低かったテンションがバリバリになった理由とは?

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第23回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

先月に続き、またまた東京遠征をしてきました。今回も14日から17日という先月と全く同じ日付で、誌面企画の実戦に。その結果は来月7日発売のパチンコオリジナル必勝法スペシャルにて掲載されますので、ぜひご購読下さいませ!

そんなわけで、大阪での稼働はまるっと1週間ぶりです。大阪と東京ではホール環境が異なっていたので、今日1日で大阪での感覚を取り戻すことが出来るかどうかが、本日のポイントかなって思っています!


2016年06月20日(月)

今日の大阪、めちゃんこ蒸し暑いです。東京も暑かったのですが、湿度は大阪の方が高いんじゃないでしょうか。

とにかくいつもの梅田巡回を始めたものの、1店舗目に到着した時点で汗ダラダラ状態になっていました。

『もうランチ食って、いつものホールに移動しよかな…』

ついつい弱気の虫が…。というのも毎週毎週巡回していても特に大きな変化がないんですよ。極端な言い方をすると「もう飽きた」というのが本音です。

あと、時々巡回中に昔から顔馴染みの専業さんに遭遇して「最近、どこそこのホールが良い感じ」といった情報交換もしていたのですが、ここ最近は見かけることすらないので、もしかしたら廃業されたのかなっと思うと寂しい気持ちになります。


いずれにせよ、俺はいつものスタイルだけは崩さずにこの稼業を続けていかなければ生きていけないので、つべこべ言わずに今日も元気に巡回チェック。

すると、今回は収穫がありました。それは…

『巨人の星の扱い方がホールによって極端に違ったな。既に回収モードバリバリのところもあるのに、やたらと甘い調整をしているホールもある。あと、海物語シリーズの客付きはどこもいい。やっぱり夏を控えてなんかなあ。沖海にしてもJAPANにしても常連さんがしっかり根付いてるわ。こういう常連さんらの期待を裏切らないホールの姿勢は立派やと思うな』

こんなことを考えながら、いつもよりちょっとだけリッチなランチを。そしてあまりの暑さにメゲて、今日は近場のホールで稼働することに決めたのです。

が、いざホールに入るとヘソの開き具合がどの台も足りない雰囲気だったので、結局はいつものホールに向かうという大幅なタイムロス。ホールに到着したのは13時を過ぎていました。


『あかんなあ。今日は打つ前からブレとる。ブレブレやんけ…』

そんな低いテンションで台に向かってもロクなことがありません。なので、ここはいつもより念入りに釘をチェックすることにしました。定番の海物語を始め、牙狼、北斗無双などを見て廻り、新台も野生の王国から着信アリやジョーまでじっくりとチェック。そして先週に比べてヘソが明らかに開いたと感じた着信アリに着席しました。

『なるほど。10連して即ヤメしたんか…。連した後はハマるという概念の持ち主が打ってたんやろな。おかげでこんな時間にええ台をゲット出来たわ』

データを見ると初回に2連して、その後10連チャンして即ヤメしていました。このホールの常連さんは連チャン後に即ヤメする人がとても多いので、いい台でも空くんですよね。そこがこのホールを気に入っているポイントの1つでもあります。


早速打ち出したところ、なんと最初の500円で20回の試行。それなら1000円で40回試行出来るのかというと大きな間違いで、次の500円では9回転でした。それでも回転率は高いところを維持出来ると踏んだので機嫌よくブン回すことに。

すると投資3000円、88回転目に緊急特番リーチで大当たり。しかも通常大当たりながらその時短で引き戻すという実に良い展開に。

『こりゃ今日は余裕で勝ちやな。しかしなんでこの台だけがっつりとヘソを開けたんやろ?』

でも、回るに越したことはないですからね。せっかくSTに入ったし1回くらいは当てるぞ、と機嫌良く打っていたのですが、なんとそのまま華麗にSTをスルーしてしまいました。


が、ST終了後8回転ですぐさま大当たり。アツいリーチが掛かった時点で、こいつは当たればST突入が確定していたので全力で演出に見入っていました。

ここで、なぜST突入確定とわかっていたのかですが、これは盤面左下に配置されているランプ表示を見て判断できます。同社のZETTMANでは液晶に表示される保留がヘソ抽選と電サポ抽選で違っていたので分かりやすかったのですが、本機はその違いが無いので、俺はアツい演出展開に入ったらこのランプを見て今どっちで抽選されているかを見ています。


『おっしゃ当たった!』

と、これだけでも十分なのに…。


今日はなんだかイケそうな気がしてきました! と、ちょっと気持ちに余裕をもっていたら…


若干物足りない結果。それでも高い回転率だけを頼りにひたすらブン回すぞと続けます。


そして次の大当たりはST回数含めた130回転目。こいつも運よく電サポ保留だったので今度こそと意気込みました。

しかし結果は、


『ま〜た3連止まりかあっ! この台、3連ストッパーでも付いてるんかっ!』

こんなことを愚痴ったら全国のパチンコファンに叱られますね。STスルーせんだけでも有難いと思わなくっちゃ(笑)。


そして次は早いところの62回転目に大当たり。これは残念ながら単発で時短もスルーでしたが、電サポを抜けてすぐの76回転でST突入大当たりをゲットしました!

『よおしっ! 今度こそ2桁連チャンしてやるっ! いや、せめて5連を…』

とにかく「3連の壁」をぶち破ったら俺的には連チャンモードに入るんやと勝手に思い込んでいます!

でもまたも結果は…


『この台、絶対ストッパーが付いてるわ…。くっそ〜、絶対にこの3連の壁を超えてやるっ!』

梅田巡回時には低かったテンションがバリバリになってますやん。ここまでを振り返っても良い展開。これに文句を言うてたらあきませんな。椅子に座り直して姿勢を正し、また次の当たりを目指してひたすらブン回します。


ところが、俺の気持ちなんて関係ないよとばかりに、急に台が静かになってきました。

『あ〜、ここにきてスランプの波が来たか〜』

試行回数は200回を超え、少々イラつきモード。そんなところに、本機最恐リーチともいえるこの演出が発生しました。


これはめっちゃ期待…いや、大当たりを確信していたのに、

『ふ〜ん、これがハズレ画面か…』

初めてハズれるところを見ましたわ。そしてその後も淡々と試行回数を重ねるだけの作業を続行します。


せっかくの持玉も遂に全滅してしまい、なかなか当たらない台に延々と金を入れ続けていたら、俺のところに女神? が手を差し伸べてきました。

「にいちゃん、アメ食べ」

見ると常連のおばさまの手にアメちゃんが。そのアメちゃんを有難く口に放り込みまだまだ金を入れ続ける俺に、今度こその大チャンスがやって来ました!


バリ4ですっ! こいつもハズしたことがないので今度こそ大当たりやと思って安心していました。

ところがっ!

「…」

ハズれましたやん! なんかカメラを構えてて恥ずかしくなったのでこんなおキャンな自撮りをしてしまいました。


お食事中の読者さんにはほんと申し訳ありません!


と、ここで異変が…。なぜか隣人の肩が猛烈に震えています。いったいどうしたんだろとそちらに顔を向けると、その人と目が合ってしまいました。

『ごめん! 決しておかしな人じゃないですからっ!』

どうやらその隣人、さっきの自撮り行為の一部始終を見ていたようで、必死に笑いを堪えていはります。その涙ぐんだ潤んだ瞳を見て俺は猛烈にこっ恥ずかしくなりました。

だって既に試行回数は400回を超えていますからね。俺がその隣人なら『あまりにも当たらないもんで、画面の演出にある飴玉を自分で出しとる』と本気でバカにしていると思います(笑)。


そしてやっと訪れた大当たり回転数はこちら!


そしてまたもや超えられない壁!


…もうええですわ。


そんな気持ちになりながらも持玉尽きるまで打ち続けることを決意。するとその後、単発を経て遂に超えられない壁を乗り越える時が来たのです。


たった1回だけ連が伸びただけですけどね(泣)。なんだか複雑な心境。それでも壁を超えたことで、ここから一気に波に乗ることが出来ると思い打っていたものの、結果は持玉全滅で敢え無く撤収となりました。


しかし実に悔しい展開でした。あの450回ものハマリがなければ…。この気持ち、パチンカーなら分かって頂けるのではないでしょうか。この悔しさを酒の力を借りて忘れることもあれば、明日のために今日の屈辱に耐えるという人もいらっしゃるかと思います。

で、今日の俺はというと…。さっきのアメちゃんを出しそうな写真をツイッターにアップして憂さ晴らし。このコラムの読者さんらを中心にめっちゃウケたんで、少し気が晴れました。社交辞令でも嬉しかったです。ありがとうございました!


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CR着信アリ FPWZ】
大当たり回数…23回
稼働時間…13:15〜20:00
投資…8500円
回収…0円
収支…-8500円