地域別の癖が判明!岐阜はカド台が強く、大阪は◯◯、関東は…

シリーズ名
ホールKEN聞録 (毎週金曜日更新)
話数
第5回
著者
KEN蔵
どーも、KEN蔵です。

ただいま広島に来ております。


そして、今シーズンも早い段階で本拠地"ズムスタ"でカープ戦を観ることができました。

また、ちょうどローテーションの間ということで、友人の福井優也投手とも軽く飲みに行ってきました。

今シーズンは2試合に登板し、両方とも勝ち負けつかず。昨シーズンは9勝止まりで僕も悔しかったので、今年こそ本人が掲げている「最低でも2桁勝利」という目標に向かって頑張ってほしいです。

まぁ、実際は野球の話はあまりしないんですけどね(汗)。


さて、今週は名古屋→広島と渡り歩き、その先々のホールを見て回ることができました。

名古屋は相変わらず「沖ドキ」の台数が多くて稼働も良く、設定状況もピカイチ(データを見る限り)。

広島はホールの数に対してパチスロユーザーが多く、全体的にどのホールも稼働がイイというか、ガラガラのホールが少ないというか、そんな感じでした。

仕事柄いろいろな地方に行かせてもらってますが、地方ならではの特徴があったり、設定状況が異なったりして、パチスロ打ちとしてはかなり刺激を受けますね。


地方で打っている時によく「このお店どうですか?」「この県の設定状況どう思います?」と聞かれることがあります。

まぁ、行くホールのほとんどが初見のトコなのであまり詳しいことは分からないのですが、その時に感じたことを正直に言っています(汗)。

で、僕も仕事とはいえ負けたくないので、そのホールの状況なんかを情報共有させてもらい、打つ機種を決めたりしています。

そしてその内容は次に来た時のためにちゃんと携帯等にメモして残すようにしているので、初見で訪れた際には収支が大変なことになっても、2度目、3度目になると、それなりの結果に落ち着きます。


『中部地方』だとやはり「ハナハナが強い」「沖ドキは間違いない」とおっしゃる方が多く、『関東圏』は地方に比べると若干ネガティブ思考で、「新台には使ってるっぽい」「ハナビを打つのが無難かと…」というコメントが多い印象。

もっと細かくいくと『岐阜県』は「末尾〇の取り合いです!」「とりあえずカドをとったほうがいいですよ!」といった感じで、場所的なクセをあえて作っているホールが多く、『滋賀・大阪』は「前回は〇〇が全6でした」といった具合に固めてドン! っていうホールが多い。

もちろん、その県すべてがこのパターンに合致するわけではないですけどね。地方ごとに特徴があって面白いなぁと。

なんか球場ごとに「ホームランが出やすい、出にくい」、競馬場ごとに「逃げた馬が勝ちやすい、勝ちにくい」という特徴とちょっと似ている感じがします。全部一緒だったら面白くないですもんね。


他の地方まで打ちに行くのは難しいかもしれませんが、実際行ってみるとホールの特徴やクセはもちろん、換金率や特殊景品、また営業時間がめちゃめちゃ早かったり、逆に夜11時過ぎても営業してたりと、知らない土地ならではの環境にワクワクすると思います。

あ、その土地で立ち回っている方々には敵わない(収支面で)…っていうとこも、先述した球場や競馬場と似ていたりします(苦笑)。


もし、ゴールデンウィーク等で旅行をお考えの方は、ちょこっとその土地のホールをのぞいてみてはいかがでしょうか♪

ちなみに、過去で1番刺激を受けたホールは石垣島のホールです(笑)。

では、今週も良きパチスロライフを♪