パチンコで判断を誤ると大変なことに……

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第13回
著者
運留
大胆かつ慎重に。これぞわたくし運留のパチンコを打つ際の心構え。

パチンコ屋さんに入って、まずは何を打とうかフラフラ歩きますわな。で、牙狼 魔戒ノ花で気になる台が空いていたとします。

でも昨日は2万円ヤラれたし、いきなりMAXに座るより甘デジで出玉を着実に増やしにいくか。つって座ったのは海物語3R。

でも、コレがよく回るんだけれど当たらない。

せっかくMY海カスタムで魚群信頼度を50%にして出現率を上げてるにもかかわらず、出るのは泡ばかり。それでも打っていると、しまいには泡すら出なくなっちまう始末。

結局1万円使ってノーヒット。出たのは「あ〜あ」というため息だけで、ヤメときゃいいのに牙狼のシマへ様子を見に行くわけですわ。


すると案の定さっき目をつけていた台から牙狼の頭がニョキッと生えており、すでに連チャン中。そりゃ自分が打っていたからって当たっていた保証はナイけど、たぶん…いや、きっと当たっていたと思うのが人の気持ちというものだ。

イヤンイヤンしながら適当な牙狼の空き台に座って1万円ほど打つが当たってくれず。負債は2万円に増えるわけですな。


こうなると事態が悪い方向に進むのを止められない。その後頭に血が上ってたいして打ちたくもない、あの台やこの台を打ち散らかし大負けをくらう。コンチキショー!

さらに最悪の悲劇は連鎖する。帰り道、もう5万も6万もいっしょやん! つって夜の街に繰り出し、暴力バーにカモられてボッタクられた挙句、雨に降られてドブにハマってハチに刺されてハナタレ小僧にアホーと言われる。


朝の台選びさえ間違わなければこんな事にはならなかったはずで、やっぱり「大胆かつ慎重に」という心構えは重要なわけです。

「大胆かつ慎重に」立ち回っていれば、まず朝の牙狼で気になった台をビビッて打たないなんてことはない。そこは「大胆に」直感を信じて座るべきなのです。

昨日の負けのイメージは残っていたが、何も朝から2万も3万もぶち込む必要はナシ。そこは「慎重に」投資金額を設定して、様子を見ながらヤメる時は潔く「大胆に」ヤメる。

これを繰り返していれば、ハナタレ小僧にアホーとののしられる最悪の事態は確実に回避できたのです。


ただ、ね。分かっちゃいるけどヤメられないのが人の性。ついつい前後不覚になって打ち散らかす時ってあるんですよね。

振り返れば、自分のパチンコ人生もそんな思い出ばかり。でも大丈夫。ドブにハマろうがハチに刺されようが、生きてりゃいいこともあるもんです。

上手につきあって、気長に考えればパチンコはより楽しくなれるハズ。


皆さん、より良いパチンコライフを!