どスランプ

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第7回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

このコラムでも何度かスランプに突入したという内容をお届けしておりますが、どうやらまたその時期がやって来たようです。とにかく展開に苦しむというか、ここのところ「充実した一日やったな〜」と稼働に納得できる日が全くないんですよ。

ちなみに、スランプの規模にもいろいろあるということを書いたような記憶があるのですが、今回のスランプは大中小でいえば『中』程度といったところ。

それはどんな感じかというと、初当たりはそこそこ引けるんだけど全然連チャンしないとか、連しても入れた金以上には返ってこない…そんな状況です。


そんな"中スランプ"だけならまだしも、これは予感でしかないんですが、これが大スランプに発展しそうな気がしてならないんですよ。初当たりすら引けなくなる世界がすぐそこまで迫ってきているようで…。

そんな恐怖の日々を想像すると、つい焦っていつもの立ち回りができず自滅してしまいます。

ちなみに前兆なのか、こういうときは夜中に突然目覚めるというメンタル部分での変化が起こります(笑)。


2016年02月22日(月)

寝不足です、めっちゃ眠いです。まだ春でもないのに…。

前日に雑誌の原稿執筆でかなり根を詰めてパソコンに向かったせいもありますが、やはり一番の要因はスランプのせいで夜中うなされていたことだと思います。

俺は滅多にパチンコに関連する夢を見ないんですが、ここ最近は「ひたすらブン回している」とか「確変続け!」ともがいてる夢を良く見ます。心理学とかそういう分野には疎いのですが…これって何かの兆候なんでしょうか? 病み始めてるとか!?

でもそんなものは勝ってしまえばスッキリするはず! 今日はバシっと快勝して安眠するぞとばかりに元気良く家を飛び出しました。


『ヤマトの釘はどこも厳しいよなあ。これってやっぱりホールが警戒してる証拠なんかな…』

定例巡回した感じでは、梅田エリアのヤマトは厳しそうな印象。俺の通うホールでは1000円25回のレベルで打てているので、これは早く戻ってお手打ち台を押さえなくてはと思い、安物の定食屋で急ぎ昼食を済ませました。

『でもなあ…最近は不ヅイたら立ち直れんくらいボッコボコにやられてるからなあ…うん! 今日はヤマトに投資限度20000円のリミットを付けよう!』

いやはや、これは本格的に病んでるかも!? 打つ前からネガティブ全開ですわ。

しかし回る台ならとことんブン回すのがプロの仕事。それなのに打つ前からこんなマイナス思考になるようでは先が思いやられますよね。そんな弱気ならハナから打つなと俺自身に言ってやりたいところです。

もっとひどいのは、内心「誰か俺のお手打ち台に座ってろ。それなら諦めて他の台を探せるから」とまで思ってしまったこと。こんなメンタルならいっそ打たないほうがいいかもしれません。


とはいえこれまた不思議な話なんですが、打ちたい気持ちも強いわけです。そして色んな不安や葛藤に苛まれているうちに、打ちたい理由が「よく回るから」だけではないことに気付きました。

それは…あの1G連がなんとも心地良いから。まぁ簡単に言えば中毒症状なんでしょうね。


ホールに一歩入って目的の台のデータカウンターを見たら「0」の数字が目に飛び込んできました。

『空いてるし…しかも、誰も朝から打ってへんし…』

打つ前は色々悩んだものの、お手打ち台が空いてるなら打つしかないなと台を押さえました。


回転レベルはこれまでと変わらず1000円25回レベルなのを確認して2500円目の貸玉ボタンをプッシュすると、赤保留から擬似3連でガミラス最終決戦リーチに。


な〜んや簡単やん! いろんな不安は取り越し苦労やったな、と。


当たった数字は「555」。奇数はなんとなくRUSHに突入する気が!? とスマホを取り出してランプ判別をしてみると…

『またかよ…』

過去に通常大当たりした時と同じ組み合わせでした。

俺、この機種(いや、全ての機種かもしれません)を打ってて特に思うのは、一発目の大当たりが通常だった日は苦戦するということ! なので、早い当たりながらも物凄くいや〜な気分になりました。


しか〜し! どうやら俺に勝利の女神がほほ笑んだようでっせ!

な、な、なんとっ!!


さっきの単発分の出玉で次の大当たりをゲットです!!


今回もすぐさまランプ判別したところ…

『おんどれーっ! ふざけんなやっ!!』

また単発です。それでも、この早い当たりが俺の背中を押してくれたように思います。「今度こそはRUSH突入するんや!」という強い気持ちを持てましたからね。


が、ああ無情…


次の当たりは確率超えしてしまいました。しかも、またも単発!

もうええ加減にせえよと、自分の偏ったヒキに呆れてしまいました。それでも投資額はリミットの20000円に到達していなかったので、諦めずに継続。


また早い当たりが来ないかなと打ちますが、これといって期待出来そうな演出もなく淡々と丁寧に止め打ちする作業に徹しました。

『ヤマト魂を溜めるのにも慣れた。意味不明なガセ擬似連にも慣れた。慣れただけに変な期待はせえへんけど、しょっちゅう発生するのが鬱陶しいんじゃボケたれがぁ〜! 特にこの保留が怪しいぞとばかりに何度も変化させようと試みる演出をヤメてくれや…』

俺の持論ですが、期待度の低い演出に愚痴りだすようだと…既に己に負けています。そんな演出は軽くスルーするくらいの気持ちでなければ今のパチンコは勝てないとさえ思っています。

なので、ここは一旦気持ちを静めるためにトイレ休憩を取りました。


すると、トイレから帰ってきてすぐのことです。いきなり液晶下段に変化が! おまけに保留も赤に昇格!


『あっつ! あっついぜ!!』

これが擬似3連したので波動砲リーチに行くやろと思っていたけど、発展したのはまさかの真田さんです。

カットインも赤なので下手するとハズレかも…と思っていたら、ほんまにハズれてしまいました。


呆然としながらも、もしかしたらとハズレ画面を凝視。するとっ!

「もらったぜ!」


『おおっ、古代くん!!』

残念ながら復活演出は撮影出来ませんでしたが、問答無用の「777」でRUSH確定です!


『さあ、ほなちょっと実験してみよか〜!』

ここで口をついて出た「実験」という言葉。いったい何を実験するのか? それは電チュー入賞時にV入賞させなかったらどうなるのか…です。

前回のコラムでRUSH終了時のランプの組み合わせを記載しましたが、そのランプ配列を確認したらV入賞させずにスルーしてみようというもの。もしかしたら電サポが続くかも、という実験です。

現在把握してるランプ配列以外にもRUSH終了の配列があるかもしれませんが、それは諦めるつもりでやってみることにしました。


初当たりのラウンドが終了し、スマホを台の横に置いて右打ち開始。電チューに玉が入ったら打ち出しを停止し、ランプを確認。RUSH終了のランプ配列でなければVに玉を入れるという手順です。

『まずは継続か』

この機種、まず先にランプ配列が表示されてV入賞で初めてラウンド表示ランプが点灯します。こりゃわざとRUSH終了のランプ配列をスルーしたら永久連チャン出来るんとちゃうの? と、なんだかワクワクしてきました。


そして、遂にその時がやって来ました! 7連目となる図柄揃いでRUSH終了のランプ配列が表示されたのです。

『このままこのまま…Vに入れへんぞ〜。』

が、やっぱり世の中そんなに甘くありませんな。なんと液晶左上部に「RUSH終了まで3・2…」とカウントダウンが入ってますやん。

急ぎ玉を打ち出し。なんとか3個入賞させて大当たりラウンドをゲットしましたが、液晶では面白い現象が起こりました。

『おぉ、最終出玉より玉数が増えていきよる…』

ギリギリまで待ったから液晶では一度「RUSH終了」と表示され、その直後のV入賞でいつものバトル演出ではなく初当たりの画面が。そしてラウンド終了してから敵の攻撃を受けて敗退する演出が繰り広げられました。

『もし台の不具合で玉が飛ばないなんてことがあってV入賞でけへんかったらお客さんは激怒する仕様やな。まあおもろい実験でした』

勝って余裕のある時にやるなら分かるんだけどね。スランプと言ってる奴のする実験やないやろと思いながら実戦を再開。


その後、145回転でまた単発。次は11回転でこれまた単発当たりをゲット。なんとか持ち玉で打てているとはいえ、これは喜べる流れではありません。

『おいおい、ここまでで6回も初当たりを取ってRUSHが1回だけってどうゆうことやねん!! スランプどころか"どスランプ"やんけーっ! この台の確変突入率はサイコロ(1/6)かーっ!!』

ほんま確率の世界って怖い。偏りって怖いよね。

確変と通常はほぼ半々なのでどっちに偏ってもおかしくない。良い方に偏ってくれればきっと歓喜の雄叫びを上げてるんでしょうが、悪い方に偏ると自分自身を否定されてるような気持ちになりますわ。


そんな中で迎えた7回目の大当りは


持ち玉壊滅で追加投資の395回転目。そしてこれが…

『ま〜た単発!! 俺、なんか悪いことしたかーっ!!』

既に投資はトータル35000円。当初の20000円リミットなんてすっかり忘れて意地になって追い掛けてます。そしてこの仕打ち。いくらなんでも酷過ぎませんか?

ほとんど涙目でラウンド消化して、すぐにハンドルを左に戻します。


しかし! ここで奇跡が起きたのです!!!


写真では回転数「1」となっていますが、なんと前回当たり時に残っていた保留の2個目で大当たり!!

しかも、揃った数字は青図柄でしたがRUSHに突入です!!


『これ、偶然やけど…。もしさっきRUSHに入ってたらRUSH中に直撃当たりしとったかも…。いよいよ俺にもツキが巡ってきたかっ! よおしっ、頑張るぞーっ!!』

俄然ファイトが湧いてきましたよ。この気合がよかったのか、このRUSHが12連。そして、その後は僅か6回転でまたまたRUSHに突入しました!!


そこへ、仕事帰りと思われる男性が2つ隣の台に着席。座ってすぐにRUSHに突入したようです。

『持ってる人やな〜。一緒に頑張ろうぜ!!』

俺の中では勝手に「どちらがいっぱい継続するか競争しようぜ」モードに(笑)。

しかし競争できるレベルではなく、たったの3連で終了。まあ都合15連みたいなもんやからまた頑張ろうと決心して自分の台に集中することにしたのですが…

『あんた、態度悪いなあ。座ったばっかりの時とは別人みたいやで…』

先程の2台隣の男性、連チャンが止まらないようです。それだけなら何の問題もないですが、次第に打つ態度が横柄というか偉そうになっていきます。

俺の隣の空席に誰も座るなとばかりに背もたれに自身の左腕を乗せるわ、レバーを引きちぎるかのように強引に引くわ、タバコの吸い方もどこぞのバカ社長のように仰け反って、そのタバコを持った左腕を俺の隣席の背もたれに置くという姿勢です。

『あの〜、タバコの煙が目に染みるんですけど…』

昔、一発台がよくあった頃はこういう光景をよく目にしましたが…。それくらい気持ちよく連チャンしてはるのは羨ましい限りです。


そんな環境に少々イラついてたら、俺にもチャンスが訪れました!


金ヤマト! いや…それよりも7テンっす!!

発展先は当然のごとく波動砲リーチ!! と、思いきや!!


『ぜっ、全回転! と、撮らなくちゃ』

タイトルで「古代守」という文字は確認しましたが、少し遅かったです。でも右上でうっすらと表示されている図柄が全部揃ってるから全回転と分かっていただけるかと。


と、嬉しい気持ちで全回転のストーリーを楽しんでいたら…。連チャン中の例の男性が2台隣から俺の台を覗き込んでくるではありませんか。

俺は『どうもすみません、全回転出しちゃいました』という感じでその人を見たのですが…。

「ふんっ」

最後の最後まで見といて、なんやねんその態度は? って思ってしまうリアクションでした。

そしてその後すぐにその人の連チャンは終わったようですが…俺が4連で終了する時の負けバトルを俺の後ろに立って観覧してくるのです。

そのバトルの負けを見届けて勝ち誇ったような態度で即ヤメしていった、その人の台のデーターカウンターを見てびっくりぽんです。

『ご、50連チャン!?』

ほんま、確率ってなんなんでしょう。


最終的に定刻まで持ち玉で打って稼働は終了です。後半、なんとか前半の単発当たりの偏りの返しはありましたが、やっぱりまだまだスランプの渦の中だと感じました。

どスランプ街道まっしぐら! でも、それもパチンコ。楽しむぐらいの気持ちで打つしかないですねっ! まだまだ頑張りまっせーっ!!


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!



【フィーバー宇宙戦艦ヤマト-ONLY ONE-】
大当たり回数…32回
稼働時間…12:30〜21:00
投資…35000円
回収…13000円(3.3円)
収支…-22000円