バーサスを最高に楽しむ最高の打ち方とは!?

シリーズ名
あさってにむかって打て! (毎週水曜日更新)
話数
第21回
著者
「今週は、アタクシから1つお便りをご紹介させてください!」

担当編集・しゃっく(以下、し) 「珍しいパターンですね。僕は別に構いませんけど」

「ありがとう! では、早速…」


バーサスが面白すぎて困っています。今回はぜひ、僕がオススメする打ち方を語らせてください!
(PN:五十嵐亮介)



「「五十嵐亮介って…アンタの本名じゃねえかっ!」

「えへへ。というワケで、今回はバーサスについて少々語ってもいい?」

「「アナタのコラムなんだから好きにすればいいじゃないですか。ったく、回りくどいやり方しおってからに…」

「えへへ。では、早速! アタクシは、通常時は…

[1]左リール上段BAR狙い
[2]左リール下段赤7狙い
[3]左リール上段単独V(チェリー付き)狙い
[4]左リール下段黄V狙い


この4箇所の狙い目を順繰りにロータリー打ちしてまして」

「「ずいぶんと欲張りな打ち方ですね(苦笑)」

「そうなんです、凄く欲張りなんです(笑)。でも、こうすることで、王道の小役ハズレ目などのリーチ目だけでなく、灼アツのスベリまでも欲張りに堪能できちゃうんです」

「「[1]と[3]が小役ハズレ目なのは僕でも分かりますね。[4]は当サイトでも推奨している手順で、こちらも様々なリーチ目が味わえる手順ですよね。ということは[2]がスベリ担当ということですか?」

「ご名答! [2]の手順でアツいのが下段赤7狙いからの4コマスベリ=上段V上段停止で、この時点でスイカorVBIGなので…ここからの1消灯のみは悶絶です♪ その時点で、出目不問でVBIG2確となりますから!」


「「そっか! 1消灯はスイカとリプレイを否定しますもんね」

「そうなんです。しかも、この赤7下段狙いはチェリーの取りこぼしが発生する箇所となりますから、予告音非発生時限定の狙い目となるんですよ。だから、不意に発生するズルスベリを堪能できる、バーサス屈指のサプライズポイントだと、個人的には思っております」

「「じゃあ、予告音発生時は他の3箇所を狙うワケですか?」

「アタクシのなかでは、予告音発生時もロータリーの順番通りに左リールを止める…という、確固たるマイルールがあるのですが、赤7狙いのタイミングで予告音が発生した場合でもそのルールに従ってチェリーを取りこぼしては本末転倒なので、この時だけ中押しをするようにしてるんです。この打ち方はまだ開発途中なんですが、左リールから止めるのとはまた違った面白みが味わえて、いいアクセントになってくれるんですよね♪」

「「ほう、中押しですか。ドコを狙うんですか?」

「いま開発しているのは中段BAR狙いですね。ココを狙えば、3種類の1枚役(同時当選確定役)を最低でも2種類、上手く行けば全種類獲得できるハズなので」

「「さすがは1枚役ハンター(笑)。相変わらず目聡いですな」

「褒め言葉と受け取っておきます(笑)。では、現時点で判明している停止型と対応役法則を、写真付きで解説していきますね」


「まず、最もよく止まるのがこの停止型。こちらは…

チェリーor1枚役A(スイカ・ブランク・7)orREG

…に、なると思われます」

「「思われます…ということは、まだハッキリとは分かってないんですね?」

「まだ1枚役Aを獲得できたことがないんですよ。単にアタクシのヒキが弱いだけなのか…それとも、予告音発生時は1枚役Aが成立していることが少ないのか…詳細は定かではないのですが、この点は追って調査していきたいと思っています」

「「なるほど」

「で、この箇所が停止したら、お次は右リールにの上〜中段付近に赤7を狙って、1枚役がテンパイしなかった場合は左リールにチェリーを狙います。チェリーを否定した場合はREG…となるハズですが、1コマ早かった場合はハズレでも止まるようなので注意してください。なお、1コマ早かった場合は上段BAR停止でチェリー(1枚役もアリ?)となります」

「「なるべく中段に狙うように心がけたいということですね」

「そうですね。その方がフラグの絞込みが容易になります。で、お次はこのパターン」


「こちらもよくお目にかかる停止型となっておりまして、対応役は…

ハズレorチェリー+赤7(or1枚役C?)

です。圧倒的にハズレが多いのですが、右リールに赤7を狙ってテンパイした場合は、いまのところ実戦上、チェリーと赤7の同時当選を確認しております」


「「へえ。じゃあ、右リールを押した途端に大逆転が起きる可能性がある出目にもなってるんですね」

「そう。大して期待せずに右リールを押すから、テンパイした時はマジでケツが浮きますよ(笑)。あと注意点としましては、目押しが1コマ早かった場合はココからスイカが、1コマ遅かった場合は同時当選じゃなくてもチェリーが揃う可能性がありますので、一応左リールは中〜下段あたりに黄Vを狙って、両小役をフォローしておいたほうが無難ですね」

「「なるほど。中リールの目押しに自信がなかった時なんかは、特にケアしておいたほうがよさそうですね」

「そうだね。アタクシも一応毎回フォローしています。慣れればそこまで手間でもないので。ではお次はこちら」


「こちらは、いまのところほぼスイカとなっておりますので、左リールに先ほどの箇所を狙っておけば、右リールは適当打ちでOKです。今後、チェリーの可能性がないことが分かれば、左リールは赤7付近を狙ったほうが目押しはより楽なんですけどね」

「「じゃあ、いまのところは実戦上スイカ1確ですか?」

「いや、ココからスイカを否定した場合はVBIGを確認しております。つまり…

スイカor単独VBIG(or1枚役C?)

という小役ハズレ目となっております。消灯ナシで止まったらスイカの可能性がグッと下がるので激アツですな!」

「「なるほど。消灯の有無でアツさが激変する小役ハズレ目なんですね!」

「その通りでございます! そして最後は…この中押し手順で最大の見せ場となる、この停止型!」


「こちらは、いまのところ実戦上、ボーナス1確となっております!!」

「「おおっ! それはアツい!!」

「いまのところ判明している対応役は…

単独赤7or1枚役B(黄V・赤7・赤7)or(特殊)リプレイ(or1枚役C?)

と、なっております」

「「ちょっと待ってください。普通にリプレイもあるんですよね?」

「あるんですけど…ホラ、予告音が鳴ってるから」

「「あ、そっか。予告音+リプレイはボーナス確定ですもんね(笑)」

「うん(笑)。ちなみに、この停止型が止まったら、右リールの上段に赤7を狙って、赤7が停止したら左リールに3連V狙い。すると…」


「こんな美しい形で1枚役Bを取れます♪ 1枚役Bがハズれた場合は単独赤7確定かと。そして、右リールの時点で赤7を蹴って中段にリプレイがテンパイした場合は、左リールにBAR狙いがオススメ。そうすれば…」


「特殊リプレイをこんな美しい形で入賞させることができます。中段チェリーを止めるとチェリーの払い出し音が鳴る…という開発者の遊び心も同時に堪能できますぞ♪」

「「へぇ〜、コレは止めてみたいなあ」

「…と、長くはなりましたが、コレがアタクシが予告音発生時に楽しんでいる、中押し手順の現時点での概要です」

「「まだ開発途中で分かってないこともある…ということですので、あくまで暫定版…ということですね」

「うん。チェリー+VBIGの時は、BAR中段からチェリーが出るのか、それとも赤7中段からチェリーが出るのか…とかも分かっていないですし、1枚役C(黄V・赤7・ブランク)が、中リールのドコに赤7が止まった時に出るのかも分かってないですからね。ですので、今回は可能性のある停止型すべてに()を付けて付記させて頂きました。こちらは引き続き調査を続ける予定ですので、分かり次第このコラムでご報告させて頂きます!」

「「成立ボーナスが絞り込みやすいのもこの手順のメリットかもしれませんね」

「その通りです。…ただ、どうしても出目が単調になってしまうので、あくまでもアクセントとして、毎回じゃなくてたまに繰り出すのが個人的にはオススメですね。…あ、あと1つ忘れてました」


「こちらは、実戦上ベル1確となっているので、左・右リールともに適当打ちでOKです」

「「たしかにココばっかり止まっていたら、出目が単調になりますわな」

「うん。ただ、ベル確率には設定差がありそうだから、ココばっかり止まるようなら高設定に期待しましょう」

「「ホント、ポジティブなお人や(笑)」