穢れ蓄積演出(中)が発生したので追ってみた結果…

シリーズ名
回胴皇帝的必勝塾ドッカーン (毎週木曜日更新)
話数
第33回
著者
スロカイザー
知っている人は知っていると思うが、何年ぐらい前からかは忘れたけど漫画誌『パチスロ7』の「慎吾と皇帝」で、私スロカイザーはレギュラーで出演している。


で、その最新号では『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』を(ショールームで)打って、なかなかミラクルなことをやらかした。詳細はネタバレになるので話せないが、実戦中「これ以上引くと、ホールで引けなくなるからヤメてっ!!」と願ったり、願わなかったり。そんな奇跡と魔法を目撃したい人は近くのコンビニ・書店等にダッシュだ。

皆さんこんにちは、



細マッチョなスロカイザーです。抱かれたいと思った人は、編集部で整理券を配っているので順番を待っててください。

さて、新生魔法少女たちとホールでようやく戯れることができたので、今回はその初打ち実戦記。まぁ、戯れると言っても初打つ時は先っぽだけのプレイだったので、濃厚なのは期待しないでほしい。


某月某日、昼過ぎに原稿を書き終えて少しお暇モード。では、この空き時間を何に使おうか、と考えたが根っからのスロッターである私の選択肢はそう多くはなかった。

1:打つ
2:打つ
3:打つ

ということで、新作のアダルト動画を観賞し終えたあとにホールへ直行。新台の魔法少女たちは空いているのかな、さすがにまだ満席かな…とドキドキしながらシマを覗くと、案の定、人だらけ。

仕方がないので、スマホ片手にホールで待機。待てば海路の日和あり、これこそホントのタイキ晩成…なんてくだらないこと考えていたら、まるで財布から数万円消えたかのような表情をした青年が席を立ったので素早く台をキープ。

「おっふ」

グラフというよりも坂道。そんなスランプグラフを描いていたが、背に腹は代えられないので既にお腹いっぱい気味のコインサンドに諭吉を投入。

「おっふ」

打ち始めて数ゲーム回したら、穢れ示唆(中)が発生。きっと、前任者が溜めてくれたのだろう。悪く思わないでくれ。ただ、前作なら迷わず穢れ発動まで打ち続けるところだが、今作の穢れの詳細はまだ判明していないのでちょっと不安。それにARTの一撃性能は落ちているので、発動までに投資が嵩んだら逆転が難しい。


穢れ示唆(中)を確認してから1時間経った。幸い大ハマリすることはなくARTにもコンスタントに当たっているので、最悪なシナリオにはなっていない。それでもまとまった出玉を獲得できていないので、財布が軽くなっていく。


もうヤメよう。どうせエピソードボーナスだ、不発に終わる。いやいや、穢れ発動までは続行だ。きっと何かが起きる、きっと大量出玉を獲得できる。

頭の中では絶望の使者:悲観的なネガカイザーと、希望の使者:楽観的なポジカイザーがバトルを始めた。

あれ、そういえばARTに当たってから穢れ示唆演出が全く発生しなくなったぞ。さっきまでは暇さえあれば発生していたのに…。嫌な予感が脳裏を過る。もしや、今作の穢れって減算するのではないか!?

ネガカイザーのドロップキックが炸裂して、ポジカイザーのピンチ。


たしかに今作の穢れシステムの詳細はまだ判らない。だが、「穢れは発動まで減算しない」というイメージがあるのに、それを裏切ることなんてするだろうか。

ポジカイザーが立ち上がる。

穢れ示唆(中)を確認してから、2時間以上経った。だが、いまだに穢れは発動しない。

ほら見たことか、もうヤメたほうがイイ、追わないほうがイイ。ネガカイザーが執拗にそう囁く。過去の片想いを思い出せ、追ってイイことがあったか。ネガカイザーが心の傷に塩を塗りたくってくる。

たしかにイイことはなかったが、過去は過去だ。ポジカイザーがゆっくりと、だが力強く口を開く。イイことがないどころか「もういい加減にしてください」と叱られた、「何があっても無理だから」とため息混じり諭された、でも…

お前は黙っていろ。スロカイザーの逆水平チョップが炸裂して、ポジカイザーの絶体絶命。

穢れ狙いをするには、まだ情報が少なすぎる。もうちょっと色々と判明してからチャレンジしよう。よし、次のボーナスで穢れが発動しなかったら、きっぱりとヤメよう。


穢れ発動。うむ、たまたま穢れ示唆演出が発生しなかっただけで減算はされていなかったのかな。よく判らん。



…って、よく見たらこれエピソードボーナスはエピソードボーナスでも、ほむらエピソード[1]ではないか!? 恩恵はART+ワルプルギスの夜である、偉いほうのエピソードボーナスではないか!?

追って良かった、良かった追って。

ネガカイザーの反省会をしつつ、ワルプルギスの夜を消化。順調に連チャンして4セット目に到達。たしか今作は4の倍数セットがアツいんだよな、たしか上乗せゲーム数が優遇され…



リールが停止して、ほむらさんが登場。キター、時間遡行フリーズ!! 上乗せ50Gをゲット。さらに順調に連チャンが続いて、12セット目に再び時間遡行フリーズが発生して50G上乗せ。結果、ワルプルギスの夜は15連目に終了して…



計+205Gゲット。さらに勢いは止まらず、マギカ☆クエストで細かく上乗せ+スイカで上乗せとかして、



残り300Gオーバー。よっしゃー、見える見えるぞ、ドル箱を大量に積み上げている自分の姿が。そういえば、前作の初打ちは万枚出したよな、ということは2でも起きるかもしれない。いや、起きるぞ!!



「おっふ」

見事に駆け抜けたあとも打ち続けたが、筐体にコインを飲ませただけで終わった。初代も手強い機種だったが、今作もなかなか骨が折れそうだな。

とりあえず、今作の穢れはあんまり期待して追わないほうがイイのかな。追っても傷つくだけなのかな。あのときのように…。