2月最終週の実戦記

シリーズ名
乱のKatariBar (毎週日曜日更新)
話数
第3回
著者
2月の最終週…負けました。

上から読んでも下から読んでも『ワタシマケマシタワ』状態。完膚なきまでにやられました…。ただね、言い訳をするなら惜しかったのです。限りなく惜しかったと自分を慰めてあげたいくらいに。

今週は『負け』を前提に実戦コラムをお届けします。結果が最初にわかっているって、斬新よねー?


まず、週始めに打ったのがパチスロ交響詩篇エウレカセブン2。

通っているホールに再導入されて「高設定を使っているんじゃないか…?」という噂を友達から聞いていたので、それを確かめるために朝から参戦しました。

が、ボーナス初当たりは884G。


「あー、ノーマルBIGか」

ガッカリしながら左リールを止めると、上・中段に2連白7停止。

「え、これってハイパーBIGの1確目じゃなかったっけ?」


大正解—!

リリチェの押し順を当てるのと、赤7揃いのチャンスとなるカットインを心待ちにしてボーナスを消化。

いやー、エウレカを打つと懐かしさばかりがこみ上げてくる。すると、ボーナス中のキャラクターで2人目にアネモネが出現。

「あれ? _ 確か、ボーナス中のキャラクターで設定示唆的なのあったよね…」

打つのが久しぶりだと知識もぼんやり。スマホでポチポチと携帯サイトを調べてみました。


「え〜と、『アネモネは高設定で出現しやすい』。えぇ! _ そうだっけ!」


慌てる乱。高設定示唆うんぬんより、アネモネを撮影しないままボーナスを消化し切ってしまったことに大慌て。迂闊だった。高設定示唆・設定4以上確定キャラをしっかり頭に入れて実戦再開です。


ハイパーBIG消化後はニルヴァーシュモード(前兆ステージ)に移行して17G目で連続演出へ。末尾7のゲーム数で発展したらアツかったハズ…なんて考えていたら連続演出に成功してART突入!


何も引けずに完走するのも、ある意味『エウレカあるある』で懐かしかったけど、ね。

でも、ART後は100G以内にノーマルBIGが3連チャンして、そこでも高設定示唆の『月光号』が出現。設定4以上、設定6確定パターンが出るまで過度の期待は禁物だけど、これは打たねばならぬ! _ ねだって勝ち取ってやるぅぅ!!


その後はボーナスとARTをコンスタンスに引くも、その2つが仲良く絡むことがなく…ひたすら硬い下皿が爪に当たるような量のコインでモミモミさせられる展開。からの、再び中ハマリ→全ノマレで気が付けば34000円負け。


続きまして、別日に打ったのがマジカルハロウィン5。

正直、今までのシリーズであまり良い思い出がなかったので、今作は期待していなかったのだけど…これが予想に反して面白い! _ ボーナスの初当たりもそんなに重くない印象だしね。

投資4千円で強チェリーから連続演出に発展してボーナス確定。


まず、しっかりと出玉を獲得できるBIGがあることは大きい。

ART中の純増枚数こそ1Gあたり1.0枚だけど、ARTとボーナスを絡めて出玉を増やす。これぞ、ボーナス+ART機のあるべき姿。これぞ、今ユーザーが求めているスロットの在り方なんじゃないかと個人的に大きく頷いてしまうところ。

それに、マジハロ5はシリーズでお馴染みの爆裂トリガー、『スーパーカボチャンス(通称、スーカボ)』もあるし。スーカボに入ったらどれだけコインが出てしまうのか、想像しただけでもテンションが上がります。


で…実戦の方はというと、この日も硬い下皿が爪に当たるような量のコインでモミモミ…とドル箱がなかなか使えない状況。


275G 赤赤青BIG
_ 54G 赤赤青BIG
187G 青7BIG
104G REG
351G REG
_ 74G 赤7BIG
418G 青7BIG
_ 77G REG
_ 43G 青7BIG
200G REG
(…こんな感じであと2時間以上続く)

もみもみ、もみもみ…。

もし、これが鳥唐揚げみたいな料理だとしたら、かなりおいしい感じになっちゃうくらいのレベルで味が染み込んでますよ。スーカボじゃなくて普通のARTでもいい。ARTに突入してぇぇぇ!


4時間打って、ARTに突入したのが3回(カボチャンス×3回)。もうね、詠唱チャレンジの5択が当たらない…。


この演出、雰囲気は好きですけども。

増えては減っての繰り返しで最終的に全部飲まれてタイムアップ。

ボーナス出現率が1/155.4をキープしていたにも関わらず18000円負け。いかにART中にボーナスを引けるかが重要なんだろうなぁ。負けてしまったけど、マジハロ5は予想していた以上に面白かったです。


これで打った2日間は52000円負け。

「それくらいで大負けとか言ってるの!?」なんて言われそうですけど、続きがあるんですってば。

別の日にジャグラー、ハナビ、ジャグラー、ハナハナの鳳凰と打ってさらに負債を増やしまして…ええ、5日間で計72000円負け。結構負けてない?


「中間設定以上は使ってくれそう。千葉はまだ等価だし、これならいける!」と、台を選んだにも関わらず、短時間勝負で結果が出ない典型的なパターンの連続でした(今回のコラムに書いていない新台も色々と打っていたんですけど、それはまた次の機会に)。

1年という長いスパンで見ればこういう時期も絶対あるものだって、頭ではわかっているけど、あまりにも連続して負けてしまうとホールに行くのが怖くなるよね。しかも自信を持って座っていただけに…。


そんなわけで、2月はマイナス収支で終わりましたが、3月は取り返せるように頑張らないと。みなさんも「なんでこれで負けるんだ!」なんて展開ありますか? _ いや、誰でもあるよね(笑)。そんな帰り道は、見上げた空が何だか歪んで見える…。ほんとメンタルの修行が必要です。3月はプラスを目指さねばっ!!