アステカ-太陽の紋章実戦 前半『CZ成功率13分2…』

シリーズ名
MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜 (毎週月曜日更新)
話数
第17回
著者
大和
先日、小学校時代の同級生とバーベキューをしました。

自分くらいの年だと大体みんな結婚していて、3〜5歳くらいの子供がいます。今回はみんな子連れでバーベキューをしたのですが…子供って何であんなにカワイイんですかね?

その日は深夜実戦が控えていたのですが、その子供たちに肩車をしたり、抱えあげたりして遊んだこともあって、プロレスラーの武藤敬司とまではいかないまでも膝はボロボロに。しかし、そんな痛みさえ心地よいと思えるほど楽しい時間を過ごせました。

成長するにつれ受験だったり、反抗期に入ったりするんでしょうけど、そういうのも含めて子供ってカワイイですよね。

自分はもういい歳だし、イケメンでもない。高望みができる身分ではないので、身近でまだ結婚してない仲のいい子に絞って婚活するのが良いのかもな…な〜んて思いながら、身近にいて1番仲のいい未婚の人は誰か考えてみたんです。

その結果、真っ先に思い浮かんだのが…








……

………はい、子供って本当にカワイイですよね。これからも同級生の子供たちを可愛がろうと思います。


最近、自分に彼女ができたという話を聞き、自分ではなく彼女の方に嫉妬していたカイザーさん(彼女はできていないです)。そんな自分に対する愛の深さを再確認させられた大和が送る「MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜」。

今回は自分や永遠の17歳(もうすぐ40歳)であるカイザーさんが過去に打ち込んだ名機の後継機、「アステカ-太陽の紋章-」でミッションクリアを目指します。

ミッションは以下の通りです。

[1] 魂の祭壇に突入させる
[2] スーパーCTに突入させる
[3] 鳥CZに突入させる
※[1]〜[3]のいずれかを達成すればミッションクリア


アステカといえば4号機時代にCT機として一世を風靡した名機。その後継機ということで個人的にはどんな感じに仕上がっているのかワクワクしていたのですが、いざ打ってみたら…昔のアステカを想像していた自分にとってはちょっと期待ハズレな感はありました。

しかし、そういった先入観を無くして打ってみると、これがなかなか面白い台だったりするんですよね。

アステカをまだ打ったことがない方にゲーム性を簡単に説明すると、システムはボーナス+ART機で、ARTへは主にボーナス中の白7揃い、もしくはCZクリアで突入します。

ARTは1セット50G、1Gあたり+1.5枚で、ART中はレア役での直乗せや上乗せ特化ゾーン「チャレンジタイム(CT)」でのゲーム数上乗せを目指します。

その他にも大量ゲーム数上乗せが期待できる特化ゾーンを複数搭載している…といった感じで、シンプルなシステムながら、爆裂要素も備えた台になっています。

しかも低設定域の機械割が割と高め(100%を超えるわけではないですが)なので、お財布にやさしいART機と言えるでしょう。

実際に自分も導入後にホールで打ったアステカでは負け知らず。なので、惨敗続きの当コラムにとって救世主的な存在になり得るかもしれません。


そして実戦を開始すると…


レア役からあっさりとCZに突入。CZは獣CZ<魚CZ<鳥CZの順でARTに期待でき、今回のミッションでもある鳥CZなら成功の有無を問わずART確定(成功時はCTも確定)なのですが…


クリアならず。突入した獣CZのクリア期待度は約33%。さすがにいきなりクリアするのは厳しいですかね…と思いながら実戦を続けると、獣CZ→負ける…を4回ほど繰り返すハメに。

しかし、どんなものでもいつかは終わりが来るもの。5回目のCZでようやくARTに突入させることができました。


ARTの初期ゲーム数は50G。もちろん何事もなく駆け抜けることもありますが、思わぬ大量上乗せで、「このART終わないかも…」みたいになることもしばしば。ま、大概終わるんですけどね。

で、そのトリガーとなるのが、先述したCTだったりするのですが…


せっかく入ったCTを生かし切れず。CTは最低8G継続し、チリが揃うたびに10G以上を上乗せするんですけどね。今回はショボすぎました。

ちなみにこのCT中にボーナスを引くことができれば、ミッションにもなっているスーパーCTに50%で突入します。


絶好の機会を逃してがっかりしていたものの…


ART中に引いたボーナス中の白7揃いやら直乗せやらで、ART残りゲーム数が200Gくらいに。その後は…


特に上乗せすることなく終了。それでもこれくらいの出玉は獲得できてしまうのがアステカの良いところ。150枚獲得できるボーナスのヒキも大事かもしれませんね。


これくらいのARTをコツコツ積み重ねていけば、そのうちミッションもクリアできるでしょう。と思っていたのですが、前半の見せ場はこのARTのみ。次に入ったARTは50Gを駆け抜けてしまいましたからね。

その後は…


いくらCZに入ってもまったく歯が立たないという悪夢のような展開のまま前半は終了となりました。

それでも現時点での負債はたったの10000円。他の機種なら軽く30000円はヤラれているであろう展開なだけに、やっぱりアステカは甘いみたいです。

あとはミッションをクリアしつつ、久々の快勝…いや、せめてプラスで終わってくれれば嬉しいのですが…。後半へ続きます。