないので、安定した稼働を保つのは難しそう。某神台みたいに台数が多ければ設定も使えるだろうし、ハマリ台を拾える可能性も上がって打つ機会を作りやすいんでしょうけどね。


導入台数が少ない→設定が入りにくい→稼働が伸びない→短命に終わる。

せっかく面白い台が出てもこのような流れに陥りやすいから新基準機はイマイチ流行らない。実戦の話があらぬ方向に逸れましたが、この負の連鎖はホントにどうにかならないもんですかね。新基準機の新台が空き台ばかりなのを見るたびにつくづく感じてしまいますよ…。