「OLさんの蔑んだ目が痛い」から○○にした理由とは!?

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第28回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。今回は読者さんから寄せられた質問や意見にお答えしていきます!

このテーマで更新したのが半年前なんですけど、そんなに時間が空いたら強烈な数の質問が来ているに違いない…と思いきやそうでもないんですよ〜。今後もこのような機会を設けますので、質問等はお気軽にお寄せ下さいね! 回答しないとか無視するなんてことはありませんので。

ちなみに、今回はこのコラム経由だけではなく、ツイッターやブログに寄せられた質問も含めて掲載しています。それからお名前が記載されていない方も多かったので、基本的に質問のみ掲載させていただいてます。また、読みやすくするために文章を一部編集しているものもございます。予めご了承ください。

では、張り切っていきましょう!!



こんにちは! 昨年末に験担ぎの愚痴を送らせて頂いた者ですが、タイガーさん、6月16日に東京都の某ホールに来られましたか?


間違いなくそのホールで打ってました(笑)。雑誌「パチンコオリジナル必勝法」の誌面企画で東京で実戦していたんですよね。

これは余談ですが、実は俺が読者さんに声を掛けてもらうのは大阪以外が多いんです。大阪だと『荒らしに来たのか!!』的な気持ちが強いのかなと感じるので、こちらもつつましく稼働しています。そのせいで誰も気付かないのかもしれませんが。

自分はよく「怖そう」「話しかけにくい」とか言われるんですが、実は全然そんなことはないです。これからは、府外に出たら『声を掛けて下さい!』オーラを放つようにしますので、今度見付けた時は声をかけて下さいね!!



たいがーさんのコラムを読んでいたら野生の王国を打ちたいという願望が出てきました。次の休みに覗きにいきます!


このコラムを読んでその台を打ちたくなってもらえるというのはライター冥利に尽きます。打った感想なども頂ければコラムでも触れていきますので、これからも遠慮なく感想を送って下さいね。



お昼ごはんを食べずに打つことが多いようですが、ダイエットかな? それとも休憩時間が少ないからゆっくり食べられないのかな? ちなみに好きな食べ物はありますか?


このコラムの実戦日に充てている月曜は、梅田巡回をしてからいつものホールへ向かうという流れ。そのため合間にランチを摂りやすいのですが、それ以外は食べないことも多いです。つまり、ダイエットをしているわけではなく、ゆっくり食べる時間がないというだけなんですよね。

ちなみに、時間に余裕がある時はこんな感じです。



なんだかお子さまメニューみたいですけど(笑)、ハンバーグとエビフライについては、必ずどちらかは毎週食べるくらいの大好物! ファミレスにはこの2つがセットになっている場合がありますが、俺にとっては究極のセットメニューと言えます!

最近のホールの食事休憩って30分〜45分が多いですよね? 30分だと移動や料理が出てくるまでの時間を考えると全然余裕がないので、そういう場合は、カレーみたいなすぐ出来あがってさっと食べられるものを選んでいます。身体のことを考えると軽くでも何か食べるべきだとは思うんですよね。


たいがーさんはいつもスーツ着用のようですが、なぜスーツでパチンコを打つのでしょう?


これ、たまに聞かれるんですが、若い頃はラフな格好で稼働していました。実際、動きやすいしリラックス度が違いますからね。それなのになぜ今のスタイルになったのか…。

あれは1996年頃だったと思います。当時の大阪は「ラッキーナンバー制」というシステムがあって、今のようにどの台も無条件で終日持玉遊技ができるという状況ではなかったんです。

例えば海物語なら、奇数図柄(確変)で当たった場合は続けて出玉で打てるけど、偶数図柄で大当たりした場合は一旦玉を流さないといけない。そしてまた現金投資から始めるわけです。

ちなみに、確変で当たったとしても、通常時に偶数図柄で当たってしまった場合はその時点で持玉遊技の権利がなくなるので、この場合も次は現金投資となります。もちろん等価交換ではないので、仮に回る台だったとしても現金投資が嵩めば勝てません。

そんな厳しいルールの中、ホール側が「無制限札」を登場させました。この神のような札さえ持っていれば、勝てる可能性が非常に高くなるわけです。

ちなみに、この札をゲットする条件は「開店から1時間以内になんでもええから大当たりさせる」というもの。そんなことから当時のプロ連中は開店1時間前からホールに並び、開店後の1時間に全精力を傾けていました。そんな時代があったのです。


当然、俺もその並びに混じっていたのですが…

『通勤途中のOLさんらの視線が痛い。その蔑んだ視線をやめて…』

並びながらいつもこう思っていました。

そこで俺は、『会社員のフリ作戦』を思い付いたのです。いかにもなカバンを抱え、当日のスケジュールを確認するがごとく手帳を開いたりしてサボリーマンのフリをしていました。

当初は通勤の人に対するカモフラージュでしかなかったんですが、これを徹底していくとホールからのマークが少なくなったばかりか、プロ連中からの嫌がらせが格段に減少したんです。それでいつしかこのスタイルが定着しました。たまに常連のおばちゃんから「仕事、サボってばかりしたらあかんよ」というお叱りを頂戴しますけどね(笑)。



最近、桃鉄がお気に入りのようですが、あの台は沖海3と比較してどうですか? たいがーさん的に食える機種?


ズバリ答えます! はっきり言って厳しい台ですわ! 出玉が沖海より桃鉄の方が少ないので、多少回りが良いくらいなら沖海に軍配が上がると思います。

ちなみに、俺の通うホールは3.3円交換なんですが、これに出玉削りと時短の玉増えなども勘案すると…

沖海3→19回
桃鉄→22回

自分の中ではこれをボーダーラインにしています。要は桃鉄の方がカラいわけです。そういうことなので、仮にどちらも同じ回転率だとしたら、沖海の方が期待値が高くなるのは分かりますよね?

最近導入される機械は昔よりボーダーが高くなっている傾向が強いので、『結構回る!』と思っても注意が必要です。ちなみに、ゲージ全体も沖海の方が良いと思います!



誕生日に載せていた貯金箱の写真、笑いました。真似しようと思います。なぜ始めたかとか詳しく教えて欲しいです。


Twitterでアップしたこれですね。


毎日稼働する中で、勝った日は500円玉を、そして負けた日は100円玉を入れて一年間貯めています。で、コレは毎年の恒例行事なんですが、誕生日に全部出してこのお金でお祝いしているんです。


金額は10万円以上になるので一日で使い切ることはないですが、これで高級なお酒だったり料理だったりをしばらく楽しんでいます。

ちなみにこれは、そもそもが自分と家族へのご褒美という趣旨なので、何かを買いたいというはっきりした目的がある場合は別に少しずつ貯金します。あくまで「一年間元気に稼働できた」ということに対するお祝いという趣旨ですね。



いつもコラムを拝読し、喜怒哀楽が伝わってくると感じています。楽しい時は良いのですが、なかなか当たらない時はイライラしますよね? 激アツハズレなどは台に馬鹿にされたようで苛立ちます。たいがーさんはどうやってメンタルを維持されていますか?

また態度の悪い客(台パンやボタン強打など)も私はイライラします。そういう時はどう対処しますか?



俺も激アツ演出を出しといて大ハズレとか大嫌いです(笑)。そういう部分もパチンコの楽しみ方のひとつと分かってはいますが…


個人的にはこういうプレミアや法則崩れといった「大当たり濃厚」というのがツボ。

でも、弱い演出で大当たりするのもまたパチンコの面白さなので、大ハマリさえしなければ良しとしています。それに、演出の煽りにはそこそこ耐性がついたと感じてますし。

それから態度の悪い客についてですが、俺は直接文句を言うようなことは一切しません。客同士で揉めたりしたら双方が出入り禁止になる可能性もあるので、俺はあまりに酷い場合はホールスタッフに告げています。たいがい上手に対応してくれますよ。



ということで、今回はこの辺で。読者さんの声には常に耳を傾けていきたいと思いますので、いつでもお気軽にご意見ご感想お寄せ下さい。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!