マジハロ5の狙い目は結界防衛ゾーン?

シリーズ名
F山科の自堕落な日々 (毎週金曜日更新)
話数
第10回
著者
F山科
マジハロ5で新たに加わった要素は『悪(キン)カボ』」や『エピソードボーナス』など色々あるが、特筆すべきは『結界防衛ゾーン(特殊ART)』に尽きる。

REGは48枚と獲得枚数が少ないが、通常時で引けば『錬金ボーナス(以下、錬金)』として扱われ、成功すれば結界防衛ゾーンへ突入。錬金中はART抽選が行われないので厳しいイメージもあるが、初代マジハロは何の抽選もなかったので、それに比べれば大分マシだと思う。

それに結界防衛ゾーン突入の有無は内部ポイントで管理されており、そのポイントはARTに突入しなければリセットされない(ただし自力ARTでもリセットされる)。

つまり、錬金が連続すればその分だけポイントが貯まっていく…ということになる。特に打ち頃の台が見つからない時などは、結界防衛ゾーン狙いで錬金が連続している台を打つのもアリだろう。データ表示器で獲得枚数が48枚なら、錬金(REG)の証となるのでうまく活用したい。

また、錬金中にチャンスリプレイや強チェリーを引ければ、一気にポイントが加算されるチャンスもある。通常リプレイで大量ポイントを獲得することもあるし、通常時やBIGにもポイント獲得契機は存在するのだ。
※そのためBIG終了時に結界防衛ゾーンに入る場合もある。

その結界防衛ゾーンについてだが、内部的にはカボチャンスと同じART扱いである。ただし消化中に行なわれる抽選が、他のARTとは全く異なる。

それは「レア役でARTをストックするチャンス」があることだ。

結界防衛ゾーン中はすでにARTストックを所持している場合、弱チェリーやチャンスリプレイなどのレア役で、ARTストック抽選が行なわれている。これが大きい。

なぜなら、ART中はレア役の確率が上がっているためだ。強チェリーとチャンスリプレイは「リプレイ」なので、ART中に出現確率をアップさせることが可能なので。

さらに、ボーナスが内部成立した際、赤赤青BIGか赤7BIGならレア役確率がアップするうえに、ARTストックの抽選確率すらアップする。なので、これらが噛み合うと…ART大連チャン必至!!

その大連チャンを味わったというのが、今回のお話です。


いつも通り、会社帰りにマジハロ5を打った時のこと。2回目の錬金ボーナスを当てて結界防衛ゾーン突入に成功する。

6択リプレイ後、今度は30Gか100Gを決める準備中の状態へ。100Gなんて早々に引けるものではないが、引ければデカい…と思いつつレバーONすると。

シャキーン!!!! …と次回予告発生。


強チェリー入賞によりボーナス確定。準備中の状態なら突入リプレイ以外のリプレイは、全て同時当選確定になりますからね。

これは大チャンスである。なぜならまだ30Gor100Gのリプレイが成立してないので、この結果防衛ゾーンはやり直しになるのだ。それも「結界防衛ゾーン中にボーナスを当てた状況」として。
※6択リプレイ成立前だとNG。

そのため、この時点でARTストック2個+25%ループストックの権利を得ている。ここで先述したことを思い出してほしい。結界防衛ゾーン中にARTをストックしていると、レア役成立時にARTをストックする状態になることを。


こんな感じでレア役から強演出がバンバン出るワケですわ。強チェリーとキャロル校長の組み合わせなんて50%のストック抽選に当たっているんじゃなかろうか(内部赤赤青BIGor赤7BIGなら100%当選)。

そして、結界防衛ゾーンを締めくくるケルベロスバトルを当然のように勝利すると、まさかのボーナス当選。これがREG。


まじかるちゃんす発生。ART中のREGで鳴った場合、次のART1セットを消化する前にREGが当選すれば、その鳴った分は「箱の想い出」として必ずARTをストックする。

この要素もマジハロ5の肝。仮に悪カボやスーカボのようなループARTに入ったとしよう。ループARTは継続抽選に漏れない限り、『1セット』として扱われる。

これらがループしている間にREGを引き続け、消化中にまじかるちゃんすが鳴ればどうなるのか? まじかるちゃんす発生のたびに「箱の思い出」がどんどん蓄積されて、その都度ARTが上乗せされるのだ。これが噛み合うとエラいことになる。


で、自分の台は…


さっきのREGを消化した後、CZである詠唱チャレンジ中に強チェリー成立。この時点でボーナス確定となります。CZ中はベルこぼし前なら中段リプレイハズレの出目、ベルこぼし後なら6択リプレイ以外のリプレイは全て同時当選確定なのだから。

これで当選したボーナスがREG。CZ中なので当然ARTはまだ消化していない。よって…


箱の想い出発動。さっきのREGで鳴った分が丸ごと上乗せされる。なので、さっきの銅箱の分は必ず上乗せ。

さらにブランクのおばけちゃんでも2回鳴る。モノクロ画面だったので、前回のREGで隠れて鳴っている模様。それも想い出としてちゃんとカウントされるので。

…ということは、前回のREGで3回鳴っていたことになる。それが想い出でそっくりそのまま上乗せされたわけだ。

結界防衛ゾーン中にも2回ボーナスを当てて、レア役によるARTストックの抽選状態も消化済み。

これに加えてダメ押しで1セット目のカボ揃い(1回)でキンカボをツモるとか。あらゆる要素が噛み合っている。マジハロ打ちにとって楽しすぎる時間である。自分の頭の中で妄想していた「良い連鎖」が実現した瞬間である。



4セット目消化時にはマジカル★タキシードバニーでお出迎え。これ残りストック数が10個以上であることを示唆してるんですわ。

こうなると、もうどこまで連チャンが続くか分からなくなる。


10セット目で「ちびっこふろすと」を堪能し、18セット目で「マジカル★ガールズ」の衣装を堪能し、20セット目で「アルバイト★inファンタジアン」の可愛らしいメイド服を堪能する。

カボチャンスの扉絵は、キャラカスタムが大きく反映されるので、連チャンが続けば続くほど色々な衣装が見られる(21連した後は2連目のルビーに戻るが)。

なお、「カスタムなし」じゃないと見られない画像もあり、10セット目ならルラ単独、20セット目ならアリスのマジカル★ガールズ衣装が該当。覚えておいて損はないだろう。

で、この連チャンは。


20セットで終了。獲得枚数は666枚…少ない。少ないね、かなり。これにはれっきとした理由がある。なぜなら20セットを消化している間、ボーナスを1回も引けなかったから。

通常時で引いた錬金2回、結界防衛中にREG2回、詠唱中にREG1回。私が引いたボーナスはこれだけだった。結界防衛ゾーン、箱の想い出、キンカボやカボ揃いで20連まで伸ばしたのに…これでは…(泣)。


マジハロ5はボーナス+ART機である。なので、ボーナスが絡まなければ出玉は伸びない。ARTの連チャンと、ボーナスを当ててARTのストックを増やしていく台なので、次はそういう機会に恵まれることを願いたいものである。

その機会をつかむためには、初回のカボチャンスで複数のストックを持っていることが大事であることは言うまでもない。だからこそ、結界防衛ゾーンへの道を開く錬金ボーナスが重要。枚数が少ないからと苛立つのではなく、次に続く助走として考えてもらえれば、これ幸い。