ハナビに高設定を使うホールは◯◯◯だ!

シリーズ名
ホールKEN聞録 (毎週金曜日更新)
話数
第4回
著者
KEN蔵
どーも、KEN蔵です。ついにプロ野球が開幕しました!

シーズン前に話題になった暗いニュースも、シーズンが始まると同時にほとんど報道されなくなりましたね。良くない部分はしっかりと改善して、選手のプレーや試合内容で盛り上がってほしいと思います。

で、カープの方はというと…開幕3連戦を勝ち越し! そして僕は水曜に行なわれた中日戦をナゴヤドームで観戦してきたのですが、こちらも見事勝利!

ドラフト2位のルーキー横山投手のプロ初登板、初先発、初勝利、初打点を見ることができました! 今シーズンは何試合、観に行けるかなぁ(ワクワク)。

ちなみに、僕の今年の順位予想は…

▼セリーグ
1位 広島
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 巨人
5位 中日
6位 横浜

▼パリーグ
1位 ソフトバンク
2位 西武
3位 日ハム
4位 ロッテ
5位 オリックス
6位 楽天

…です。



さて、今週のホールKEN聞録ですが、久しぶりに電車でホールチェックをしてきたので、その報告をしたいと思います。

新台のサイクルが早いこともあり、メインとなる機種、看板にする機種もホールによって全然違うので、まずはそこを確認。あと、客層やホールのクセは「ネット」では分かりづらく、「足」を使った方が分かることが多かったりします。

それでは、見て回ったホールの特徴と所感を書いていきます。


【A店】

A店自体は専業の知り合いから何度も聞いたこともあり、特定日の設定状況が良好なのは知っていました。

見に行った日は特定日ではなかったものの、ハナビ、ジャグラーのシマには小役カウンターを使っている専業っぽい人が数人いたので、おそらく設定は使っているのかなと。

で、数日前が特定日だったのですが、データ表示器でその日の状況を見てみると、ハナビ、ジャグラー、バジ絆、サンダー、ゲッターマウスで9000G弱回されていた台がありました。おそらく朝イチから高設定をブン回したんでしょう。

1機種あたりの台数が多いので、狙い台を絞りにくそうな感じはするのですが、聞いていた通りの良いホールでした。


【B店】

ココは昔、通っていた某チェーン店。

当時このホールは「本社特別強化指定店」として、緑ドンなどにバンバン設定6が使われていたんです。それでも、巷では"ボッタ"で有名なチェーンということもあってか、ライバルがみんな敬遠していたので、狙い台が打ち放題でした。

で、今は…ホントにボッタ店に(汗)。稼働が少なく、ゾーン、天井狙いでしか打てなさそう。

ジャグラーで3000Gくらい回っていて、REG出現率が良好の台が空いていたのですが…ここは打たずにスルー。ちょっと信用できませんからね。

どれだけ回っていても、どれだけボーナス出現率が良くても、『高設定かも?』と思うより先に『たまたまでしょ』ってなってしまうようなホールでは打てません。


【C店】

ココも前に通っていたホール。前の2店舗からは少し離れていますが、久しぶりに覗いてみたかったんですよね。

ある日を境に特定日に雑誌の取材イベントを重ねてくるようになったので、行きにくくなったというか。

で、データ表示器で数日間の履歴を見る限り、特に惹かれる台はありませんでした。

前からお客さんはかなり少なかったのですが、特定日兼取材日の履歴を見ても、朝から高設定狙いでブン回されている様子はほとんどナシ。

前はハナハナの高設定が打ち放題だったんですけどねぇ…。


【D店】

D店は初めて足を踏み入れたホール。ハナビだけフル稼働で、他のシマは閑古鳥が鳴きまくり。バラエティーコーナーにある「おとめ妖怪ざくろ」の液晶ゲーム数もそのまま(ほぼ据え置き確定)。

データ表示器は当たったゲーム数が分からないタイプのやつなので、毎日ちゃんと下見をすれば、宵越しのハマリ台を独り占めできるかもしれません。

ただ経験上こういうホールって、ハマっている台に関してはかなり敏感で、天井が狙えそうな台だけリセットしたりするんですよね。

おそらくもう来ることはないと思います。トイレの洗面台に石鹸もなかったし!


…といった感じだったのですが、どのホールにも共通して言えるのは、「ハナビの稼働が良好」ということ。

そして、ただでさえアマいハナビに設定1以外を使っているホールは、特定日に限らず平常営業でもいろいろな機種に高設定を使っている印象を受けました。

単純に稼働を上げるっていう意味でも、どこのホールもハナビを増台するべきだと僕は思います。一時期に比べて中古価格も下がっていると思いますし。

僕みたいに「ハナビに高設定を使っているんだったら他機種にも使っているんじゃない?」って思う人もいますしね。それが勘違いだったとしても(笑)。


打ち手は、まずはハナビを設置しているかをチェック、そして使い方で優良ホールか否かを判断する。ホールはハナビを置くことで、ある程度の稼働と売り上げを確保できる。

ハナビ人気が相乗効果になって、いろいろなところに利益をもたらしていると思います。冷静に考えると、ハナビってとんでもない機種ですね!

あーハナビのことを書いていたら打ちたくなってきた!


新年度がスタートしますし、皆さんもこの機会にぜひ「足」を使ってホール調査を行なってみてください。新たな発見があるかもしれませんよ。

では、今週もよきパチスロライフを♪