不運の連続でこれは何かの呪いか!? 明らかに「何か違うもの」に負けた日…

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第42回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

このコラムが更新される11月8日はまた東京にお邪魔しています。連載中の雑誌「パチンコオリジナル必勝法」の誌面企画に参加しているんですが、『たいがーは誌面企画に滅法弱い』という不名誉な評判が定着しつつあるので、ここらで目一杯活躍したいところ。そんな悪戦苦闘ぶりも、是非誌面でお楽しみ頂けたら幸いでございます。


2016年10月31日(月)

また運気(?)が低下傾向のようで、前回のコラムのようなエグい展開が続いております。俺は日頃から「パチンコはメンタルや!」と力説しているのですが、それこそ最近は些細なことでイライラしたり攻撃的になったりと精神的に不安定なので、そういった影響もあるのかなと。特にパチンコ稼働においては極力イライラしないように心掛けてはいるのですが、肝心の大当たりに恵まれないとなると…辛抱しきれない時も出てきてしまいますよね?


ということで、10月の最終稼働でもあり週の始めでもある月曜日ですからね、落ち着いて勝負していくことを念頭に置き、いつもの梅田巡回からスタートしました。

本日の重点チェック台は「ルパン三世 Lupin The End」。どこのホールも満員御礼状態ですが、遠目でチェックする限りあまりよろしくない回転レベルという気がしました。それでもピストル役モノを撃つところが見たくて各ホールで長い時間観察してしまいましたわ。


そんな時、ちょっと嫌な出来事が…。

あるホールで、朝イチから打っていたと思われる年配の男性が台をブン投げたのです。俺的には『よほど回転レベルが低かったんやろなあ』と思った程度で、せっかく空いたから座ってみるかなんて気持ちはさらさらなかったのですが…。

「ドンっ!」

『痛ッ! なにすんねん! わざとか!?』

後ろから突進して来たちょっとヤンキー風な奴から肘鉄を喰らわされました。そしてそれだけでは飽き足らず、ヤンキー君はその空き台を押さえると俺を睨んできたのです。

こういう事態になったらきっと読者さんもムカつくよね? 普通の人だったら苦言のひとつも言ってやろうってなるんじゃないですか? 俺も血気盛んだった以前ならそうしてたかもしれませんが、今の俺はまがりなりにもパチンコライターとしての立場があります。出版社の看板を背負って(かなり大袈裟)稼働しているのですからトラブルは御法度。ここは大人になって平静を装いましたよ。

『おまえ、とことんハマって半ベソかいて負けろ!』

もちろん心の中では罵ったけど! いやいや、こういうことを書くのも御法度なんですけどね。それくらいムカついたということでお許しを。

しかし、この出来事が後々まで尾を引いて、ランチを食っててもムカムカイライラしていて、いまいち味が分からない。いきおい繁華街の雑踏でも、前でちんたら歩く人にめっちゃ苛立ってしまいました。


そうこうしてるうちにいつものホールに到着。さすがにこの時には心も落ち着いてきて、沖海桜ライトで軽く肩慣らしでもするか〜という心境に変わっていたのですが…。

『うわっ、これは潰れたな…』

先週金曜日の釘の記憶を呼び起こすまでもないほどに、一本の釘が明確に潰されていました。ちなみに、このホールはピンポイントで釘を触ってくることはまずないので、自分のお手打ち台が空いていなくても他の台の釘を見て調整が入ったかどうかは判断できます。

『な!? 俺のお手打ち台だけやんけ〜。なんか俺、悪いことしたかぁ〜?』

先週はこの台ではそんなに抜いていません。なのに、向かって左のジャンプ釘が思いっきり右に寄ってしかも下げられていたのです。こういう調整をされると通常ルートからの玉がほとんどヘソ手前で落ちてしまうので、試し打ちすらせずに新たな台探しの旅に出ることになってしまいました。


ヤミテラスは既に回収モード、羽根デジのシマも全体的にマイナス調整という状態で、ほぼ壊滅状態だったんですが、ひとつだけブン回せる機種がありました!

『まあ常連さんもよく分かってるわ、ほぼ満席やん。とりあえずこの空き台でも打つか』

そう思って座ったのは沖海4。ちょうど中カドが空いていたので試し打ち気味で打ってみると、千円25回はキープできそう。これは勝負になると思い、今日はこいつで頑張ろうと決めました。


ところが…やはり運気が悪いんでしょうか? 3K目をプッシュしたあたりで異変を感じたのです。

隣の女性がなかなかに個性豊かな方で、とりあえずスーパーリーチに発展するとガラスをさわさわ。その程度は慣れっこなんで何てことはなかったのですが、次第に何も起こっていないときにもおさわりしだした上に、秘密の儀式でも執り行なうかのような妖しさをまといだしたので、さすがに鬱陶しくなってきました。

『まあ別に俺に対して嫌がらせしてるわけでもないからな…』

と、自分を落ち着かせるフリもしてみましたが、どうやらイライラは収まりません。そんな心のざわめきがピークに達しそうなところで、アンコウのシングルリーチで魚群が発生。そしてこれが見事に本日の初当たりとなりました。ひとまずこれで気を紛らわせるかな。


これ、試行回数が513回転となっていますが、俺が試行したのは投資8.5Kの238回。なんとか自身では確率内で当たってくれたことに喜んだのですが、ランプで単発を確認した途端にイライラがカムバック。

『先週から単発ばっかりやんけ!!! これで都合6連続単発やわ…』

少々不貞腐れていたのですが、隣の女性が俺の大当たりを見るなり席を立ってくれたおかげで快適な環境になりました。時短はあっさり抜けましたが、これでようやくリラックスできるな〜とタバコを吸いながらのんびり稼働…できると思っていたのに、イラつき案件は俺を放っておいてはくれないようです。

「すぐに当たったわ! だから続けろって言ったのに!」

俺の背後からヒステリックな声が飛び込んできたので、その声の主は誰や? と振り返ってみると、さっきまで隣にいた女性じゃないですか。どうやら旦那さんを呼んできてわざわざ俺にオカマを掘られたことを叱責したようです。しかも、旦那さんらしき人は俺のデーターカウンタを見てすぐに姿を消したのに、その女性は俺の隣に座ってきたし…。

『戻ってくんなやあ。やっと落ち着いて打てると思ったのに…』

もうほんま声に出そうになりましたわ。


それでも辛抱して試行を続けましたが、単発一回分の出玉はあっさり消滅して現金投資を再開。すると間の悪いことに、ここで隣の女性が確変大当たりを引き当てたのです。想像つくと思いますが、そうれはもう凄いお祭り騒ぎでしたよ! 旦那さんのカットインまで入って俺の背中でデカい声で応援しはります。こうなると流石に…

『もう無理。ブン投げよ』

我慢にも限界がありますからね。運よく快適に打てる環境を見付けられたのが救いですわ。


今度の台は正真正銘のカド台で、どこかの誰かが10回大当たりしてちょうど確率分と言える320回の試行でヤメた状態。しかも回転レベルは先程の台より優秀で、最初の500円で21回も試行した時はさすがに上ムラだと思いましたが、均してみると千円28回という回転率です。

『隣も空いてるし快適快適…』

やっと安住の地を見つけた旅人の気分。時間的にもそろそろ混み始めるので、実に良い台に座れたなと思いましたよ。


しかしその穏やかさは束の間、今日の俺はイライラから逃れられないのかと、自分を呪いたくなりました。というのも…

『こらあ、おっさん! 何をもたれかかっとんねん!!』

隣は空き台だと思っていたんですがどうやら食事休憩中だったらしく、数分後にガタイのいい男性が戻ってきました。それは良いのですが…間違っても俺が左に傾いているということはありません! それなのに、左隣の男性の右肩が俺の左肩に触れてくるのです!

『絶対にこのおっさん、傾いて打ってるよな? ってか…もしかしてホモか!?』

これ、肩が触れてくるというような生易しいものではないんです。隣のおっさん、頭も俺の方に傾げている感じがします!

『なんて日だっ! 小峠かっ!』

怒涛のようなイライラに翻弄されて自分を制御できません。とりあえず、確認のために席を立って後ろから見てみました。

『なんなん! このおっさん! 完璧にカラダが右に傾いてるやないか! 昭和のパチプロか、おまえはっ!!』

さすがにこれは我慢なりません!


といっても、直接文句を言うのも今後のこのホールでの稼働に悪い影響を与えそうです。そこでなんとかこのおっさんが俺の方に傾いてこないよう細やかな抵抗を試みました。

タバコを左手で持ち、『おっと! それ以上俺に近寄ったらヤケドするぜ!?』作戦を決行。あ、変な意味に捉えないで下さいよ。しかし効果はそれほどでもなく、俺もそこまでタバコを吸いたくなかったので断念。それなら『目には目を』作戦で俺がわざと左に寄ってやろうと試みるも、これは俺の稼働姿勢を崩すので速攻で断念…。

結局、ここは我慢するしかないと自身の台に集中することにしましたが、やはり一度気になったものはそう簡単には払拭できません。しかし、パチンコ台という冷徹なマシンは俺のそんな気持ちなど関係なしに嬉しい大当たりを運んできてくれたのです。


でも、ま〜た単発でした。


この結果にもイラつくのですが、隣の男性はやたら確変でハマり、やっと当たったら単発図柄も確変に昇格。その度にビクっとする挙動が俺の左肩に伝わってくるので、こちらとしてはイライラMAXです。

『もう今日は撤収しよかな…』

そんなことに迷いながら惰性的にまた通常試行に入ったら、久しぶりに早い大当たりに恵まれました。


『もうええよ、単発で。俺、もう帰るから…』

先回に続きまた不甲斐ない結果に終わりました。つーか、今日の俺はパチンコに負けたんでしょうか? 収支的には確かに負けています。でも、明らかに「何か違うもの」に負けてますよね。

やっぱりパチンコはおおらかな気持ちでのんびりまったりと打つべきですよ。まだまだ俺は精神的にもヌルいなと痛感しました。こんなメンタルじゃ勝てるもんも勝てなくなることは明白です。ちょっと精神修養が必要かな…。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CRスーパー海物語IN沖縄4】
大当たり…3回

稼働時間…14:00〜19:00
投資…16000円
回収…8000円(3.3円)
収支…-8000円