真慶次にノリ打ちで挑む

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第7回
著者
運留
今年に入ってパチンコの調子が絶好調。

1月6日の初打ちにGレーサーでちょい勝ちしたのを皮切りに、9日はお昼にジューシーハニーで5万円勝ち、閉店間際にTMレボリューションで6万勝ちのホームラン。

さらに勢いとどまらず、13日には009で2万発、翌14日も009で2万発。加速装置最高アルね、と浮かれ気分でここまでプラス20万オーバーの快進撃。

ヒャッハ〜! 今年の運留は一味違うぜ! このままいけば単純計算月収40万やん!? 憧れのヒルズ族やん!
と調子に乗ったのがいけなかった。

そこから泥沼の7連敗。
運気がいいと勝手に決めつけMAXタイプばかりで真っ向勝負。
まったく当たらずダラダラ粘り。
そろそろヤバいと気付いた時に羽根デジコーナーへ行ったのだが、
「アナタはどうせMAX好きでしょ? この浮気者!」
とでも言われているようなハマリっぷり。
完全にダメダメモードです。
もう20年以上パチンコ打ってるんだからこのパターンも早めに気付いて対処すべきなんですが…。

自分の中で、ダメパターンの対処法は2つあります。
まずは打たないこと。
しばらく我慢して金銭感覚を正常化させ、慎重かつ大胆な立ち回りを思い出す意味がありますな。
打ちたい気分との勝負。
打たずに帰れれば自分をホメてあげましょう。

もうひとつ。
ノリ打ちに参加すること。
自分がダメなら人任せ。
仲間を誘って4人くらいで出してもヤラれても折半にすればほどよく勝負ができるというものです。
打ちたい欲求も満たされるし、ダメ人間には向いている作戦ですな。

自分が選んだのは後者。
ちょうど誌面実戦で4人ノリを募っていたので、これぞチャンスと参加表明します。
さあ、いざ4人ノリで不調の波を挽回だ!
機種はもちろん「真・花の慶次」だ〜!


全く当たりません。
あっちゃこっちゃへ移動しまくるも、出るのは点滅保留と擬似2連止まりばかり。
しかもヤメた台は片っ端からオカマを掘られ爆発しているという情けない展開。
ホント、ダメな時って何をやってもダメです。
投資4万5千円でやっとこ出た赤保留。
コレに天運ボタンが絡んで本日初の大当たり。
が、やっぱりというかなんというかST突入ならずの時短。

でも、まったく問題ない。
ってお前はアホかと思われるだろうが、何が問題ないって今日は4人でノリ打ちの日なのである。
自分がどれだけ出そうが他の3人がハマっていれば全くダメな日。
逆に自分がハマっていても他の3人が出してくれればプラスに転じる日、というわけだ。
ルパンがピンチの時に次元や五ェ門が助けてくれるって寸法だ。

さてさて、次元の調子はどうかと見に行くと…
あら、大当たり1回のみ。
聞けばSTに入ったもののスルーしたとのこと。
ドンマイドンマイ、今日はノリ打ち、問題ない。

では五ェ門の様子はどうかと見に行けば…
こちらも大当たり1回のみ。
自分と同じく時短に突入してスルーしていた。
も…問題ない、と思う。

もうひとり。
困った時には不二子ちゃん。
きっと不二子が頑張ってくれているはず。

と祈りを込めて見に行けば、こちらは大当たり3回という何ともショボい展開。

どよ〜んを通り越した、くら〜い雰囲気が漂う。
運留一味台惨敗。
ノリ打ちで全員逆噴射という最悪の結果に相成ってしまった。
いや、言い訳するとですね、慶次のシマの他の台は20連30連とかしてたんですよ。
それもあって逆転狙いで深追いしちゃったんですよね〜。

他人頼りはやっぱりダメ。
明日から西川きよし師匠になったつもりで小さなことからコツコツと頑張っていきます。

つって昨日慶次を打ったら1000円で大当たり。


ショボいながらも4連チャン。


粘ってもダメ、ノリ打ちでもダメ。
忘れた頃に振り向いてくれる。
これだからパチンコはヤメられませんの〜。