パチスロの『知識』がないライターは叩かれるが、それは違う

シリーズ名
町民プールで鮪釣り (毎週火曜日更新)
話数
第11回
著者
ラッシー
最近、何かと話題の「パチスロの知識」。SNSなどでも物議を醸してますね。「知識のないライターが増えた」と。

しかし、俺…というかパチスロをしっかり理解しているヘビーユーザーと、最近の若いユーザーが言う「知識」はちょっと違うと感じている。今回はその2つの「知識」の違いを書いていこう。


[1]ヘビーユーザーの言う「知識」…5号機の規定やリール制御といった、パチスロそのものの知識。普通にプレイするだけなら必要ないが、パチスロライターなら必須の知識。

[2]ライトユーザーの言う「知識」…この演出が発生したらボーナス・高確以上確定、また設定4以上確定などといった、特定の機種に特化した知識。

大きく分けるとこの2つ。ちなみにこの他にも、パチスロを取り巻く環境についての「知識」も存在する。たとえば「〇〇県警が動いて、〇〇県では換金率が…」とか、「〇〇組合が新しい内規を…」といった話ね。この知識の最前線は、警察庁や組合などを取材している一部の人しか分からない。

かくいう俺も、とある知り合いのライターさんが書いた記事を読んで情報を得ているのが現状。まあこの知識は「ユーザー」という立場からしたら、特に必要ないと思う。大きな動きがあれば、雑誌やネットでも取り上げるだろうし。


では、話を本筋に戻そう。ライターや動画出演者にとって必要な知識は[1]。[1]と[2]には大きな違いがある。[1]は「パチスロ理解度」であり、[2]は暗記すれば誰でも覚えられる知識だ。

[1]を身に付けていると、どんな新台を打っても対応できる。内部的なRT状態移行の流れやリール制御が自分で調べられるようになるため、パチスロが格段に面白くなる。

新台導入日の夜にネットを開くと、初打ちを終えた人が詳しく解説してたりするでしょ? RT状態の流れやリール制御を正確に書き込んでいる人は、[1]を身に付けている人だ。[1]の知識はどの機種にでも応用できる。


対して[2]の知識は、基本的に特定の機種にしか応用できない。これは単純に「その機種を好きかどうか」や「機種の打ち込み度」だ。

たとえば俺のような攻略ライターは、こと担当機種に限って言えば[2]の知識も豊富。そりゃそうだよ、取材や解析により、まだ世に出回る前の知識も持ってるんだから。

ただし、担当ではない機種のことは全く知らなかったりする。特に興味がなくプライベートでも打たない機種のことは、一般ユーザーより知らない。そんな他人の担当機種を詳しくなる時間があるなら、自分の担当機種を打ち込まねばならないからね。


俺が何を言いたいかというと、[2]の知識がないことで動画出演者を叩くのはダサいということ。俺は自分の担当機種はトコトンまで詳しいけど、だからといってその機種を他のライターや出演者が打っている動画を見て、あまり詳しく解説できていなかったからといって「コイツ知識ないな」なんて思わないもの。

そりゃ実戦動画で打つなら、設定看破に必要な最低限の知識は身に付けておく必要があるけどね。何かの機種において動画出演者より[2]の知識があるからって、自分のほうが格上ってわけじゃないのよ。

現在、ネットに溢れている「あのライターは知識がない」っていう書き込みの大半は、この[2]の知識に対する書き込みだと思うんだよなぁ。

俺はライター・動画出演者でいくら[2]の知識があっても、[1]の知識がナイ人はダメだと思う。中には「ライターたるもの、全ての機種において一般ユーザーに負けない知識を身に付けておくべき!」と思っている人もいるでしょう。結論、無理です!

そりゃ仕事がない新人ライターなら余るほど時間があるだろうけど、一応ライターも仕事してますから、1Gも回してない機種もたくさんあるわけです。世間では大人気の機種でも、実はプライベートで1Gも回してないなんてこともある。

実際俺も昨今のホールの看板機種の1つである某機種は、ほとんど知らない。こないだ数か月ぶりに収録で触ったら、小役の強弱がどっちかすら忘れてて笑ってしまったわ。申し訳ないけど俺にとっては打つ価値のナイ機種なんで、興味ナイんですよ、ハイ。

みな同じ境遇・同じ経済状況・同じ趣味趣向じゃないから、詳しい機種が違ってもイイでしょ。萌え系の機種に特化した人、GODシリーズに特化した人、ハナハナ系に特化した人…なんて風にね。ハナハナ系に特化した人のGOD実戦動画を見て、アイツは知識がナイなんて批判するのはどうかなと。


つい先日、某先輩(他誌の先輩)のCS番組を拝見していたときのこと。結構メジャーな機種なのに、その先輩が「同時当選の有無すら知らない」と言っていて笑ってしまった。

それはバカにした「笑い」ではナイ。俺より上の世代の先輩で、[1]の知識がナイ人なんて1人もいない。その先輩がスゴい人だと分かっているからこそ、それが「笑い」になった。誰でも知ってるのに、そんなことも知らないのかよと。

スタッフもその先輩のスゴさを知っているからこそ、笑いとして成立させたのでしょう。アレがもしパチスロ歴1〜2年の新人ライターなら、ドエラいバッシングが巻き起こっていたとこだろうなぁ。

[1]の知識を身に付けなさい。この言葉は新人ライターや動画出演者だけじゃなく、初〜中級者すべてに言いたい。これから先、上級者になりたいなら必須だし、パチスロが格段に面白くなるから。

俺らの世代は雑誌がそういう知識をもたらしてくれたけど、そういった企画はバカみたいに人気が出ないので、もう雑誌で取り上げられることはナイだろう。

ネットの文章で覚えるのもいいが、1番の近道は詳しい友人・先輩から教えてもらうこと。きっと俺と同世代(30代半ば)より上のユーザーなら、みんな[1]の知識を身に付けているハズだ。