大当たり確率は数ヵ月稼働して、ようやく確率通りに落ち着く

シリーズ名
現役ホールマネージャーだけど、なんか聞きたいことある? (毎週日曜日更新)
話数
第18回
著者
アタマキタ
今回もさっそく本題に入っていくぞ!


【まぁくん24さんの質問】
MAX規制後に出た新基準機なんですが、北○無双やガン○ムや逆○裁判などなど、確率の割にはハマリがひどく、それこそ旧MAX機と変わりないように思います。抽選の仕様が変わっている…なんてことはないですよね? たまたまでしょうけど、1000回オーバーのハマリをよく見かけるので、気になりました。


【回答】
大当たり確率などはすぐに収束することはないが、数ヶ月使っている台を見ると、パチンコはほぼメーカー発表値近辺に落ち着くものだ。逆に言えば、そこまでしてやっと落ち着く程度なのだから、一般プレイヤーが自分の打つ範囲で確率がその辺りに収まるなんていうことは…まぁ難しいだろう。

もしも今の機械が辛いと感じるのであれば、大当たり確率が高くなったことによって出玉感が落ちてきていること、一般入賞口と言われる部分に玉が入りやすくなったおかげで1回の出玉が抑えられていること、そして継続率が下がっていることなどが影響してるんじゃないかな。

ただし1000回転オーバーのハマリについては、確率の3倍程度なので、打っている人からすればたまったもんじゃないだろうが、ありえない…という程ではないんだよな。というか、よくあることなので、みんなもアツくなり過ぎないようにな。



【北国育ちさんの質問】
パチンコパチスロライターの人は自分は自腹だ! って自腹アピールをうるさいくらいしますが、本当は違うんですよね? それとテレビ番組で閉店時に設定を教えてもらってるのをよく見ますが、それがありなら僕らだって閉店時とか次の日とかに教えてもらえるはずですよね?


【回答】
軍資金については様々。本当に自腹でやっている者もいれば、編集部や会社からお金をもらって打って、勝っても負けても全額返す場合などもあるようだ。ただそれはホールが関わっていることではないので、本当のところは良く分からない。

ただ、どう考えても死ぬほど負けるような仕事でないなら、楽しもうと思ったら自腹でやるんじゃないか? ま、単に仕事としか思っていないようなタレントみたいな人は、自腹でなど打ちたくないだろうけど。


もう1つの質問、閉店後の設定公開だが、これは基本的にお客様に見せるのはNGになる。もしこのことで高設定台があるということを明示することになれば、お客様の射幸心を煽ってしまう行為になりかねないからだ。昔は公開もアリだったのだが、それがなくなったのも、射幸心を煽るということに尽きる。

ただ確かに、取材などで閉店後に設定を教える場合はあるよな。要は、それをOKと判断している根拠は、一般ユーザー向けに射幸心を煽っているわけではない…と認識しているからに過ぎない。バラエティの仕掛けというか演出というかネタばらしというか、その延長線上としての認識ということになるのだろう。

釈然とはしないかもしれないが、特別な場合のみ教えるものであって、常に教えるわけではないのだ。ちょっと面倒なルールだし、不公平感はあるかもしれないな。

結局のところ、一般プレイヤーに対して設定公開することが『絶対に射幸心を煽ることにはならない!』と断言できるような店なら勝手に公開すればよい。つまりはそういうことだろう。誰かが禁止しているわけではないってことだ。



【ポン太さんの質問】
設定発表は射幸心を煽るため禁止となっているとありますが、msのチェックシートを思い切ってそのまま掲示するのはまずいのでしょうか? 実際の差玉、アウト、セーフ、1000円スタート、ベース、T1Y、設定などを分かりやすく掲示することが射幸心を煽ることになるのでしょうか?

それと、粗利率を開示するとか、酷いとこでは粗利40%以上取る店も多く見受けられます。適正な粗利率で運営されている店を選ぶ権利はあるのではないかと思います。


【回答】
ポン太さんはホール関係者でしょうかね? ちょっと専門用語が多いので一般の方には分かりにくいかもしれないな。

要はホールコンから分かる全データ(スロットであれば設定だし、パチンコであればボーダーを算出するために必要となる要素)を、何かしらの意図を含まないようにそのまんま、単なる結果として全てを公開してしまえってことなんだろう。各台に設置されているデータ表示器の延長って感じだろうな。

ただ…情報開示に関しては地域差が大きいのだが、たとえ事実情報の開示にしても、この案件だと極めて黒に近いグレーということになりそうだな。


差玉や1000円あたりの回転数、大当たり1回の出玉や通常時および確変時の玉持ちなど、きちんと営業しているホールほど情報を出したいと思っているはずだ。クソホールのそれと比べれば違いは一目瞭然だし、それを突きつければどんな煽り文句より強力だろう。ま、オカルト全開で付け入る隙がないお客さんには意味はないだろうが(笑)。

それはともかく、そもそもある行為が「射幸心を煽る」かどうかというのは、情報を開示した側の感性で決めることではないってことなんだよな。受け取った相手がどう思うか? というのが全てだ。1つ前の質問と似た話になるが、現状は何か厳格なルールがあるわけではないんだ。

たとえば、いつもなら5000円しか打たない客が、店のデータを見たとしよう。すると他店より回っていることが分かったため、それを根拠に粘ったら大負けした…という場合。そんなものは自己責任以外の何物でもないわけだが、もしデータが公開されていなければ打たなかったということになれば、そのデータに煽られた、つまり射幸心を煽られたということになる。負けたというのであれば、余計にその気持ちが強くなるかもしれない。

そんな事例ですらグレーなら何もできない! と思うかもしれないが、現状で求められているコンプライアンスというのは、そういうことなのだ。というわけで、質問の回答としては、グレーである…としか言いようがない。データを保持しているナンバーランプを廃止し、その代わりに毎日全台の結果を紙ベースで表示する…とかだったら、「各台表示器の代わりです!」ってことで、もしかしたらいけるのかもしれないけどね。


というわけで今回はこの辺で! 質問もどんどんお待ちしております!



質問を送る