甘〜い保留待ち

シリーズ名
パチビット (不定期更新)
話数
第1回
著者
ぜろいち


皆様こんにちは、ちょっと前までバレンタインコーナだったのにいつの間にかひな祭りコーナーになっているのを見ると、日本はイベント天国なんだな〜と思い知らされるぜろいちです。商魂逞しいというかね。

でもそれは当然のことなんですよね。新商品が出れば告知をするのは当たり前、大盤振る舞いのプレゼント企画や無料配布とか試飲とかで接点を増やすのは当然やらなきゃいけないイベントだと思います。

翻って我がパチンコ業界は『イベント』という単語すら使えない暗黒時代。まぁガセのイベントが横行していたという負の側面も多分にもありましたけども。ガセイベントなんて、言ってみれば詐欺みたいなもんですからね!


そう言えば先日、チョコレートでこんなものを見つけました。赤いパッケージにアルファベットのRの文字…



これを見て「ハッ!」としたあなたは病気です(笑)。

そう、病気の人にはこれがGARO保留に見えてきてしまうんです。後ろのシマだろうがどこだろうが、出現した時のあの「ビロリロリ〜ン」という音が聞こえると必ず誰かが振り返ったり隣の人がチラッと見てくるほどに強大な予告ですよ。通常時に出ようもんなら打ち出しを止め、牙狼剣に手をかける心の準備を整えなければならない、あの激アツ保留ですよ!

ってことで、思わず買ってしまいました(色が黄色じゃないのが残念ですが…)。これで私はGARO保留を手に入れたのだ! と心に安らぎをもたらすことができたので、安い買い物…だと思います。


そして、たまたまの巡り合わせではあるんだけど、今回は牙狼の強い日に狙いを絞って勝負しようじゃないかってわけ。もちろん狙うは魔戒ノ花! ザルバや金色でも良いんだけど、せっかくなら魔戒ノ花を打ちたい。導入から結構な時間が経過してるのに全然打ち込めていないので。

別の事情を言うと、他に強そうな店もないし締め切り的にもギリギリ! もうこれにかけるしかないという背水の陣だったりします(いつもそんな状態のような気がしますけど…)。


気合を入れるために「保留チョコ」をプラスチックのフォークに刺して高々と掲げ、ぐるりと円を描く。そしてRの保留(=チョコ)が宙を踊る!



えーと、パチンコ屋の駐車場の休憩スペースでこんなことをやっているのだが…人の目など気にしていてはまだまだ青いぞ! さぁみんなもご一緒に!


おっと、そんなことをしてたらオープンの時間がやってきた。こんなことまでして打てなかったらカッコ悪いから何とかしてくれよな!

他には目もくれず牙狼コーナーに向かい、すぐさま釘をチェックすると…う〜ん、開いてはいるんだが、おそらくヘソだけを一律に開けてきたという感じ。ブン回しの大盤振る舞いとはいかないようだ。しかしこれなら寄りが優秀な台を選べば存外の回転率の台に出会えるかもしれない。

問題は、人が多いのでそんな台に辿り着けるかどうか。よく打つ店なら何となく分かるんだけど、この店はあんまり来ないからな…。試し打ちをしている間にもどんどん人が増えてくるので、とにかく急ぎましょう。


試し打ちの中でビビビっときたのが3台目。明らかに前の2台とは違うし、ステージも良さげ。何よりスムーズに玉がヘソに入賞している感じがするぞ。よし、今日はこれにしよう!

ちなみに、つくづくパチンコって難しいなと思う部分でもあるんだけど、釘だけで全て説明がつくわけでもないんだよね。見た目にはほぼ同じでも、一方は素晴らしい台になり、片方はヘソが玉をガンガン弾いちゃったりとかもあるから。だから自分は、何となくでも嫌な感じがしたら見切るようにしています。


さてさて、打ち込むこと2250玉。回転率は191回転となりました。等価換算なら20回超えなので、なかなか良いのでは? もちろんまだまだ油断できないけど、ここから落ちないことを祈りつつ現金投資へと突入だぁぁぁ!

そしてあっという間に20000円が消えたー! ここまでで見たのは青保留くらいのもので、動きは…全っ然ない! もし宜しければGARO保留が来てくれないものでしょうか? 今回のコラムの流れ的に、その下りは是非とも欲しいところだぞ!


そして、あっという間に30000円が消えました。4人目の諭吉さんが泣きそうな目のままサンドに吸い込まれていったその時! 画面を見つめていると…え? マジ!? まさかの…

「三ちゃん(三中)めちゃイケ卒業!」

えーーーーー!?

やべ、これはテレビ画面の方だった。違う違う、これじゃない。遂に来たんですよ、例の保留が!


「R」じゃないけど、そんなものはノープロブレム!

ここまで本当に何も起こっていないので、本日最初の見せ場と言って良いでしょう! そして、見せ場はしっかりきっちり最後まで型にハメて欲しいものですね!


とりあえず、該当変動はきっちり擬似3まで進み、ライトニングもしっかり出現、しかもリーチは超魔竜の赤タイトル!

これはもう当たるでしょ? いや、絶対に当たらんと困る! ハズれたら本気で泣いちゃうよ?







大当たり!!!

投資32000円、859回転目、これが魔戒ノ花における自身初の大当たりです! やったぁーーー!


しかしまだ気は抜けない。ここからが重要なところで、STに突入するのとしないのとでは天と地ほどの差である。最初なので、是非ともお慈悲を!







失敗!?!?

ガッカリの通常じゃないか…。V入賞もなかったので正真正銘の通常です。仕方ない、時短に賭けましょう。

ま、リーチすらかからずに終わることもあるので、過度な期待はせずにね。辛くなるだけなので。


そんな悲観論がまずかったのか、携帯をいじっていたらホラーバトルに発展していたのである。画面を見ると轟天と牙狼が画面に出ている状態。相手は誰か分からないけど、どうせガセでしょ?

…なんて思っていたら、ええええぇぇぇっ!?!? 当たった!!!


もしかしたら凄い予告とか出てたかも!? と悔やみつつも、嬉し恥ずかし念願のSTである。たった9回転で引き戻してしまいましたよ。


思いがけず大チャンスが巡ってきた。ここで連チャンすればこの後の展開も楽になる。さぁ行け、お前の力を見せてくれ!

そして、画面に「左打ち」の文字が表示された時の連チャン数は…2連! お、おう…スルーだったよ。1/400が引けたからといって1/100が引けると思うなよ! っていう、牙狼様の戒めでしょうか?


傷心のまま打つこと382回転目、牙狼剣が保留に突き刺さりました。お久しぶりですね!

これが擬似3から牙狼剣カウントダウンへ! げ、激アツでござるよっ! 発展リーチは6000体撃破。

そして色々あったけど、無事に大当たり! 持ち玉で当たってくれたし順調と言えるのではないでしょうか? またしてもST突入ならず、2度目の時短に突入してしまいましたが。

さすがに2回も引き戻しを期待ちゃうのは欲しがり過ぎでしょうか? まぁ期待したところで全然保留は変化しないし、先読みもパッとしない。やっと保留が変化したと思ったら突然他の先読みが出なくなるし…。


出てくるのは文句ばかりという状況下、緑保留からクロウさんが出現。まぁ緑保留なんつってもノーチャンスみたいなもんでしょ? と思いつつもボタンを連打すると…おや? 敵に追いついてしまった! これは当たったのか!?

と思ったけどそうじゃない模様。ここからがリーチ的なやつ。ドキドキさせやがって! もう当たりで良いじゃんかよ!

懐疑的な目で画面を眺めているが、心の中では応援しているぞ。頑張ってクロウさん!


するとここでクロウが頑張った。敵を粉砕して大当たりしてしまったではないか! 本日2度目の時短での引き戻し!!!


再びやって来た大チャンス。さすがにそろそろ連チャンさせなければバチが当たるぞ!

するとまずは16回転目に斬馬剣が突き刺さって大当たり。そしてその大当たり中、V入賞時に素敵な音楽が流れてきたではないか!

そう、それはつまり…


保留連炸裂〜〜。これで4連チャン!

20連ぐらいしてくれても良いんだぞ! と夢想はしたもののこの後は全く良いところなしでスルー。4連で終了である。


それでも前の持ち玉と今回の4連出玉は8500玉程はあるのだ。俺たちの戦いはここからだっ!

が、ここからは本当に何も起こらない時間がただただ過ぎていきました。たまに青保留が出たりアニメのリーチに発展するぐらい。そして気付けば気心知れたお友達が登場。こんにちは、ハマリでございます!

そして持ち玉壊滅のカウントダウンが進む中、突然エンブレムが落下…!? ん? 一体何が起こったんだろうか。なんか特殊変動みたいなのに発展してるけど(後で調べたてみたけど多分「我が名は牙狼予告」だったと思う)。

レア=激アツっていうわけじゃないからね、ここで踊らされたらアカンですよ。そんな感じでスカしていたら、ボタン演出が出てたのに押しそびれちゃったよ。

…と、ここで気がついた! 何気に7でテンパイしてるじゃありませんか!!! これはアツい! 期待度が落ちたと言われているけど激アツですよ! どんな激アツよりハズしたくない予告ですよ!!! 頼むから当たってください!!!


ドキドキの発展リーチは…ハンプティ。は、ハンプティ…ね。キミのことは良く覚えているけれども…全然当たらなかった思い出しかないんだけど? 大丈夫なのかい? というか、久々の再会でこんなことを言うのは失礼かもしれないけど、悪いけど斬られてくれないかな?








ハズレ。

うぎゃやぁぁぁっっっ!!!

復活もなし。その後は静寂。

そしてそのまま全ノマレで撤収で御座います。本日の結果は、-2500玉(貯玉)と-32000円(現金投資)。

あぁーーー悔しい、ホントに悔しい! 最後がアレだったから余計悔しいぞ! そして全然スッキリしない! 絶対にリベンジしてやるのだ! と、メラメラと怒りの炎を燃やし帰宅するのであった。


というわけで、今回のゲームはそのまんまの「怒 IKARI」であります。縦スクロールのアクションゲームで、とにかく撃って撃って撃ちまくり、手榴弾を投げて戦うのだ。妙に移動が遅かったり死神のような戦車が襲い掛かってくるけど気にするな。こちらも戦車に乗って戦えるぞ。

そしてこのゲーム最大の特徴は、2人同時プレイができて協力してゲームを進められるところ。で、最初は順調に進むんだけど、必要のないアイテムの横取りとかが引き金になって、協力ではなく足の引っ張り合いになっていくんだよね。

爆弾の爆発に巻き込むために敵を作為的に誘導したり、相手が乗り込もうとした戦車を嫌がらせに爆破したり、昔は本当に楽しんだなぁ〜。

喧嘩気味になるんだけど怒りも楽しさに変えてくれる、そんなゲームの思い出である。いつの日か、今日の牙狼もそんな思い出になるんだろうか!?