薄着になって最終的に全裸になった瞬間、『自粛』がバーン

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第26回
著者
運留
パチンコ界を代表する女の子キャラクターといえば、みなさん誰を想像します?

SANKYOの夢夢ちゃん? 新台の夢福神でもドットで大活躍している元祖オリジナルキャラクターですな。初代Fパワフルでは朝イチ開店待ちの店内から「サンキョーで〜す! よろしくね〜」なんてデモ画面で夢夢ちゃんが大声で喋る声が響いておりました。アレ、頭から離れないんですよね〜。

三洋のマリンちゃん? 海シリーズを初代から支える元気ハツラツ娘。その昔、キャバクラの女の子が「パチンコは打たないけどマリンちゃんは知っている」と話していた事を思い出します。パチンコオリジナルのキャラなのにパチンコを打たない人まで知っているってどんだけの存在感よ、ねぇ。

そしてもう1人、オリジナル女の子キャラで忘れちゃならない娘がニューギンの『すももちゃん』。初登場は3回権利モノのミルキーバーでした。ツインテールと大きな瞳が印象的ですが、何より目を引くのがそのスタイル。おっぱいドーン! くびれがキュキュッ! お尻がボヨーン! と、絵に描いたような(いや、絵なんですけどね)スタイルの良さ。大当たり中はドンドン薄着になって、最終的に全裸になった瞬間に『自粛』って文字がバーンと出る、このチープ感というかアホらしさがヒッジョーにパチンコっぽくて好きでした。


今回打ってきた『それゆけ野生の王国』でも、すももちゃんが元気に登場しております。


見た目は今風の可愛らしいデフォルメキャラになっていて、まさかこの娘がすっぽんぽんで『自粛』なんて事をやっていたかと思うと、何だか変な気持ちになってきますな。

ただ、ね。この機種、ミルキーバーの頃のチープさというかアホらしさというかユルさ加減がイイ意味で継承されていて、パチンコってこんな感じもイイよな〜、と思わせてくれる作りになっているんです。

そもそも横スクロールの動物モノで群が出てくるから、あの機種っぽいシンプルな作りなのかと思いきや、毎回転何かが起こる賑やかな演出。保留変化も青の隣が点滅、1個飛ばして今度は緑、な〜んて感じで8個保留の中で何個も保留が変わるってな具合。

さらには左からドンブラコと流れてきた桃に保留のワニがパクッと食いついて変化したり、ピー助という鳥のキャラがポコポコハンマーでワニをドツいて変化したりと、保留変化ひとつとってもユルさ満載の演出なんです。


また、このピー助という鳥のキャラ、実は宇宙人という設定らしく激アツのストーリーリーチのひとつに『ピー助宇宙へ帰る』というものもある。さらにUFO擬似連という演出でもピー助がUFOに乗って登場し図柄に稲妻を落とすんですが、その時はピー助が昭和の名曲の振付け風にUFOに乗っています。

いいねいいね。ピー助が宇宙人という設定もイイし、UFOの動きもイイ。まさしくザ・パチンコって感じの演出です。


すももちゃんも、もちろんユル〜く大活躍。例えば森のくまさん連続予告では、童謡の『森のくまさん』が1番から流れ出し、3番まで続けば大チャンスというもの。ワタシの様なイイ歳こいたおっさんが『森のくまさん』を聞いてるという、シュールな風景になってしまう演出である。

液晶では絵本風のすももちゃんがクマ出没注意の看板を横目に森を歩いているとクマに出会う。逃げ出すすももちゃんを、落とし物を拾ったクマが追いかけてきて、最後はみんなで踊り出すという一連の流れ。


ラララ、ランランランランラ〜ン♪ つって最後は思わず微笑んでしまうようなユルさ加減が大好きです。


確変中はみんなでお祭り。


中でも灼熱盆踊りリーチは期待度も80%近いし、ミドルなら当たれば確変というまさに灼熱な演出。まずもって図柄の動物たちが盆踊りを始めるというだけでもユルユルでイイのだが、


最終あおりで叩いていた太鼓に頭をつっこんじゃうとハズレというのもベタで、何だか許せちゃうんです。


他にもカバボーナスだとかキッズボーナスチャレンジだとか、出てくる演出全てが突っ込みどころになっている1台なんです。

すももちゃんの見た目は随分と変わったけれど、何だかハズレでもユルせちゃう様なユル〜い演出のこのマシン。カッコいいのが一番だぜ! 的な風潮の中、それでもパチンコって遊んでナンボでしょ!? って主張しているようで、おじさん最近すっかりお気に入りです。ラララランランランランラ〜ンつってアホな顔で打っています。