ST中の通常当たりはナシ?アリ?

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第25回
著者
運留
パチンコ屋さんの向かいにある1000円床屋で散髪中、理容師の親父さんと世間話をしていました。

なんでもチェーン展開しているそのお店では理容師さんが人手不足とのことで、親父さんは何店舗かを掛け持ちでヘルプに入っているらしいんです。ちょいと前まで就職難と言われていたのに今や人手不足、不思議なこっちゃね、わて体持ちませ〜ん。な〜んて話をしておりました。

そういえば、パチンコ屋さんも最近はバイトの人たちがなかなか集まらないらしい。昔は時給がズバ抜けて良かった印象で学生なんかみんな食いついていたけど、今じゃ他の仕事でも時給はイイし、そもそも若者がキツい仕事と思ってるんですかね。仕事は何でもキツいもんなのにね。


なんつっていると「お客さんパチンコ関係の仕事かね」なんて話は広がるわけですな。5月は新台入替がなかったみたいだけど、アレって震災の影響だったりするのかい? なんつって尋ねる親父さん。なるほど、5月に新台入替がなかった理由って世間一般ではそういう風にとらえられる事もあるんだ〜、と気付くワタシ。

いや、そもそもパチンコ台の入替ってのは警察の認可が必要でしてね、5月は伊勢志摩サミットがあった影響で警察の人たちはその警備やらテロ対策なんかで忙しくなるわけですよ。ならば、そもそも新台入替をなくして、警察の人たちにはそっちの業務に専念してもらおうという事なんですよ。

はは〜ん、風が吹けば桶屋が儲かるみたいな話だな。うちの会社も見習って、チェーン店の数、減らせばイイんだよな。なんつって、やっぱり親父さんは人手不足が相当体に堪えている様子でした。


「サミットが始まりゃ新台がなくなる」な時期が終わり、ただいまホールには続々と新台が登場しております。

MAX規制だとか継続率65%規制だとかで、一体パチンコはどーなるの? とやきもきしていた人も多かったけれども、打ってみるとそんな心配はどこへやら。全部が全部じゃないけれど、意外にヤレそうな機種が多い気がします。


例えば巨人の星。突入率50%で200回転STなのはイイけれど、電サポ中に通常当たりがあるってどーなのよ? ガロで考えたら絶対ナシでしょ!? なんて思ってました。

だが、しかし、これがなかなかにウマい仕掛けがあって、一度4連くらいすると『アリ』になってくるんです。ST中に通常当たりの可能性があるのは対決リーチの敗北だけ、というのがその仕掛け。おかげでST中がヒジョーに楽しくなります。

例えばキャラクターリーチやストーリーリーチなんかは期待度は低いんだけど、


たまにバスンと当たってくれます。もちろん対決リーチじゃないので確変当たり。思わずケツが浮いちゃいます。

さらに、対決リーチには引き分けがナイので、発展した時点で何らかの当たりが濃厚というのもイイ所。

STも残り50回転切ってきた、アワワ、ヤバいわ、なんて時にいきなり対決リーチに発展すればとりあえずは安心できるわけで、後は対戦相手を打ちとれば確変でもあるわけで、二重に嬉しいわけですな。

残念ながら通常当たりでもとりあえず16R分の出玉、さらには100回転の電サポがつくことにより、もういっちょ引き戻しのチャンスが得られるのです。スルーよりはマシか、なんて思えるから不思議なもんであります。

ちなみにワタシは初当たりが12R通常からの時短中に確変を引き戻し、STでもういっちょ確変、確変、通常で終了。時短抜け後に引いた明子チャンスからの6R確変はスルーで駆け抜けちゃいました。


いや、何より最近のパチンコ、当たりやすくなったのがイイ所。まだまだ出揃ってはナイけれど、今の規則の中でもこりゃスゲ〜って台、出てきそうな匂いがプンプンしております。