バジリスク絆の『設定6確定告知』がガセった…!?

シリーズ名
悪☆味の『ちょっといい話(仮)』 (毎週日曜日更新)
話数
第9回
著者
悪☆味
最近になって、誌面や携帯サイトで絆の続報数値が掲載されたけど、それでもまだまだ謎の部分があるんですよ。

まずはなんと言っても、弦之介BC中のカットイン発生→瞳術揃い時に絵柄を外す「瞳術外し」時の処理について。

巷では瞳術絵柄を外した場合、告知タイミング(残りベル回数)での設定示唆は無効になる…というのが共通認識になっていると思う。設定6じゃない台で瞳術絵柄を外したら、残りベル3回で告知が発生したということをホールの人が言っていた、と編集部の人からも聞いた。

でもさ、よく考えてみてよ。設定6が確定する台はあるけど、設定6以外が確定する台なんてほとんどないわけですよ。それこそ、先週のコラムでも書いたように、確定告知以外は夕方までまったく高設定挙動すら見せてくれない設定6というのもある。

ちなみに、そのときに打った絆は終日を通して謎BCが1度もなかったんですけど、これまで設定6を数十回打ってきて、そんな体験は初めてだったし、だからこそ同じ台の同じ設定でも思ったとおりの挙動をしてくれるわけじゃないということ。

そういったことを踏まえて、瞳術外しについて考えてみたい。


たしかに、これだけ言われるようになったのだから、確定告知がガセる可能性はあるのかもしれない。

実際、カットイン発生時に逆ハサミで瞳術絵柄をテンパイさせて(=AT確定)外す、これを同一BC中に複数回やった結果、ATが1セットで終わることはあるので、瞳術絵柄を外した場合はなんらかの特殊な処理(瞳術を揃えさせるように促す等)がなされるのは間違いない。

ただ、俺は設定6じゃないだろう台を打っていて、ガセ告知が発生したというパターンを自分で体験したり、周りで見たこともないんですよ。

だから、そう言われるようになった原因は、設定6確定告知が発生したにもかかわらず、低設定の挙動しかしてくれなかった台を見た誰かが、確定告知=設定6じゃないのかも…と言ったのが広まったんじゃないかなと思っている。

まぁ確定告知がガセる可能性はあるのかもしれないけど、それが発生する確率はものすごく低いんじゃないかなとも思うし。

必勝本スタッフでイチバン絆を打っている俺が、少なくとも絆の設定6をイチバン打っている俺が言うんだから間違いない。だから、カットイン発生時は一応、瞳術絵柄を外すのがベターだと思う。


そしてもうひとつ。バジリスク2と違って、絆はエンディング中のBC当選による復活は継続率を引き継がない。つまり、再開したATの継続率は再抽選される、ということになっている。

でもね、これまでに80%継続のATでエンディング→復活→再び80%継続のATというパターンを3回も経験しているんですよ。

エンディングまでいったことなんて十数回くらいだろうから、それこそ結構な割合だと思う。しかも、エンディング到達前、到達後がともに80%継続だったと確定したものだけで3回ということ。

そうなるとやっぱり、ほんとに継続率は引き継がないのだろうかという疑問がわいてくる。引き継がないにしても、振り分けが相当優遇されているんじゃないか、とか。

だって、初当たり時の80%継続の振り分けなんて1%程度しかないんですよ? 一番高い設定5でも3%程度。そしてエンディング中の引き戻しでの80%継続選択率は5%。これをちょうどよく連続で引くなんてことが、たびたび起こり得るのかなぁって。

まぁね、実は引き継ぎますと言われてもなんら損することはないし、自力でどうこうできるわけでもないので、何が変わるわけじゃないので良いんですけどね。


それと最後にもうひとつだけ。これは俺の知識不足なのかもしれないけど、内部的には強チェリーが成立しているのに、液晶リールには弱チェリーを表示することってあるんですかね?

というのも、弱チェリーから異色BCが出てきた(と思われる)ことが何度かあって、これが本当に弱チェリーだったとすると、弱チェリーで超高に移行して、たまたま次ゲームとかに謎BCに当選というパターンしか考えられなくなるんだけど、そんなにうまくいくことが何度も起こるのかなって。

まぁこれはチェリー出現時にメインリールで確認しとけって話なんですけどね…。