パチンコ ガールズ&パンツァー 止め打ち・セグ

シリーズ名
for expert (不定期更新)
話数
第22回
著者
きしめん
今週最後の攻略機種はパチンコ ガールズ&パンツァー(平和)。

原作については2012年にTVアニメの放送が始まり、現在は劇場版が大ヒット上映中。そして昨年のパチスロ化に続き、遂にパチンコ機でも登場となります。

スペックはオーソドックスな確変ループタイプ。ただし初当たり時は20回転の電サポ終了後に潜伏の可能性があるので、ヤメ時には注意が必要です。確変突入率&継続率は70%で、右打ち中なら確変大当たり時の50%が15R確変となっているので、ツボにハマれば一撃で大量出玉獲得も十分可能となっています。



【電サポ中の止め打ち】

●電チュー性能

・賞球数…2個
・開放パターン…3種類
・小デジ変動秒数…3種類?
・カウント数…なし



左右に羽根が開放するチューリップ型の電チュー。手前にこぼしが2ヶ所存在しますが、上のこぼしの先にはおまけ入賞口があるので、打つ際は下のこぼしのみ注意しましょう。


●ランプ



・上が点灯…3回開放(ショート→ショート→ロング)
・下が点灯…4回開放(ショート→ロング→ロング→ショート)
・上下が点灯…5回開放(ロング→ショート→ロング→ショート→ロング)
・消灯…ハズレ


いずれもショート開放とロング開放の組み合わせにより構成されています。ただ、ショートとロングでそれほど開放時間に差があるわけではなく、体感でも「少し長いかな?」と感じる程度のものでした。


◆止め打ち手順・簡易版

[手順1]
最後の開放(3回開放は3回目、4回開放は4回目、5回開放は5回目)が開く直前に打ち出しを開始

[手順2]
3回開放は2回目、4回開放は3回目、5回開放は4回目が開くと同時に打ち出しを停止


ワンセットごとを狙う簡易版。要は「最後が開く直前に打ち出して、最後から1回前の開放が開くと同時に止める」と覚えておけば問題ないでしょう。


◆止め打ち手順・上級版

[手順1]
最後の開放(3回開放は3回目、4回開放は4回目、5回開放は5回目)が開く直前に2個打つ(1開放目狙い)

[手順2]
以降は電チューが開くと同時に1個打ち、最後の開放で[手順1]に戻る


上級者向け手順は毎開放狙い。ただし小デジタル変動パターンが複数あるため、1開放目を1個打ちでピンポイントに狙うのは困難。そのため2個打ちでカバー。最後の開放以外は開くと同時に1個打つだけなので、それほど難しくはないでしょう。



【アタッカーのオーバー入賞狙い】

●アタッカー性能

・賞球数…15個
・カウント数…9カウント
・センサー感知…やや遅め



センサーの感知が遅く、打ちっぱなしでもオーバー入賞が期待できる良性能です。道中のこぼしは2ヶ所ありますが、電チューと同じで上のこぼしはその先におまけ入賞口が存在するので、下のこぼしのみ注意しましょう。


◆止め打ち手順

[手順1]
8個入賞したら打ち出しを停止(4個入賞を目安に打ち出しを停止)

[手順2]
9個目を弱めに打ち出し、10個目を強めに打ち出す



天井部分には段差があるので、弱め打ちの難易度はやや高めです。ただ、センサーの感知が遅いので、打ち出しの勢いを少し弱めるだけでもオーバー入賞率をアップさせることは可能です。

玉を天井部分に当てるのではなく、玉が左に戻らない程度にハンドルを左に戻した調整で弱め打ちを実践しましょう。