まさにパチンコは精神勝負

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第17回
著者
運留
ワタクシ運留の向かいの席にはP君という男が座っている。ブヨブヨと太ったひげ面のキモメンだ。

向かいの席なので、パソコンでカタカタと打ち込みが終わった時などに目頭をつまみながら顔を上げると、どうしてもこのひげ面が視界に入ってくる。これでは一息つくどころか疲ればかりが数倍に膨れて非常に非生産的である。

これが吉田羊や石田ゆり子の様な美女だったら仕事も数倍はかどると思うのだが、現実とはうまくいかないものだ。


このP君、今年に入って一念発起したのかダイエットを始めた。毎日の様に「こってりラーメンチャーハンセット、両方大盛りで!」なんて注文をしていた男が、一切の食事を口にしないという断食ダイエットを始めたのである。

彼の意志は非常に固い。どれだけ昼飯に誘おうが一切ついてくることなし。今日は軽く飲みに行くか! なんつっても、いや、ダイエット中なのでとお断り。野菜ジュースを飲んだり健康茶を飲むことはあっても、一切モノを食べている姿を目にすることがなくなってしまった。

コレはなかなか出来ることではない。ワタクシ運留も何度もダイエットを試みた経験があるのでわかるのだが、ついつい隣でお菓子を食べられたりするとちょいとつまんでみたり、お酒の誘いを断れなかったり、大盛りを止めようと思ってもついつい貧乏性で頼んでしまったりしてしまう。

全ての誘いを断ち、極力モノを口にしないというのは相当な意志の強さだ。加えて、周りに流されないワガママさも必要なわけで。キモメンの上にワガママとは救いようのないやっちゃ! アホやん! と小馬鹿にしていたのだが、最近はこの男、目に見えてシュッとしてきやがったのである。

ブヨブヨしていたお腹や胸元がずいぶんと平らになり、蛭子さんにも似た下ぶくれの顔も尖ってきた。パソコンから顔を上げた時に視界に入る向かいの男が、一瞬誰やったっけ? と思ってしまうくらい別人になってきたのである。聞けば体重にして15キロも落としたというから物凄い。


ただ、それ以上に物凄く残念なことが起きてしまった。極度の栄養不足がたたって毛根が弱くなったのか、薄毛が目立つようになってきたのだ。

現実とは本当にうまくいかないもので、彼女でも作りたいと思ってせっかくダイエットに成功したのに、髪の毛が抜け落ちたんじゃあ五分五分のいってこいだ。コレでリバウンドでもして髪の毛だけ復活せんければ、ただハゲになってしまっただけということに相成る。悲しいことだ。


パチンコもこれによく似た精神勝負な所がある。自分の設定した上限投資金額を打ち終えて、でもまだ打ちたい、そろそろ来るんじゃないかしら? と思う場面で、いかに心を強く持ってヤメられるかが重要になってくるんですな。

ちゃ〜んとお家に帰ることが出来てる時期は、やっぱり収支も安定している。しかし、ついついヤケ食いならぬヤケ打ちをしてしまうと今までコツコツやってきたことが台無しになるわけで、後はとどまることを知らず転げ落ちて大負けをブッこいてしまう。

でも、パチンコって勝ち負けだけじゃなく楽しみの部分が多分にあるので、たまに収支度外視で打つのもあり。勝ってナンボのパチンコだけど、根をつめすぎると毛根がなくなる事態に陥るので注意が必要だ。


先日は、全国的な新台入れ替え自粛の影響でちょいと早めに入ったガロの復刻版を打つため新潟へ行ってきた。


初代を復刻させた演出はとても懐かしく、たまに出現する四分割のバラゴモードだったりタイマーの数字揃いを狙うザルバチャンスだったりを見て、


あったあった、こんなのあった、と懐かしむ。

確率は1/200をちょいと下回るくらい。当たりやすいぶん出玉は少ないが、魔戒チャンスは82%継続。連チャン力も初代ゆずりだ。

なんと言っても懐かしいのがゲートを選ぶ演出。ホラーバトルで星の数に一喜一憂するも良し、キババトルであたふたするもまた良し。同じゲートが3つ出れば継続濃厚だったりと、法則も初代ゆずりの懐かしさ。

周りを見ても10連超えくらいは当たり前だったわけで、なかなかの連チャン力である。


えっ? ワタシの実戦内容? いきなり800近くハマって単発でしたわ。ライトミドルだからってナメてかかると痛い目を見る。

まさにパチンコは精神勝負。あんまりアツくなりすぎると毛根まで失うから注意が必要です。



全国導入されたら絶対リベンジしてやるから、ガロ復刻版! 今から首洗って待っとけよ!