優良店を見ぬくための実戦で掴んだか?

シリーズ名
町民プールで鮪釣り (毎週火曜日更新)
話数
第6回
著者
ラッシー
ここ最近はずっとノーマルタイプばかり打っている。

別にAT・ART機が嫌いというワケではないのだが、やはりノーマルタイプは大きく負けないし、なによりAT・ART機にはあまりない良くできたリール制御が気に入ってるから。


当コラムで前に出てきた「第3の町民プール」は、とても良い店とは言えない。しかし、仕事帰りに軽くノーマルタイプを打つにはちょうど良い店だ。そこそこ良さげなボーナス出現率の台も、粘るお客さんがあまりいないからよく空いている。

そんなワケでちょこちょこ覗いているのだが、ある日ふと気が付いた。「あれ? この店、もしかして朝から来ればそこそこ勝てるんじゃね?」ってね。

ホールにうるさい誌上プロの某後輩にここの話をしたら「勝てそうじゃないですか! 打てるホールかどうかを調べてみてくださいよ!」とのこと。

先輩である俺が調査するのもなんだが、この後輩には借りがある。幾度となく優良店を教えてもらっているからね。

そんなワケで、朝から第3の町民プールへ向かった…



…ものの、朝イチの入場が並び順なのか抽選なのかも分からない。そもそも開店から来るお客さんなんているのだろうか。

結局、店に着いたのは開店時間をわずかに過ぎたころだった。案の定、客はまばら。スロットフロアには片手で数えられる程度のお客さんしかいない。

とりあえず、ゲッターマウスでも打ちながらのんびりホール状況をチェックしようと思ったのだが…ふと思い出した。今日はこのホールの特定日だ。いや、正確には旧特定日にあたる。

イベントが規制される前、「〇のつく日は〇〇の日」みたいなことをやっていた。そして前にこの旧特定日にブラッと覗いてみたら、バラエティコーナーに高設定らしき履歴の台がチラホラあった。

もしかしたら今日もバラエティコーナーがアツいかもしれん…。そんな思考でゲッターマウスを離れ、軽くジャグのガックンチェックをしてからバラエティコーナーへ足を踏み入れた。


バラエティコーナーも人はまばらで、お客さんが打ちたい機種を適当に打ってる印象。プロらしき人物は1人もいない。

とりあえず俺はリセットが掛かる可能性があり、かつ自分の好きな台である「押忍! 番長2」に着席。

残念ながら特訓にすら入らずリセットのゾーンを抜けたのだが、不自然なゲーム数で高確に移行するようなこともなかった。

ちなみに前日閉店時のゲーム数はデータ表示器に表示されている。据え置きならば途中で高確に移行しているハズだ。つまり、たまにある「設定変更なのに特訓すら行かないパターン」だったのだろう。

200Gすぎまで回せば、今度こそ据え置きか変更か分かるハズ。そう思い回し続けたら、やはり200Gすぎから夕方背景に移行し、ほどなくチャンス目が出現。そして…


おおおぃ! なぜ青BB!? 嬉しいけども!

ちなみにチャンス目解除なのかゲーム数解除なのかは特定できず。もうエエわ。とりあえずココから頂RUSHブッこんで出しちまえば無問題。


はい1発!


さらにもう1発!! チョロいもんすわ。


くうぅ〜このヘリが飛んで来たときの中押しチャンス目or強チェリー1確目が堪んねーんだ!


そしてちょうど投資分を回収したところで終了。あまり伸びなかったけど、まあこの低投資で頂RUSHに入っただけでもヨシとしよう。


引き戻しがいないかどうかを確認し終えると、200G台のゾーンの目前だった。200G台のゾーンを抜けたらヤメるか。

すると、200G過ぎの内部的に高確に移行したと思われるタイミングで…


ステージチェンジ→チャンス目! 天才かよ!!

これで赤BBを射止めるも、消化中の7揃いはなく天国のゾーンも華麗にスルー。現実ってそんなに甘くないよね。


さて、普通の人はゾーン抜けでヤメるのだろうが、俺の場合は100Gから少し回して通常Bにいないかをチェックする。よって俺のヤメ時は110G前後だ。

結局、通常Bじゃなさそうなので今度こそヤメようと思ったのだが、100Gを少し過ぎたくらいでレア役から高確へ。夜背景に行かないってことは通常Aかな…


ファッ!? 天才かよ(2回目)。しかし、出てきたのは憎い黒いアイツ。

「せめて天国に移行してくれたら…」。そんなことを思いながら消化していると、序盤で舎弟→薫が仲間に加わり、もしやと思っているとマチ子先生も登場!

「コレは天国いただきましたな」なんてニコニコしていたらチャンス目ナビが発生して…


あわわわわ…み…みさ…操じゃん! 久々に見たわ! こうして本日2度目の頂RUSHが確定!!

たまにあるよね、軽い気持ちでリセットを狙ったら大変なことになるパターン。もしや今日がその日では?

ええ〜い、ホールの良し悪し調査などまた次の機会にすれば良い! 今はこの頂RUSHで如何に大量出玉を獲得するか、その一点に集中するべき!

今回はここまで。この頂RUSHがドラマを生む…!?