まどか☆マギカ2、打ってきました!

シリーズ名
ホールKEN聞録 (毎週金曜日更新)
話数
第29回
著者
KEN蔵
どうも、KEN蔵です。

地方、編集部、どこに行っても「おめでとう」と言われ、あたかも僕がカープの選手かのような労いを受けております(笑)。

でも、いつまでも余韻に浸ってる場合ではないんですよね。シーズンが終わったらすぐ、クライマックスシリーズ(CS)が始まります。上位3チームが決まり、短期決戦巧者の巨人、初CS進出を達成して勢いのある横浜、そのどちらかと日本シリーズ出場をかけて戦うわけですが…正直、巨人に上がってきてほしいな、と。

横浜ベイスターズは浜の番長こと三浦大輔選手の引退発表もあり、「番長を胴上げしよう!」とチームの士気は高まるばかり。この勢い、まじでコワい! まだ日にちはありますが、ドキドキしながらCSを待ちたいと思います。


さて、ドキドキといえば…ついに"アレ"が導入されました。9月とは思えない寒さ&台風で大荒れのなか、並んで朝イチから打ってきましたよ。



SLOT魔法少女まどか☆マギカ2(以下、まどか☆マギカ2)を!

どうやら初期導入台数が3万台を超えているとかいないとか。しかも、初代と入れ替えるホールが少なくて、その初代ですら今だに現役稼働中。まぁ、まどか☆マギカというコンテンツだけで相当な数になります。

気になるスペックのほうは…というと、設定6の機械割が初代の116.2%から111.0%とかなり抑えられていて、逆に設定1の機械割が97.9%から98.5%と若干上がっております。店側が高設定を使いやすいって意味では、今の業界の流れにしっかり合わせている…といっても過言ではないでしょう。

ボーナスがリアルボーナスに変わり、ARTの純増枚数が1Gあたり1.5枚。仕様・スペック・ART性能を見る限り、『AKB48 バラの儀式』に似ているのかな、と。で、導入初日に対峙した率直な感想ですが…





くっっっっっっっっそ面白かった!

いやぁ、回し者だと言われてしまうかもしれませんが、やっぱこのメーカーさんはどれだけハードルを上げても軽く超えてきますね。

打った台の挙動が良かったからっていうのもあるかもしれませんが、僕のツイッターを見てくださっている方はご存じの通り、展開自体はマジで酷かったんです。

最終的な収支も総投資47000円で回収は1529枚。展開も酷く、差枚もマイナス。なのに面白いと思えるのだから、"ホンモノ"だな、と思うんです。

でも、マイナスになった最大の要因…上乗せ特化ゾーンの「マギカ☆クエスト」。これのね、面白さを全然味わえなかったんです。周りのどの台よりもマギカ☆クエスト突入回数は多かったのですが、周りが軽く3桁乗せを繰り返すなか…僕は、

+5
+5
+5
+5
+30
+25
+10
+5
+85
+5
+35
+5
+110
+15

14回突入して、平均+24.6G(笑)



…って笑いごとじゃない!


ただ、現状は設定看破につながる解析数値が明らかになっていませんが、この手の台である程度見当がつく部分…「CZ当選率」であったり「レア役からの直撃ART当選」とかが、周りの台と比較すると相当良かったんですよね。

いまの情報量では信頼度ゼロに等しいですが、個人的には設定はあったのかもなと思います。

とりあえず、今後間違いなくお世話になる機種ですので、初代同様に打ち込んで、打ち込みまくって、体感で設定の高低くらいは分かるようになりたいですね。


実は導入前に仕事で伺った地方のホールさんで、実戦終わりの事務所挨拶の際にまどか☆マギカ2に関して色々と聞いて回ってたんです。どのホールさんも、

「期待している」

「初代を看板にしていたから今作も…」

「できることなら主力機種の座をバジ絆からこいつに渡したい」

…とポジティブな意見ばかりを聞いていました。

まだ導入されていない地域、まだ打てていない方もいると思いますが、ネームバリュー・スペック・導入台数・ホールの力の入れよう…どれをとっても"間違いない"ので、機会があれば是非打ってみてください! 本当に面白いです!



では、今週も良きパチスロライフを♪