パチンコ DD北斗の拳 止め打ち・セグ

シリーズ名
for expert (不定期更新)
話数
第43回
著者
きしめん
今週の攻略機種はパチンコCR DD北斗の拳(高尾)です。『DD北斗の拳』は月刊コミックゼノンで連載されているマンガで、過去に2度アニメ化されている人気作品。作品名から分かるように、大ヒットマンガ「北斗の拳」をベースとした作品ですが、DD北斗はギャグマンガなので世界観やキャラの性格などは原作とは大きく違うようです。

スペックは潜伏や小当たり非搭載のV確変STタイプ。ST連チャン率は約65%と低めですが、ST終了後は64回転の時短に移行するので、トータル連チャン率は約71%となっています。電チュー入賞時は60%が払い出し2400個の16Rなので、一撃での大量出玉獲得も十分可能でしょう。



【電サポ中の止め打ち】

●電チュー性能

・賞球数…1個
・開放パターン…1種類(1回開放)
・小デジ変動秒数…1種類
・カウント数…なし



開放パターンは1回開放の1パターンと非常にシンプル。開放時間は極端に長くも短くもなく、玉が最大で3個入賞するくらいの長さとなっています。ちなみに、電チューの右上に1ヶ所だけこぼしがあるので、念のため打つ前にチェックしておきましょう。


◆止め打ち手順

[パターン1]
電チューが閉じたら2個打つ

[パターン2]
電チューが閉じると同時に3個打つ


開放パターンがシンプルなので止め打ち手順は非常に簡単です。電チューの開放時間が長くないため、ムダ玉が出にくい[パターン1]の2個打ちがベスト。ただ、これだと小デジタルの保留が途切れてしまう可能性があるので、スルー周辺の調整が厳しい場合は[パターン2]の3個打ちで対処しましょう。

ちなみに電サポ中の消化スピードはそこまで早くはないため、2個打ちでも時間効率が損なわれる心配はありません。



【アタッカーのオーバー入賞狙い】

●アタッカー性能

・賞球数…どちらも15個
・カウント数…どちらも10カウント
・センサー感知…どちらもやや早め



上下が交互に開放する零(REI)アタッカーを搭載。このアタッカーはラウンド間のムダ玉が発生しづらく、打ちっぱなしで生じるムダ玉は1Rで0〜1個となっています。ただし、どちらもセンサー感知が早いので、オーバー入賞はあまり期待できません。


◆止め打ち手順

[手順1]
9個入賞したら打ち出しを停止(どちらも5〜6個目入賞を目安に打ち出しを停止)

[手順2]
10個目を弱めに打ち出し、11個目を強めに打ち出す



天井部分に大きな段差が存在。段差の頂点に玉をひっかけるように調整すれば弱め打ちも可能で、成功した場合にはオーバー入賞率がアップします。

…とはいえ、オーバー入賞率が劇的にアップすることはありません。ただ、失敗しても11個目の打ち出しが次のラウンドの1個目となってムダにならないことも多いので、成功率が多少低くても実践する価値はあると思います。