北海道ではレディースコーナーやシルバーコーナーが復活!?

シリーズ名
町民プールで鮪釣り (毎週火曜日更新)
話数
第23回
著者
ラッシー
北海道で道風営法条例の一部が改正されたことで、この6月から北海道内のパチンコ店においていくつかの変化があった。

様々なメディアでこのニュースは取り上げられているので、知っている読者さんもいると思うけど、改正によって芸能人やライター等の来店取材が可能になった。ただ、ここへきて色々とゴタゴタしているようで、今後しばらくはどうなっていくのか不透明な状況のようですけども。

来店取材とかではなくても、動画等の収録などで北海道へ行けるかもしれない、ってちょっと楽しみにしていた部分はあるんですよ。俺は飛行機が苦手なんですけど、新幹線でも行けるようになったしね。

でも飛行機のほうが安いらしいから、仕事である以上は『新幹線で!』って言っても却下されるのでしょうけども…。

そもそも、こういった条例にしても交換率などにしても、同じ商売をしているにもかかわらず、地域によって差があるというのが問題だと思うんだけどねぇ。あっちができるのに、こっちがダメだから…という状況のせいで、抜け道を考える人間が出てくるのだろうし。


話は戻るけど、北海道では来店取材のほかにレディースコーナーやシルバーコーナーを用意することが可能となったらしい(解釈を間違えていたらごめんなさい)。

そういえば、以前はレディースコーナーとかあったよね。あまりパチスロでは浸透しなかったように感じるけど、パチンコでは意外と目にするサービスだったように思う。

とはいえ、既存のお客にしか喜ばれないサービスについては長い目で見てどれほどの効果が期待できるんだろう。たとえばレディース台を高設定にしたところで、そのしわ寄せは他のコーナーに行くだけだし。

それでも競合店から女性客が流れてくればOKと考えるのかもしれないけど、その競合店が同じようなサービスを始めれば共倒れになりかねないわけで。


どちらにせよ、サービスを上手く使いながら集客するのは意外と難しそうですな。

それよりも現在の優先課題は新規顧客の獲得だと思うので、学生や10代の若者向けのサービスコーナーを作ったほうが、もしかしたら効果があるんじゃないかな?

ただ、もともとパチンコ・パチスロを打たない人はそもそもホールに近寄らないわけだから、その告知方法が難しいのかもしれないけども。


それにしても、今年は暑いですな。いや、去年も一昨年も、やっぱり夏は暑かったけど。

あぁ、北海道に行きたいなぁ…。