大手メーカー現役プロデューサーに聞きにくいことを聞いてみた!

シリーズ名
世界で1番わかりやすいパチ業界コラム (不定期更新)
話数
第3回

質問①:開発スタッフはネットの書き込みを見て参考にしている?



えーっと、、、



・・・





正直言うと全員見ています(笑)

自分達が開発した機種が導入されると、「○ちゃんねる」「○-world」等あらゆる掲示板の書き込みをチェックしています。

書き込みの威力と恐ろしさを知っているからです。

今はネット上に情報があふれていて、掲示板に書き込むまでにはしないにせよ、閲覧しているプレイヤーは凄く多いと認識しています。

そのため、掲示板に書き込まれている少数の意見が、あたかもみんなに言われているような意見としてとらえられる傾向にあります。

掲示板に「面白くない」と多数書かれてしまうと、それだけで新台を打たない人もいると考えています。


ここだけの話、ある大手メーカーではこれを危機と捉え、自社機の○ちゃんねるスレッドを自分達で立ち上げて、更新を管理して書き込み件数が伸びないようにしているようです(笑)



他のあるメーカーでは、同時期に導入されたライバル機の悪口を会社ぐるみで書き込んでいるようです。

こんな風に、実はパチンコメーカーの中の人間が掲示板の怖さを知り、情報操作しようと試行錯誤しているのが現状です。

プレーヤーのみなさんからすると、

「そんなことする暇があれば面白い台を開発しろよ!」

と思いますよね・・・。

まあ私もそう思います。

このような情報ばかりなので、掲示板の書き込みはその程度のものと思って見た方がいいと思います。

質問②:新台のコンセプトや企画は誰がどうやって決めている?



これはプロデューサー次第です。

私が所属している会社を例にとると、プロデューサーは予定期間内に「売れて」「稼働する」機械を作ることが出来れば、どんな手法で開発しても自由、ということになっています。

プロデューサーのタイプとしては、下記のようなパターンがあります。

  • 自分で全てを考えて、細かいところまで口を出し、あらゆる箇所をチェックするタイプ
  • コンセプトと企画の軸だけ決めて後はディレクター等にまかせるタイプ
      
  • 常にチーム内からアイディア募集をしてその中から選定するタイプ
  • 全てをディレクターに丸投げしてジャッジだけするタイプ(笑)

    一番下のパターンは仕事してるのかと思われそうですが、 自分にセンスがないと感じれば、最終決定権さえ渡してしまっても許されます(笑)

    売れて稼働する機械を作るために、自分には足りない所も含めてチームメンバー、協力会社等を巻き込み、パワーが弱いと感じる箇所には補う人員の調整に奔走する。

    今の時代のパチンコ機は、大人数のチームで機械を作るので、チームの座組みが勝負を大きく左右します。

    とにかく結果を出せば善、出さなければ悪。

    それだけで判断される厳しい世界です。

    だからこそ、第一線で働き続けるのは非常に難しく、次失敗したらヤバイとみんな心に思いながら仕事をしています・・・。

    編集部から一言

    そこまでやりますか。。

    我々のインターネット業界でも似たような話はありますが、ここまでやってしまう話は聞いたことがないですね。

    我々も結果を残せば神様、残せなかったらアレになるので同じですね。。。

    某大手メーカー現役プロデューサーさんのプロフィール

    年齢 40代
    職業 某大手パチンコメーカーの現役プロデューサー
    好きな機種 GARO
    キャプテン翼
    餃子の王将
    通算戦績 プラス150万くらい
    今の夢 パチンコ業界を再び盛り上げる!