ノーマルタイプを育てることで平和な未来が訪れる!?

シリーズ名
ホールKEN聞録 (毎週金曜日更新)
話数
第14回
著者
KEN蔵
どーも、KEN蔵です!

今週はプライベート稼働と仕事の実戦、そしてカープの応援と、とても充実した1週間を過ごしています。

やっぱ交流戦は楽しいですね。普段戦わないパリーグのチームが相手になるので、知らない選手が出てくるんですけど、そういう選手を手元にある選手名鑑で調べているあの時間がすごく楽しいんです。「へ〜、〇〇高校出身なんだ!」とか「ドラフト〇位なんだ!」とか。

そういう新たな発見をした時に抱く感情っていうのは、パチスロの新台を打っている時や新台ページを見ている時と同じなのかなーって。

というわけで今週は新台についてちょっと。


自粛明けに「めぞん一刻」が登場しました。ボーナスで出玉を増やすノーマルタイプですが、ボーナス後は必ず30GのRTに突入するという仕様です。

で、先日とある店の特定日に、友人が推定6と思しきめぞんを掴んで4500枚ほど出していました。

閉店後に軽く話を聞いてきたのですが、前日もめぞんを打ったけどその時はダメだったと。で、翌日まためぞんを狙ったところ、ボーナス出現率はもちろん小役出現率が前日と全く違ったらしく、早い段階で「高設定かも?」と感じたとのこと。

ちなみにその台を9300G回した結果…

ベル:1/7.2(設定6以上)
スイカ:1/90.2(設定4の近似値)
チェリー:1/36.6(設定6以上)

という優秀な数値に。ちなみにその日の最大ハマリが460Gで、それ以外はハマることなくノンストレスで打ち切れたそうです。

通常時の小役確率に顕著な設定差がある機種が久しぶりに出てくれたから、店が大事に使ってくれるなら、めぞんは重宝するな〜って言っていました。

ホント、僕もそう思います。


マイジャグラーのシマに専業の方が朝イチから走るようになり、ハナビは稼働は最初から良かったのですが、設定状況も段々良くなり、それに続きサンダーとゲッターマウスも導入される…といったように、ノーマルタイプの注目度は一昔前に比べかなり高くなりました。そして今後もたくさんのノーマルタイプが導入されます。

今後、台の仕様に関する規制がどんどんキツくなり、射幸性の高いAT、ART機は徐々に姿を消していきます。なので、今の段階からノーマルタイプに力を入れ、ソレらを育てておけば必ず良い方向に向かうと思うんです。

なのでめぞんに限らず、ハナハナ、ジャグラー、ハナビ、またその他のノーマルタイプを店側は軽視せずに大事に大事に扱ってほしいな、と。

そして、これから登場するファンキージャグラー、ドリームハナハナ、北斗将、パチスロ偽物語、先日メーカーHPでアップされたクレアの秘宝伝の続編なども導入してもらい、末永く"愛して"ほしいな、と。


機械割が分かっていない機種もありますが、終日ブン回して3000枚も出れば上等じゃないですか。せっかく高設定を掴んだのであれば、負けたくないじゃないですか。

店側としても、設定1で出される心配はないし、高設定で3000枚くらい出されてもまだ計算できるじゃないですか。高設定を入れたのであれば、使っていることを気付いてもらいたいじゃないですか。

ノーマルタイプで立ち回るほうが、そしてノーマルタイプを軸に営業するほうが、両者とも"平和"になると思うんですよ、きっと!

あまりアツくなると何を伝えたかったのかが分からなくなっちゃうのでココらへんにしておきます。まぁ僕が「ノーマルタイプが好きだ!」っていうだけの話かもしれませんが(汗)。

では、今週も良きパチスロライフを♪


ちなみに僕が個人的に期待しているノーマルタイプは、クレアの秘宝伝と北斗将で、歴代のノーマルタイプで好きだったのは、シェイク2と桃太郎電鉄です。

みなさんのフェイバリットノーマルタイプは何ですか?