コクとキレの漆黒告知機

シリーズ名
業界最前線パチンコ・パチスロ新機種発表会 (不定期更新)
話数
第38回
著者
宇惨臭蔵



2016/4/7
コクッチーブラック
プレス発表会
@浅草六区ゆめまち劇場
(Taiyo)


昨年春に登場し、数々の"オマージュ演出"で話題になったコクッチーマスターズに、深いコクチの第2弾が登場。漆黒のパネルから浮かび上がる全8種類の告知(1つ点灯でボーナス確定、2つ以上ならBIG確定)は、前作同様のオマージュ製法。


BIGで最大312枚、REGで最大104枚というノーマルタイプのスペックは、設定6で1/119.8と合算確率がパワーアップしているぞ。




浅草の劇場で開催されたプレス発表会も、コクッチーらし い遊び心あふれるものに。まず「歴史上一番真っ黒な機械で、通常時は告知ランプが見えないのが特徴。パチスロの歴史そのものをリスペクトするようなイメージでプレイヤーの方に楽しんでいただきたい」と主催者を代表して挨拶した渡辺副社長は、ブラックにちなんで顔を真っ黒に塗って登壇。

続けてコクッチーのお面をつけて機種説明を行った小倉営業課長も、仮面の下の顔は目の周りにペイントと、メーカー自ら楽しんでいた様子。




ゲストには、有名人をオマージュしたものまねタレントが来場。松岡修造さんのものまねを得意とするこにわさんはタイヨーの応援団長に就任、「スロット界のジョコビッチにしなければ」と決意を語っていたのだ。

またアーノルド・シュワルツェネッガーさんのものまねを得意とするカステラ一番さんは実機の告知ランプに登場しており、「自分を是非探して下さい」と語っていたぞ。




漆黒×笑撃のコクッチー第2弾、ホールデビューは5月下旬を予定だポン。
(宇惨臭蔵)