沖海4 ボーダー超えの台で勝負!ギミックが「カクン」と動くプレミアも!?

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第44回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

この実戦コラムを通じて頂いた読者さんからの質問には出来る限り回答するように心がけています。しかしながら、これまでに1番よく受けた質問にも関わらずお答え出来てないものがあることに気付きました。

それは…。

「パチンコ中、何を考えて打ってるんですか?」

本当に多くの方から聞かれます。この質問が多い理由は恐らく、「打っている時にパチンコ以外のことを考えている」とか「そんなにパチンコに集中できないし疲れる」といった人が多い中、ガチで打ってる人間はどんな思考で稼働してるのか気になったからではないでしょうか。

ですから、俺はコラムを書くときに心の声をなるだけ文字にするようにしています。なので、稼働内容だけでなく、そういう面も楽しんでいただけたらと思います。

では、そんな実戦コラム。今週もまいりましょう!


2016年11月14日(月)

本日の梅田巡回は、新台の「CR花の慶次X〜雲のかなたに〜」の釘状況を中心にチェック。スペックは予習していたので、あるポイントを重点的にチェックしました。そのポイントとは…ズバリ「スルー周辺」!! すると案の定の印象を受けました。

『やっぱスルー抜けは厳しいな。しかもアタッカー周辺も露骨に触ってるやんか…。確変中の大当たり確率が1/137.7で重いから、俺みたいによくハマる人間は持玉減らさない努力が必須の台やな』

ちなみにヘソは普通程度。シマを通りながらの覗き見程度なんでじっくり観察出来ていませんが、ほぼ全台の保留が2個以上点灯していたので回りはそこそこだと感じました。

そして沖海4もチェック。一通り見ましたがこちらは先週からの据置と感じたので、今日の巡回はここまで。そのまま11時半から早めのランチを1番乗りしていつものホールに向かいました。


『ここは慶次は明日が導入日か。釘だけでも見られないかな…』

そう思ったものの、店内のどこにも設置されていなかったので、そのままじっくりと先週から何か変わっていないかとホール内を見て廻ります。しかし、特に変化を感じなかったので、先週お世話になった沖海4のお手打ち台に着席。

『今日はハマらんといてくれよ〜。確率を超えたとしてもせめて400回転までに頼む!』

そんな弱気な気持ちでいざ試行開始! 回転率は先週と変わらず1000円28回のレベルで推移してくれます。

が、着席しての願いもむなしく、あっという間に確率分母を超えてしまいました。

『ほんまにこれ抽選しとるんか? ただ単に適当に図柄を並べてるだけちゃう? 時間ばっかりかかって、1回35円のくじ引きってどやねん!』

俺、いつもこういうセコイことを考えてしまうんですわ。今日の台は1回35円程度のくじ引きですが、一般のパチンカーは1回50円くらいのくじ引きをやってはるでしょ? その1回の金額が実に惜しい気持ちになる時ってありませんか?

『あ〜! もう500回超えた! チャンス目すら発生せえへんやんけ、ぼけ!』

表面上は涼しい顔をしていますが、心の中では猛烈にキレています。

ミドルスペックなら俺はだいたいこの辺りから「単純作業マシン」にメンタルが切り替わります。どういうことかと言うと、保留3個止めのみの単純作業に没頭し、ちょっとしたことでは動じない、ひたすら魚群待ちみたいな状態になるのです。なので、ノーマルビタや中出目再始動にはほんまにケツが浮くくらいビックリしてしまうんですわ。


『こりゃあかん。おは千コースやわ、当たる気せんぞ…』

既に回転数は700回を超えました。なのにここまでで1回も魚群も大泡もチャンス目も出ていないことから、これは下手するとノーヒットも有り得ると益々ネガティブモードに突入。いくら「単純作業マシン」に切り替わったとはいえ、さすがに苦痛を感じます。なので気晴らしに、他の台の状況はどうかと周りを見渡してみると…。

『おっちゃん! それで当たったら誰も苦労せんよ』
『ええなあ、座ってすぐに当たってはるやん』
『キュインキュインうるさいんじゃ!』

猛烈にボタン連打するおっちゃん、お座り一発のおねえさん、常連のヒキ強おばちゃんなど、それぞれのパチンコ模様が目に入ってきてなんだか俺だけが取り残されてる気分になってしまいましたわ。


『なんかおもろないわ。3万入れてあかんかったら2番手候補に移動しよかな』

そう思った時でした。何か「カクン」と動いた気がしたのです!!

『このギミック、今動いたよな…。これって大当たり確定のはず』

この時ばかりは液晶を凝視しました。すると3-4図柄のダブルリーチが発生。期待の魚群が出るかと思いきや、普通に泡予告だったもののすぐさま「キュイン」と一発告知が発生したのです。


しかし残念ながら単発大当たり。時短に期待するも何事も無くスルーで、単発分の出玉もあっという間に全て消滅しちゃいました。


それでも今度こそ早い大当たりを期待して続行を決意。その気持ちがやっと台に通じたようで、今度はギリギリ確率線以内で大当たりをゲットです。


が、またも単発。しかし今度こそ時短で引き戻してやるぞと自慢のトラ打ちをしこしこと繰り返していたら…。

『おおっ! チカってる!!』

モードはハイビスカスで消化していたのですが、何か「カチカチ」という音がするので液晶に目を向けたらハイビスカスが光っていました(トラ打ちを本気でやってると液晶はあまり注意していません)。

『ははっ、しかも1-9クロス!! 時短で確変引き戻したわっ!』



その後、4連目。図柄は偶数だったもののランプ判別で確変を確認していたので、時短と見せ掛けての確変状態で打っていると、縦に「3・4・1」と図柄が並びます。

『うーわ、もったいない。損した…って、してないやん!』


実はこの台で初めて引きました。もうこうなってきたら一気に捲るぜとばかりに気合入りまくります…が、ここで「気合を入れるとすぐに終わってしまう」という俺的あるあるが発動。速攻で単発を引き確変は終了となりました。

『時間もまだまだあるしな。これだけ回るんやから持玉尽きるまでツッパるのが漢というもの!!』

いやあ、俺にしては珍しくイケイケ思考ですわ。前半のネガティブモードはどこへやら(笑)。


そして数時間後…。

『ほんまに抽選しとんか…ぼけっ』

そう心の中で捨て台詞を吐いてホールを後にする俺(泣)。はい、その後はまた「無抽選状態」を感じさせる展開で持玉全滅となりました。

よくこういう結果になると「仕事量を稼いだ」とか「期待値を積んだ」という人がいますが、俺は全然そんなことを思いません。あくまでも結果が全ての世界です。負けた日はビール飲んで不貞寝する。ただそれだけです(笑)。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CRスーパー海物語IN沖縄4】
大当たり…6回
稼働時間…13:00〜20:30
投資…28000円
回収…0円
収支…-28000円