繰り返し見ても勝率アップには繋がらない全力のバカ企画『必勝本男』

シリーズ名
回胴皇帝的必勝塾ドッカーン (毎週木曜日更新)
話数
第30回
著者
スロカイザー
『パチスロ必勝本男DVD』が発売されて2週間経った。多くのオンラインショップ・コンビニから姿を消したところを見ると、結構売れているのだなと実感できる。

ちなみに「必勝本男って何?」という人のために簡単に説明すると、嵐・うっちい・飄・くり(敬称略)、そして私…5人の男たちが全力でバカなことをする企画だ。もちろん、DVDを繰り返して見ても勝率アップには繋がらないぞ。いよいよもって「"必勝"本ってなんだろう」と思わざるを得ない。

で、この必勝本男は今回で2回目。前回は文章メインの雑誌だったが、今回はDVD。しかも、55コンテンツ収録されていて総尺740分超の大作となっている。

私を含めた5人の男たちは、ここで色々なことにチャレンジをした。必勝本や必勝本DXなどでは絶対にやらない(やらせてくれない)くだらないことをやりまくった。やらなくていいことに挑みまくった。

ということで、今回はそんな必勝本男DVDの思い出話。


【オープニング】
人生初のラップにチャレンジ。録音中に「もうちょっとラップっぽく」と何度も言われたな。ちなみにDVDではちゃんと歌えているように見えるが、1小節歌ってチェック、1小節歌ってチェックの繰り返しで、それらを編集ソフトで1本に繋げただけだ。うむ、文明ってスゴいね。


【男達のガチンコ出玉バトル】

人生初のスカート。思っていた以上に、下半身がスースーして無防備だった。常に「パンツが見えちゃうかも」と気にしなければいけない。世の女の子たちはこれを毎日穿いているのか、大変だな…と思うと、新たな扉が開いた気がした。癖になりそう。


【ぼくたちのこんちゅうさいしゅう】

牛乳パックマスクは私が収録日前日のホテルで夜なべをして作った。「ほぼ素顔じゃん」と突っ込まれた逸品だ。いつか、この牛乳パックマスクを読者プレゼントにでもしようかな…なんて、はた迷惑なことを考えていたが紛失してしまった。


【スロの虎】

某マネー系バラエティ番組のパク…オマージュ。私は「まんげだらけの社長(年商60億円)」として出演した。兎にも角にも、依頼者の内田(うっちい)さんが怖かった。キレた演技が演技とは思えないぐらいリアルでビビった。あと、栗山(くり)さんの3択当ては神懸っていた。台本がないからこそ起きたミラクル、あんなの笑うに決まっている。


【プロジェクトK】

私が自転車の練習をする…ただそれだけの動画。必勝だけでなく、ついにパチスロですらなくなった。

知っている人は知っていると思うが、私は自転車に乗れない、本当に乗れない。収録前、編集メンに「練習してすぐに乗れたらどうしよう」なんて不安がられたが、一発目の練習後に「カイザーさん、本当に乗れるようになりますか?」と不安の意味が変わったのはイイ思い出だ。

練習中、リアル小学生たちに「頑張って」と応援されたのもイイ思い出だ。もし、その小学生が男の子ではなく女の子だったら、結果は色々と変わっていたハズだ。


【ハイテンションクイズ】

私がハイテンションでパチスロに関するクイズを出すという動画。ハイテンション過ぎて、自分でも何を言ったのか覚えていない。ちなみに、これが必勝本男DVDで最初に撮った動画。ここから約4か月間の地獄…もとい、過酷な収録が始まるとは思っていなかった。


【CM】

私が全力でダンシング。実はあの動画…正面、右側、左側、アップで4回撮った。1回目を撮ってこれで終わりかなと思ったら、「次は右側から」。で、三方向から撮って、さすがにもう終わりだろと思ったら「次はアップで」と言われて軽く絶望した。日頃の運動不足が祟って息切れしまくり。ちなみにあの不快なBGMは私が歌った。


【スケベの探求】

まさに役得。女の子の肢体をカメラに納めることができて大満足。


この他にも、飄さんの意外な特技を見ることができた「ジャグラー55ペカバトル」、自分でもビックリのヒキが炸裂した「GOD世界記録チャレンジャー」、そして、必勝本男の名物企画「ドル箱タワー建設計画」などなど、とても濃い内容だった。

「もう一度、必勝本男をやりたいか?」と訊かれたら「二つ返事で引き受けることができない(色々とキツい)」というのが正直な感想…だったが、先日行なわれた『必勝本男DVDトークライブ』で読者さんたちの笑顔を見たら、嫌なことは吹っ飛んで「可能なら、またやりたいね」という気持ちに変わった。

必勝本男の第三弾があるかどうかは判らないが、もしコンビニ等で並ぶことがあったら、是非、手に取ってほしい。勝率アップには全く役に立たないことを約束するぞ。