ニューギンの公式サイトでオリジナルQUOカードGET!?

シリーズ名
回胴皇帝的必勝塾ドッカーン (毎週木曜日更新)
話数
第19回
著者
スロカイザー
最近、私はオンラインショップでの買い物にハマっている。

オンラインショップの魅力はもちろんワンクリックで買い物ができるという利便性。デブ症で出不精な私にとって、マウスをカチカチするだけで商品が家に届くというのは奇跡や魔法そのものだ。

また、それだけでなく、サイトには必ず検索機能があるので探す手間が省けてラクチン。発売されてから時間が経ち、もう店舗では置いていないモノでも購入できる在庫の豊富さには頭が上がらない。


発売されたのが10年ぐらい前(?)で、一度購入したけれど棚から落として破損させてしまったフィギュア。買い直したくても、もうどこにも売っていなかったので諦めていたのだが、先日Amazonで発見して迷わずクリックした。


そして、忘れてはいけないのがオンラインショップ限定商品の存在だ。


サイコ・ガンダムの食玩(食玩といってもガムが3つ入っているだけ)。

「好きなガンダムは何?」と訊かれたら、サイコ・ガンダムの名を上げる私には魅力的過ぎるフィギュア。サイコ・ガンダムMk-IIのフィギュアも予約購入しているので(9月発送予定)、今から家に届くのが待ち遠しい。



パックマンの財布とカードケースとボディバッグ。

パックマンに特別な思い入れがあるわけではないが、柄に一目惚れして購入。めっちゃお気に入りで愛用している。


最近はパチスロメーカーもオンラインショップを展開しており、ユニバが運営している「ユニマーケット」では、やじきたの抱き枕カバーやブランケット、ハーデスのiPhone背面シールなどを購入し、平和・オリンピアが運営している「キュイン萌ーる」では戦国乙女グッズの数々を購入した。

最初はオンラインショップの安全性に対して不安で抵抗があったが、慣れてしまえばこれほど便利なものはない。欠点があるとするなら、買い物をしすぎてしまうことか。

さて、このようにインターネットの普及により物販に革命が起きたのだが、皆も知っての通りパチスロ業界にも大きな影響を与えた。その最たる例が、


キャラクター人気投票だ。

昔、人気投票といったらハガキを書いてコツコツと頑張るものだったが、今ではマウスをカチカチするだけで投票ができる。現在、ニューギンの公式サイトでは「真田純勇士ラブストライク」の人気投票が行なわれており(6月20日〜7月17日まで)、ここでは「投票する」をクリックし続ければ、


一度に1000票以上入れることも可能だ。ただ、この手のインターネット投票は"遊ばれる"ことが多くて、某超次元サッカーアニメでは不人気キャラが1位になったり、某人魚系パチスロではアンコウが1位になったりしたので一長一短か。

ちなみに、この人気投票では…


オリジナルQUOカードの抽選(1日7名当選)も行なわれているので、クリックが捗るというものだ。私は1日3時間近くクリックし続けているのだが、いまだに当選することなく…


投票後には、いつものハズレ画面が表示される。まだまだチャンスがあるので、是が非でもゲットしたいと思うのだが、ライバルが多すぎてこの願いが叶うかどうか不安。


で、投票をし続けているうちにスロッターの悪い癖が発動。これってどういう抽選方式なのだろうかと疑問に感じた。まず考えられるのは…

「純粋に一定確率で抽選」

なのだが、それだと、早い時間で7人当選するor全然当選しない、という偏りが発生すると思うのだが、自分の見た限りではそういうことは目撃していない。となると、次に考えられるのは…

「規定投票数到達で当選」
「規定投票回数で当選」

ただ、一度に何千、何万票を入れることができるという投票システムを考えると前者の可能性は低いだろう。もし、後者ならPCの前に張り付いて1日中クリックし続ければ当選率がアップするハズだ。

あと、ちょっと気掛かりなこともある。現在の当選者数はサイト上で確認できるのだが、


ここの数字が変化するタイミングに癖があるような気がする。常に確認しているわけではないので、憶測の領域から脱しないのだが…「時間」が重要なのではないか、そんな気もする。例えば、当選時間を予め設定しておいて、当選時間到達→最初に投票した人がゲットする…そんな流れだ。

この他にも、多種多様な抽選方法が思いつく。

自分はプログラムに詳しくないので、そもそもどういう抽選方法が可能なのか、どういう抽選方法が一般的なのかわからない。故に、あらゆる可能性を考えて当選率を上げるために色々なタイミングでクリックをしている。無意味かもしれないが、オカルトじみているかもしれないが色々なタイミング・方法でクリックをしている。

果たして、私の努力(?)は報われるのだろうか。