最後尾から入場して設定6を掴んだり、先頭入場でスカったり何があるか分からない

シリーズ名
悪☆味の『ちょっといい話(仮)』 (毎週日曜日更新)
話数
第26回
著者
悪☆味
今月の頭くらいだったか、全台高設定の機種があると示唆していたホールに並んでたんですよ。

そこは並び順入場なんだけど、いつも並びがそれほど多くはないし、当たりシマが2機種はあるから、まぁ開店直前に行っても可能性のある機種には座れるだろう、と思ったのが失敗だった。

理由はわからないけど、ホールへ到着すると普段の1.5倍くらいの人たちが並んでいて、これはさすがに厳しいなと…。


で、危惧したとおり、めぼしい台はすべて埋まってまして、仕方なく動きやすいようにという理由でとりあえずハナビを打つことにしたんですよ。

ハナビが当たりシマになる可能性もなくはないんだけど、基本的にはAT・ART機で2機種ということが多い。

仮にハナビが当たりシマになったとしても設定5がメインになるので、それはそれであまりそそられないじゃない?

まぁこれは並ぶのを怠った自分が悪いので、とりあえず店内チェックをしながらハナビをゆっくり回しますか〜なんて考えていたら、これが投資千円でBIG。そこから早いゲーム数で連チャンしてくれて、3回目のBIG中にはハズレも出現。

結果、このハナビはバリバリの設定6挙動だったんですけど、ハナビが当たりシマだったというわけではなく、自分の台だけがたまたま"ピン"で6だった模様。

ちなみに、当たりシマはやはりART機の2機種。ただし、そのどちらもスペック的にあまり打ちたい機種ではなかったので、完全に結果オーライでした。

もっと早くに並んで、いろいろ選べる状況だったら間違いなくツモれなかっただろうから、ほんとラッキーな1日だったなと思います。


で、次は先週の話。その日のホールは全6機種アリと示唆していたんだけど、そこは抽選入場だったんですよ。

抽選に集まった人数は100人オーバー。おそらく早い番号の人たちは絆やまどか☆マギカ、ハーデスといった機種に流れる。

もちろん、それらの機種が当たりシマになることもあるんだけど、それはかなり稀なパターンなので、俺はそれ以外の某機種狙い。

その某機種はスペック的なことを考えても、100人が入場したあとでも埋まらないハズなので、まぁ抽選で最後尾を引いても大丈夫だろうと思っていたんですよ。


で、ですよ。いざ入場抽選をしてみると、引いたのは1番。

それまでは某機種を打つ気でいたのに、先頭入場という雰囲気に流されて何故かまどか☆マギカに座っているというね…。

ちなみに、某機種についてはやはり入場抽選を受けた人たちが入場しても埋まることはなく、一般入場のお客さんを含めて開店後にようやく埋まった感じでした。

そして、まどか☆マギカを打ちはじめて僅か3G目、隣の台で穢れが飛ぶ。続いて24G目に逆隣の台でも穢れが飛ぶ。これは据え置き(レア役間ハマリの穢れ獲得)ってことで良いですよね?

この時点で、まどか☆マギカが当たりシマの可能性はほぼないということで、ボーナスを引くこともなくヤメ。結局、ここまで書いていればわかるでしょうけど、その日の全6は某機種でしたわ…。


並び順のホールで最後尾から入場して設定6をツモれたり、抽選のホールで先頭で入場してスカったり…ほんとパチスロは何があるかわからないですなぁ。

…って、先頭で入場しても、ブレずに狙いどおりの機種を打っていたらツモれてたわけですけども(汗)。