新生クレアに激しく期待!

シリーズ名
ホールKEN聞録 (毎週金曜日更新)
話数
第24回
著者
KEN蔵
どーも、KEN蔵です!

へいへい! 久しぶりにカープが勝ってジャイアンツが負けたので、ゲーム差は…7.5!

イケる! このままいけば…イケる! 僕はもう9月の予定を空けています。だから目の前で"優勝の瞬間"を観たいな、と。気負うことなく、いつも通り試合すれば大丈夫! 頑張れ、カープ!


そして、パチスロでも頑張ってほしい機種があります。それは来週導入される『スーパープラネットデラックス』と『クレアの秘宝伝 〜眠りの塔と目覚めの石〜』。

スープラ(って略し方でいいのかな?)に関しては、まったく世代ではないので名前を聞いたことがある程度…なのですが、世代の方にとっては楽しみにしていたコンテンツだと思います。なので、ある程度の稼働は見込めるのかな、と。

でも、個人的に期待しているのがクレアのほうなんですよね。前作は、ノーマルタイプに対する反応がイマイチな時期に導入されたにもかかわらず、今もなおバラエティーに設置されるほど息の長い機種になりました。

初期導入台数が少なかったので設定状況に関しては正直厳しかったのですが、それでもスペックが優秀で、看破できるレベルの設定差が小役確率にありましたし。それに、あの秀逸な出目・演出バランスの良さ・テンションの上がるあのBGM…一度は「高設定を1日打ってみたい!」と思った人が多いハズです。


で、今回のクレアはその願いが叶うかもしれない! と僕はそう思っています。今、この業界は打ち手側がノーマルタイプウェルカム。直近で大きな新台導入もないし、初期台数が少なくても先陣を切ってきたノーマルタイプの機種も同様の扱いだったので問題ナシ。

そして、ここまで明らかになっている新生クレアのスペックは…

【ボーナス合算確率】
設定1:1/164.3
設定6:1/116.2

【技術介入込みの機械割】
設定1: 98.6%
設定6:115.2%


これらの数値を見ているだけでもワクワクしますが、ここにおそらく小役確率の設定差であったり、前作にもあった演出による設定示唆であったり…こういった要素が加わると、打ち手側は「高設定を探したい!」って思うハズ。

それに、「高設定を入れればアピールになる!」っていうホールもありそうですしね。そう考えると相乗効果バツグンな台のような気がするんです!

リール制御でも楽しめそうですし、今回からBIG後に必ず30GのRTが付くので、合算確率を考えれば高設定は一撃性、瞬発力も相当なものになりそうです。


あー、コレは本当に楽しみ! 現段階で自分の通う店舗はいずれもクレアが3台以上導入される予定なので、朝イチから高設定狙いで打つ機会が多々ありそうです。

もし、クレアが立ち回りのパートナーに据えられるようなことになれば、ジャグラー・ハナハナ・ハナビ・A-SLOT北斗の拳 将、そしてクレア…同時期に5機種のノーマルタイプが パートナーになるのは僕のパチスロ歴のなかでも初めてのことになります。


ここまでカープの調子が良い要因でもある選手層の厚さ、それはパチスロにも言えること。立ち回りの層を厚くするためにも、クレアには何としても頑張ってもらいたい!

"勝つ"ことを除いても、ノーマルタイプはここまで"楽しめる"ということを世に知らしめてほしいな、と思います。

前作と同様に今作もそれだけの要素は兼ね揃えているハズなので…うん、期待しています! もし、導入後打ったよって方は是非、感想を聞かせてください♪


では、今週も良きパチスロライフを♪