バジリスク絆のモード看破は、ポイントを抑えればさほど難しくない!?

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第36回
著者
クボンヌ/二星しょうた/畑ヒロフミ
どうも、「狙いドコロを狙ってみた」担当編集のSと申します。なぜ、ライターではなくただの編集がコラムを書いてるのかと言うと、とある事情がありまして。

皆さんもご存じの通り、座談会でこれまでゴミのような収支を残していた馬鹿野郎(畑ヒロフミ)に戦力外通告を出そうと事前に考えていたのですが…問題なのは代わりのメンバーを誰にするのか、ということ。

私は悩みました。できれば、クボンヌ・二星と被らない立ち回りをする人材がほしい。たとえば、夕方からしか打たない…自分なりのスタイルがある人材を。

私は考えました。2週間ほど考えました。



結果、思い浮かびませんでした。

「いないなら要求しろ、強要しろよ」と自分の中の悪魔が囁きましたが、私は屈しませんでした。そうだ、あの二人にいい人材がいないか聞こう。自分では考え付かない妙案を出してくれるかもしれない。

クボンヌ 「いないね〜(悩みながら)」

二星 「いないッスね〜(携帯をいじりながら)」

期待した俺が馬鹿だったよ。っていうか二星の野郎、俺のことを完全にナメてんな。いつか殺す。

それからまた一人で考えた。そして、ある日突然…そう、突然とんでもないアイディアが思い浮かんだのです。

"自分で書けばいいんじゃね? っていうか俺、サラリーマンみたいなもんだし、夕方以降じゃないと打てないし…これってONLY ONEなスタイルなのではなかろうか…!?"

編集がコラムを書く…前例がないワケではない。先輩であるF山科さんをはじめ、パチ&スロ必勝本で多くの編集がコラムを書いていたという事実。これはいけるかもしれない…! だが、ここで大きな壁があることに気付いてしまった。

編集長である。

果たして、編集長にこのアイディアをどうプレゼンすれば良いのか…? しかも当コラムは有料。読者の方々はお金を払ってこのコラムを読んでくださっているのだ。その分、責任は無料コラムよりも重いと言える(注:無料コラムでも責任重大です)。しかし…嗚呼、もう考えるのはやめた。このアイディアしかない、特攻しよう。当たって砕けろだ。



編集長 「いいよ、書いても」

意外とあっさり通った。安堵した。しかし、編集長はこう言葉を続ける。

編集長 「でもさぁ、内容がイマイチだったら速攻でヤメさせるよ。分かってるよね?」

とプレッシャーをかけられた。その言葉に正直ビビったが、しっかりと胸に刻み…俺は我武者羅に実戦し、ネタを考えた。そして、文章を書いては納得できずに消し、何度もやり直してアップ日(11/19)を迎えたのであります。

こんな感じで悩み多き編集Sですが、読者の方々にそっぽを向かれないように誠心誠意努力する次第です。今後ともよろしくお願い致します。では早速、今回の実戦結果に移りますです、ハイ。


実戦結果
※すべて50枚貸し出し→50枚交換のホールにて実戦

【アナザーゴッドハーデス】
打ち始め…902G
ヤメ…30G
投資金額…3000円
流した枚数…2063枚
換金額…41000円
収支… +38000円

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…35G(AT後即ヤメ台)
ヤメ…BC後1G
投資金額…13000円
流した枚数…91枚
換金額…1500円
収支… -11500円
※モード狙いで実戦

【北斗の拳 修羅の国篇】
打ち始め…846G
ヤメ…40G
投資金額…8000円
流した枚数…259枚
換金額…5000円
収支… -3000円

【パチスロコードギアス 反逆のルルーシュR2】
打ち始め…649G
ヤメ…61G
投資金額…4000円
流した枚数…751枚
換金額…15000円
収支… +11000円

【アナザーゴッドハーデス】
打ち始め…377G
ヤメ…50G
投資金額…3000円
流した枚数…139枚
換金額…2500円
収支… -500円

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】 PICK UP!
打ち始め…BC6回スルー(270G)
ヤメ…BC(1回目)後1G
投資金額…14000円
流した枚数…880枚
換金額…17500円
収支… +3500円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…650G
ヤメ…47G
投資金額…12000円
流した枚数…2278枚
換金額…45500円
収支… +33500円

【スーパービンゴネオ】
打ち始め…397G
ヤメ…464G
投資金額…3000円
流した枚数…35枚
換金額…500円
収支… -2500円

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…143G(AT後即ヤメ台)
ヤメ…266G
投資金額…4000円
流した枚数…0枚
収支… -4000円
※モード狙いで実戦・モードB以下と判断してヤメ

【北斗の拳 修羅の国篇】
打ち始め…300G(17連敗)
ヤメ…27G
投資金額…6000円
流した枚数…336枚
換金額…6500円
収支… +500円

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…151G(AT後即ヤメ台)
ヤメ…BC(1回目)後1G
投資金額…5000円
流した枚数…68枚
換金額…1000円
収支… -4000円
※モード狙いで実戦

【北斗の拳 修羅の国篇】
打ち始め…859G
ヤメ…32G
投資金額…2000円
流した枚数…1079枚
換金額…21500円
収支… +19500円


▼TOTAL収支
狙った台数…12台
総投資金額…77000円
総換金額…157000円
収支… +80500円


考察

以前掲載されたクボンヌ氏のコラム「バジリスク絆の小ネタ(3月11日更新)」を皆さん覚えていますか?

"BCスルー台狙い時のベストなヤメ時は「次回BC当選まで打って判断」だが、AT後に下位モードだと判断したら途中でヤメてもよいのでは?"という冒頭の考察。自分は「うん、その通りですな」と共感した記憶がございます。

シミュレート上で最も期待収支が高くなるのは『次回BC当選まで打って判断』、片や最も勝率が高くなるのは『AT後即ヤメ』と結果は出ています。が、AT後に演出を見ながらモードを看破して押し引きを判断すれば期待値も勝率もいいトコどりできるのでは…と考え、個人的にそれを実行していたからです。

ただ…ホールでBCスルー台狙いをしたと思しき台はAT後即ヤメorBC1回当選ヤメがほとんど。『AT後にモード看破→ヤメ』はあまりメジャーではありません。期待収支が判明してないですからね。気持ちはわかります。それに「モード看破は難しい…」というイメージがあるのかもしれませんし。

ですが、モード看破って見るべきポイントを絞ればそこまで難しくないと思うんですよ。正確に察知…まではできませんが、ある程度のモード推測はできるかな、と。下位モードの可能性が高いと思いながらBC当選まで粘ったらBC間天井到達で出玉消滅…なんてイヤですよね?

というわけで、そんな状況を避けるためにも今回は"モード看破"をテーマにして考察していきたいと思います。


モード看破ヤメで一番重要なのは…モードC以上の可能性が高いと判断したらBC当選まで続行、モードB以下かもと判断したらヤメること。モードCなら最低でも約33%でモードDorE(AT確定)に上がるし、それをクリアできなくてもBC当選時にAT当選まで辿りつける可能性が十分にありますから。

では、どのようにしてモードC以上滞在を見極めるのか? まずはこちらの数値をご覧ください。

【通常or高確滞在時・実質的な状態アップ率】

『通常リプレイ・押し順ベル』
モードA…1/1270.6
モードB…1/211.8
モードC… 1/59.5
モードD・E…1/29.8

『チャンス目』
モードA…1/200415.9
モードB…1/33402.7
モードC…1/9543.6
モードD…1/801.7
モードE…1/400.8

上位モードであるほど状態(通常・高確・超高確)はアップしやすくなり、特に上記3役での状態アップ率には顕著な差があります。
※超高確滞在時は同様の確率で超高確ゲーム数上乗せ抽選アリ。

ただし、チャンス目での状態アップは確認できればモードD以上濃厚なのですが、極めてレアなケース。なので、モード看破の要は通常リプレイ・ベル…つまりはレア役非経由での状態アップということになります。

そして、"モードC以上ならばレア役非経由での状態アップ時に大半が「超高確5G」を選択する"という特徴もあるのですが…コイツがかなりの曲者。

超高確移行を察知できる有名な状況として「弾正屋敷ステージ移行」がありますが、超高確残り15G以上でないと移行しません。超高確5Gを選択しただけだと弾正屋敷ステージへ移行しないケースも十分にあり得えます。どちらかというと超高確5G移行時は一瞬だけ液晶がザワついてすぐに静かになる…という挙動の方が多いような気がするんですよね。

なので、弾正屋敷ステージ以外に超高確示唆演出や確定演出を覚える必要性があります。こういった演出は数えきれないほどあるのですが、最低でも下記4種類の演出を覚えておけば問題ないかと。

【4大注目演出】
[1] かんざし演出→豪華かんざし(白)
[2] 兄妹演出→カゴの中にクナイ+リプレイ
[3] セリフ演出→柳生宗矩+レア役否定
[4] レア役非経由で連続演出発展→ハズレ

上記演出はいずれもBC前兆(フェイク含む)以外で発生すれば高確以上確定となり、 [1] [2] は超高確中の方が発生しやすいです。そして、 [3] [4] は超高確滞在確定…すわなちレア役を全く引いてない状況で発生すればモードC以上の可能性大なので心の中でガッツポーズできますよ。

そして…忘れてはいけないのがモードC以上確定の演出パターン。

【モードC以上確定パターン】
朧カットイン→ハズレ
連続演出発展時に弦之介カットイン→ハズレ

どちらもハズれたらがっかりしてしまいがちですが、実は次回BC当選でATを手繰り寄せる大チャンス。確認できたら必ずBC当選まで粘りましょう。


モード看破はこれらに注目すればある程度可能かと思います。自分は100Gを目安にモードの高低を見極めるように心がけてまして、途中でモードアップに期待できるチャンス目を引いたらまたしばらく様子を見る…といった具合ですね。この間に超高確5G移行と思しき挙動が複数回確認できればBC当選まで続行、無ければスパっとヤメてます。

ただし、モードCは運が悪いと見抜けないことも。実際、モードC以上確定の状況(半月出現後)で上位モードとはとても思えないような挙動に遭遇したことが何度かありますし。最善を尽くしてモードC滞在に気付けなかったら、それはやむを得ないことなのかなと考えるようにしています(悔しいけど)。

でも、モードD以上ならさすがに気付けると思いますけどね。露骨に挙動が違いますので。バジ絆を打ちこんでいる人なら分かっていただけると思いますが、あの安心感は格別ですよ…!


さて、ここいらで自分の考察は終わりにさせていただきます。本当はもっと書きたいことがあるのですが、これ以上書くとキリがないので…。

これからIIIの導入も控えてますし、それに伴いバジ絆もホールでまだまだ活躍してくれることでしょう。まどか☆マギカ2導入で初代も一緒に盛り上がったように。これからもバジ絆を打ちこもう…と心に決めた編集Sなのでした。


PICK UP

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…BC6回スルー(270G)
ヤメ…BC(1回目)後1G
投資金額…14000円
流した枚数…880枚
収支… +3500円


PICK UPは考察と同じくバジ絆です。

とある日にホールをフラフラ歩いているとBC6スルー台を発見。なんというお宝台! 喜び勇んで打ち始めると…どうもモードが悪い。

レア役非経由で超高確移行もなく、弱チェリーや共通ベルを引いても状態が上がらない。しかし、なんとか巻物や強チェリーでBCを引くも…


三日月しかでない。なんだ…!? この台が発する禍々しい気は。そして、私は気付いてしまったのです。


「あかん、こいつテーブルNや」

テーブルN…BCスルー台狙いをするうえで避けられない恐怖。ATに当選すれば次回テーブルYorZ(BC当選でAT確定)ですが、BCを10回スルーするまでモードAスタートが続く…要はアホみたいにハマる可能性がある鬼テーブルなのであります(以前、テーブルNで6万以上の投資を強いられた経験アリ)。

ですが、この時は投資1万4000円で累計10回目のBC当選に辿りつき…



朧BC終了画面で赤満月。でもってハズレ。うん、分かってた。

さてさて、ここまで辿りつけばあとは『パラダイス』です。もうすぐATを最低でも2回は楽しめますから。そして11回目のBCでATが当選し(押し順ベル→残り4ナビでAT告知)…



なんとも言えない枚数で終了。でも、まだまだ! 設定2以外ならモードEスタートの可能性もあるし。もしそれなら50%継続以上のAT確定。朧や天膳開始画面の写メで撮る大チャンスなんや!

そして51G目にBC当選。消化後にスマホを構えて…さぁ来い! 朧か天膳ッ!



帰れ!!!!!!

安定の弦之介。でも、50%継続以上の可能性もある。頼むぅぅぅ!! 伸びてくれぇぇぇぇぇッ!



うん、BCを3回引いたけど25%継続だろうね。それに薄々感づいていたけど偶数設定…っていうか設定2だろうし。設定2だとテーブルN後は99%でモードDスタート(テーブルY)だからなぁ…。最終的に微妙なプラスで終了しました。


っていうか、今年バジ絆で1000枚超えの記憶がほぼないんですが…。そのせいでバジ絆の収支がとんでもないマイナスになってます。誰か、コイツを大連チャンさせる方法を教えてください。お願いします。